無料ブログはココログ

2021年4月14日 (水)

(920) 面白い本でした『中古1Rマンション堅実投資術』

(920) 面白い本でした『中古1Rマンション堅実投資術』

私はファミリータイプの投資用マンションを5室保有しているのですが、たぶんこれ以上投資用不動産を増やさないだろうと思います。

でも、資産としての賃貸用不動産にしても、自分が居住するための不動産にしても、興味は持ち続けています。

Img_20210414_221408
この本は、新聞の書籍広告で見かけて、例によって大型書店で内容をチェックして、面白そうだと思って購入してきました。いま全巻を読み終わったところですが、かなり面白い内容でした。

ところで、「投資」ということを考えた場合、大きくは(1)現物不動産投資(戸建てやアパートやマンション)、(2)金融資産投資(株、投資信託など)、(3)それ以外の投資(金・貴金属、美術品)などに分かれると思います。

(1)~(3)のそれぞれに、好き嫌いや運用ノウハウがあるものです。今回は不動産のお話なので、(2)の金融資産のことはお話しません。また、(3)は分野によって専門知識が必要なのでシロウトが手を出せるものではないと思います。

さて、(1)現物不動産投資のうち、シロウトがまずとっつきやすいのは、ワンルームマンション(1R)投資だろうと思います。
そのため、ワンルームマンション投資に関しての本はたくさん出版されていますし、セミナーなども多く開かれているようです。

ワンルームマンション投資についての本の著者は、大きくは2種類に分類できます。

ひとつは、(A)不動産屋とか不動産販売会社の社長が書いた本です。もう1種類はこの本のように(B)大家業をしている人が書いた本です。

不動産屋はいつも不動産の買い手と売り手を探しています。買い手が存在しなければ商売が成り立ちませんから、買い手を広く募集するために「不動産投資はこんなに儲かるよ」というような内容の本を出しています。不動産投資のセミナーの新聞広告もたくさん見かけます。

私は、そういう不動産投資本とか不動産セミナーの広告を批判的に見ていて、そのようなお話をしたことがあります。(この項の末尾を参照してください)(端的にいうと「ウソばっかし、、、」というところです)

本題の『中古1Rマンション堅実投資術』は、(B)大家業をしている人が書いた本です。
上記の写真にある「本の帯」を読むと、この本の内容がよくわかります。

私はこの著者を肯定的にとらえてはいますが、「ワンルームマンション経営ってすごく大変だなぁ、、」というのが正直な感想です。

著者は、膨大な時間と労力とをかけて兼業不動産投資業をしてきています。1Rマンション投資でかなりの成果をあげているのですが、これだけ努力すれば、大きな収入があるのも当然だな、と思います。

でも、1Rマンションの不動産投資業として考えてみた場合、私にはとてもできることじゃないです。

本の内容としては参考になることはたくさんあったのですが、自分に当てはめて考えてみた場合、とてもじゃないですが著者のようにはできません。コストパフォーマンスが悪すぎます。

確かに本としては良い本です。内容は濃いし読んで面白い。著者もたいした人だと思います。
でも、「自分にそれができるか?」って考えてみて、私には無理ですね。

この本について、Amazonでは一つだけreviewがついていました。
--------------------
理系の著者ならではのデータに基づく解説が非常に参考になります(なかしま健志)

著者のなり著者の成沢先生は技術者なので具体的なデータに基づく説明が中心で、しかも私のような文系の人間にも分かり易く解説して頂けているので、中古1Rマンション投資の要点を深く学ぶことができます。
加えて金融資産での運用についてもプロ並みの知識をご披露頂けており、客観的な投資判断の基本を学ぶことができます。
----------------------
私は、このreviewにまったく同意します。
とても面白い本でした。


[不動産投資に関連した項]

(607)「不動産投資、成功の方程式」について

(618)最近一週間の「マンション投資」新聞広告

(688)ワンルームマンション投資はくれぐれも気を付けてください

(694)不動産投資のご注意と、人生設計の絶対公式についての補足

(731)「かぼちゃの馬車」の投資スキームは?(週刊東洋経済から)

(732)中古アパートの投資戦略 (週刊東洋経済から)

2021年4月13日 (火)

(919) 200LXを机に置いてキー入力するとガタつく.

(919) 200LXを机に置いてキー入力するとガタつく.

私は200LXで文章を書くことがかなりあります。
200LXがいつも手元にあるので便利なためと、NORIさんが作った日本語変換のFEP100が使いやすいためです。

Img_20210413_223554
数日前に机の上でキー入力していたら、200LXの右の手前側がちょっとガタつくことことが気になりました。

もしゴム足が取れてしまっていたら、ガタつきがひどいのですぐにわかります。
このことは、「(851)ゴム足が取れてしまうことがあります」でお話しました。

今回は、ゴム足は外れてはいないのに、キー入力時にガタつきがありました。

じつは、机の上でキー入力するときにガタつく原因はおもに3種類考えられます。

(1)底蓋内側のネジ受けポストが破損している、
(2)底蓋の四隅のネジのひとつがゆるんでいる、
(3)四隅のゴム足がすり減ってきている、
 などです。

Img_20210413_224304
(1)底蓋内側のネジ受けポストが破損している場合、底蓋とキーボードassyとのスキマが拡大していることが多いです。

また、机の上に200LXを置いてキーボードとか上蓋を上から抑えてみることで、キーボードが浮いてきていることがわかります。

Img_20210413_224045
底蓋とキーボードの間のスキマが拡大している場合は、底蓋のポストが破損している場合もありますし、単に(2)底蓋の四隅のネジがゆるんでいるだけのこともあります。
その場合はゴム足を外して、ゆるんでいるネジを締めることで不具合を解消します。

Img_20210413_223459
(3)ゴム足がスリへってきたために、ガタつくこともあります。
今回のガタつきの原因はコレでした。
消しゴムで代用していたゴム足がすり減ってきていたのでした。

ゴム足を消しゴムで代用する手順は、(851)でお話した方法です。

Img_20210413_224444
消しゴムをゴム足の穴に強く押し込んでおいて、カード2枚分の厚さでカットします。

Img_20210413_224708

消しゴムは少しだけ長めにカットしておいて、ゴム足の周囲をカットしておいてから、爪切りのヤスリで高さを微調整しました。

今回は、この程度の簡単な作業で、ガタつきを解消することができました。
消しゴムで代用したゴム足はヘリが早いようです(笑)。

2021年4月12日 (月)

(918) 複利の簡便計算「72の法則」のこと.

(918) 複利の簡便計算「72の法則」のこと.

「『72の法則』ってどれくらい正確なの?」とふと思い立ちました。

この「72の法則」っていうのは、複利の簡便計算法です。
利率が何%ならば、何年で資金が2倍になるかを簡単に計算できるという「法則」です。

たとえば、利率が7%なら何年で2倍になるかというのは、72÷7≒10年と計算できます。
5%なら、72÷5≒14年ということになります。
逆に6年で2倍になるには、72÷6≒12年です。

Graph72
簡単に暗算で計算できるので便利な「法則」なんですが、どれくらい正確なのか、200LXのTVMで計算して、Lotus123でグラフを作ってみました。

上の図でみると、9~10年のところは正確で、年数が短くなるとだんだん不正確になることがわかります。

Tvm74
この計算は、TVMでの計算です。Present value にマイナス100万円を入力して、 Fture value にプラス200万円を入力しておきます。

年数を9と入力して、Annual interest を見ると、8.006%と計算されます。
9×8=72ですね。

Calc73
年数を1~20まで入力して、年数に相応する利率を計算して、Lotus123の表に数字を入力しました。
(マクロを使って処理するので数分で計算できます)

「たいして正確じゃないんじゃないの?」と思っていましたが、冒頭のグラフをみると簡便法なのにけっこう正確なんですね。

2021年4月 7日 (水)

(917) ほんとに積立投資がいいの? >日経新聞の記事

(917) ほんとに積立投資がいいの? >日経新聞の記事

4月7日の日経新聞に「やりくり一家のマネーダイニング」「新社会人とお金ふやす(中)」「投資、非課税制度を活用」という教育記事が載っていました。

Img_20210407_174244
ファイナンシャルプランナー(FP)が連載している記事です。

記事の内容は、ひとことでいうと「新社会人はドル平均法(毎月一定の金額)で投資信託を買い続けるのが良い」ということです。

このようなことは、いろんなFPがあちこちで書いています。でも、半分は本当ですが半分はウソです。
今回の記事は、あまりに極端なことを書いているので、「ホントにそれでいいの?」ということをお話します。

Img_20210407_174608
ここで、FPである幸子が言っています。
--------------------------
幸子「少ない元手で運用するなら積み立て投資がお薦め」「金融商品を1つ選び、定期的に決まった金額ずつ買っていくの」
 (ドル平均法のことですね)

幸子 「例えば投資信託を毎月1万円ずつ買うとする」「 基準価格が1000円なら1万円で10口買えるよね」「同じ1万円でも価格が500円に下がると買える量は20口に増える」
 (そりゃそうだ)
--------------------------
 
だけどね。基準価格が1000円だったものが、基準価格が500円に下がれば、それまで蓄積されてきた投資信託の価値が半分になることを忘れちゃいけない。

たとえば、毎月1万ずつ5年間投資信託を買ってきているとします。そしたらおおよそ60万円の価値になっていますよね。それが突然基準価格が半分になったら、30万円の価値になっちゃうんですよ。

そのときに、今までの倍の口数を買えたとしても、せっかく貯めたお金が半分になっているんじゃあ、倍の口数を買えたとしても、ぜんぜん嬉しくないです。

--------------------------
「一方、価格が2000円に上がれば5口しか買えない」
--------------------------

 でも、そのときは60万円じゃなくて120万円という倍の価値になっているわけだから、非常に嬉しい。

だ・か・ら、基準価格が下がることで、積立する口数が多いことだけをみたらダメなんですよ。
基準価格が上がることで積立する口数が減るときは、資産は膨らんでいるんです。

Img_20210407_
そういうことがあるから、「積み立て投資は継続が大切ですが、途中でやめてしまう人が 多いようです」
「金融庁によると、投資信託の平均保有期間は証券会社などの業態別では約3~5年(2019年度上期)です」
「途中で資金が必要になったり、 相場が下がったときに精神的に耐えられなかっ たりして売却することが要因だと考えられます」
ということになるんです。

じゃあ、どういう方法がいいんでしょうか?

(902)ほったらかし投資はそんなによい投資法ですか? その2」でお話したように、「(A)「最悪の場合、一年で3分の1が失われる可能性がある」と考えておく」必要があります。

積み立てた投資信託の価値の「3分の1が失われたら絶対イヤだ」と思う金額に達したら、それ以上は積立預金に貯めていくのがよいのです。(私は普通預金のまま貯めますが)

そして、基準価格がガクンと落ちたときに、それまで貯めてきた預金で投資信託なりETFを買って、基準価格がもとに戻ったらまた預金に戻すのがよいのです。

そしたら、資産の3分の1を失うというツライ目にあわなくても済みます。

基準価格がガクンと落ちたときというのは、

(907)ほったらかし投資はそんなによい投資法ですか? 補遺」のようなときです。
15452_20210407204401 2021年の2月24日に600株を買った図を再掲しておきます。
基準価格が14040円のときに600株買ったときは(14040×600=)で842万4千円でしたが、この図では、857万4千円になっています。この時点で、約1.9%増でした。

 0224
現在(4月7日)の価格は、907万2千円になっています。
わずかに一ケ月半程度で7.8%(約65万円)も増えてます。(嬉)

こういうように、基準価格ががくんと落ちたときに、それまで積み立てたお金でまとめて投資信託(あるいはETF)を買うのが良いのです。

新聞記事あるような投資信託の積み立てとか、単なるほったらかし投資は危険です。

資産の評価額がガクンと減ったときは、ホントにツライですぅ~~。

2021年4月 6日 (火)

(916) 小説よりもっと面白い『小説家になって億を稼ごう』

(916) 小説よりもっと面白い『小説家になって億を稼ごう』

私は週に数回は大型書店を訪問します。私が都市生活をしながら大型書店のごく近所に居住しているのは、好きな時に好きなだけ大型書店に行きたいというのが第一の理由なんです。

大型書店に行って必ずするのが、新刊新書の棚をくまなく見回してくることです。
ちょっと興味をひく本は、その場で立ち読みします。
内容をチェックして、ゆっくり読みたいと思う本だけ購入してきます。

Img_20210406_170543
この本は、内容をちょっと読んでみて、「小説家になるために、こんなアプローチを書いている本は初めてだぞ」と思ったので買ってきました。

ちなみに、大型書店では、新刊新書の棚をチェックするほかに、ほとんどすべての雑誌の表紙も見渡してきます。雑誌も新刊新書と同じように立ち読みして、面白そうならば購入してきます。

あとは、200LXにメモしてある本を、書店備え付けの検索機で調べて立ち読みしてきます。(もちろん面白そうなら買います)
200LXへは、新聞の書籍広告、新聞の書評、経済週刊誌の書評、出版社のPR雑誌などで興味を引く本のタイトルをメモしておいています。

さて、この『小説家になって億を稼ごう』は、新刊新書の棚で見かけた本でした。

以前から、面白い小説を読むたびに「自分でも小説を書いてみたい」と思っていました。また以前から、内容の充実した小説を読むと、「どういう方法をとればこんなに面白い小説が書けるかなぁ、、」と思っていました。

でも、この本を読んで、はっきり自覚しました。
「私には無理だわ」

こんなに時間をかけて、こんなに緻密に考えて、こういうアプローチで編集者(出版社)と交渉して、それほど努力しても初版で数十万円しか手に入らないんじゃあ、モチベーションを維持できないです。

今なら、「(901)「ほったらかし投資はそんなによい投資法ですか? その1」~(907)でお話したように、数十万円とか数百万円くらいならわりと簡単に稼げます。

よっぽど時間があってハングリーな状況でなければ、小説家にはなれないだろうとハッキリ自覚しました。

本のできとして評価すると、この『小説家になって億を稼ごう』はすごくいい本です。

買ってきて最後まで読むに値する本でした。

私にとっては、面白い小説よりもよっぽど面白い内容でした。

2021年4月 5日 (月)

(915) おめでとう!週刊東洋経済『Excelデータ分析術』

(915) おめでとう!週刊東洋経済『Excelデータ分析術』

きょうの新聞に、週刊東洋経済『Excelデータ分析術』が、「Amazon ビジネス・経済・経営・投資関連の売れ筋ランキング」『第一位』という広告が掲載されていました。

Img_20210405_212337
週刊東洋経済には「おめでとう!」と言いたいです。

「(912) エクセルについてのいい入門書.週刊東洋経済『Excelデータ分析術』

でお話したように、この号はエクセルについてのとてもよい入門書になっています。

ちょっと残念なのは、マクロについてほとんど触れていないことです。データ分析の特集だからしょうがないとも思いますが、、、

週刊東洋経済には、この調子でエクセルの特集を続けてほしいと思います。

 

2021年3月31日 (水)

(914) CSVファイルをグーグルカレンダーに登録する.[第二段階」

(914) CSVファイルをグーグルカレンダーに登録する.[第二段階」

前項の「(913) CSVファイルをグーグルカレンダーに登録する.[第一段階]」の続きです。
CSVファイルをグーグルカレンダーに登録する手順についてお話します。

Cal01
一番最初は、グーグルカレンダーの右上にある歯車マークをクリックすることから始めます。
Cal02
この「設定」の中に、新しいカレンダーの作成機能とインポート機能があります。

Cal03
「設定」をクリックしてから、左側に表示される「カレンダーを追加」を選びます。

Cal04
新しく作るカレンダーの名称を入力して、作成します。
今回は、[test04]というカレンダー名にしました。

ちなみに、私の場合、今まで使っているカレンダーに追加登録するのではなく、つねに新しいカレンダーを作成して、その新しいカレンダーにCSVファイルの「予定」をインポートするようにしています。

新しいカレンダーが作成できたら、画面左側にある「インポート」をクリックします。

Cal05_20210331230601
(新規に作成した)インポートするべきカレンダーを選んで、(前項で作った)インポートするべきファイルを指定して、[インポート」をクリックします。

Cal06
この状態でクリックすれば、グーグルカレンダーにインポート(登録)されます。
このようにして登録・インポートされたカレンダーが、この項の最初に上げた図です。

もしインポートが失敗するようでしたら、CSVファイルがグーグルカレンダーで求めている形式と違うためだと思います。
その場合は、正確なCSVファイルを作成し直して、もう一度、インポートをやり直すことになります。

(913) CSVファイルをグーグルカレンダーに登録する.[第一段階]

(913) CSVファイルをグーグルカレンダーに登録する.[第一段階]

Mycal
最近、グーグルカレンダーに登録する手順について、「win-pcかmacのデータを直に対応するというような、生易しい方法などありませんでしょうか?」という質問コメントがありました。

(709)200LXのアポイントをグーグルカレンダーにインポートする」に対してのコメントのことです。

そのコメントに対して、「慣れの問題だと思います」「いったんやり方がわかれば、楽々できると思います」「私の調べた限りでは、私のこの方法がいちばん楽です」とお返事しておきました。
まぁ、ひとことで言えば、「易しい方法があればすでにやってます」ということです。

「もっと易しい方法はないですか?」という質問は、例えていえば、登山口の前で「この道を行くよりももっと楽に山頂に到達する道はないのですか?」と聞くようなものです。もっと楽に登れる道があれば、そこに「登山口」の看板は立てないでしょう(笑)。

「(709)」で、200LXのアポイントからグーグルカレンダーにインポートする方法をお話したのですが、200LXのアポイントをグーグルカレンダーに登録する手順は、大きくは二段階に分けることができます。

[第一段階]200LX側の操作:200LXのデータをグーグルが受けいれられるCSVファイルに加工する。
[第二段階]パソコン側の操作:グーグルカレンダーを開いて、CSVファイルをインポートする。

この[第二段階」の方法はネット検索で調べることができますので、「(709)」ではお話しせずに、おもに[第一段階]についてお話しました。

今回は、[第一段階]と[第二段階」とに分けてお話しようと思います。

順序立ててお話するほうが理解しやすいので、先に[第一段階]のことからお話しましょう。

もし、Excelなどを使ってCSVファイルを作成できる方は、この項をスルーして次の項の[第二段階」をお読みください。

(ただ、私の場合、ExcelでCSVファイルを作ろうとしたのですが、うまくいきませんでした)(なにかのコツがあるのだろうと思いますが、面倒なので追求しません)(私としては、200LXを使うほうがずっと楽です)

さて、本題に入ります。

Img_20210331_124633
グーグルカレンダーにインポートできるCSVファイルは、ヘッダーにあたる1行目と、データ部分の2行目以降の構造になっている必要があります。

その1行目は「(709)」で作ってありますので、これをお使いください。ダウンロード - ggl_head.csv

Cal011
今回は、上図のCXPというアプリケーションプログラムを使います。
Cal012
私が使っているCXP(赤矢印)は、かなり古いバージョンです。

Img_20210331_124429
私の200LXの設定では、200LXのファイラーでggl_head.csvをクリックすると、自動的にCXPに読み込まれます。

(このことは、「(67)filer.ini の実際(filerをビューワー、ランチャーとして使う)」でお話しています)
(また、私の設定環境全体のことは、「(A01)初心者のための200LX一括設定」に続く項を参照してください)

Img_20210331_124633
もう一度、前の画面を見てください。一行目に読み込まれているのがたggl_headです。
二行目以降に、グーグルカレンダーに登録したいデータを入力します。

入力するデータの形式は決まっていますので、この例のように入力します。
日付や時間などについて、これ以外の形式の場合は、グーグルカレンダーが受け入れない可能性が高いと思います。

上図のように、入力したデータは、[A]はタイトル項目、[B]は入力する日時、[C]は終日かどうか、[D]はリマインダーとするかどうか、[E]は開始時間、「D]は終了時間です。

2行目~4行目を見ていただくとわかりますが、タイトルは、test1~test2としてあります。

2行目の[test1]は、開始時間~終了時間を入力してあります。
3行目の[test2]は、時間を入力してありません。
4行目の[test3]は、終日としてあります。

このように入力したファイルを画面下方にあるように、[ggl_.csv]というファイル名にしてSDカードに保存しておきました。
あとは、このファイルをグーグルカレンダーにインポートすればOKです。

この項のイチバン最初の画面は、グーグルカレンダーにインポートした結果です。

今回のCSVファイルはイチから作成しましたが、以前にお話した「(709)200LXのアポイントをグーグルカレンダーにインポートする」では、200LXのアポイントのデータから、CSVファイルを作るエクスポートする方法だったわけです。

200LXのアポイントのデータをVZエディターのマクロを使って、CSVファイルを作る様子は、「(882)200LXのアポイントをグーグルカレンダーに(動画)」をご覧になってください。

今回の話は、200LXのアポイントのデータを使うのではなく、ゼロからCSVファイルを作成する方法についてお話しました。

(912) エクセルについてのいい入門書.週刊東洋経済『Excelデータ分析術』

(912) エクセルについてのいい入門書.週刊東洋経済『Excelデータ分析術』

私の場合、いつも手元にHP200LXがあるため、表集計計算はLotus123ばかり使っています。

200LXにはシステムマクロ機能があるので、表集計計算で繰り返し動作をする場合はとくに便利です。
Lotus123自体のマクロは、作成も使用も簡単で重宝してます。

でも、イチバンの利点は、パソコンの前まで行かないで、手元で計算できることかな。

Img_20210329_164131
それでも、エクセルを避けて通ることができませんから、しかたなくエクセルも使います。
今回お話する週刊東洋経済のExcel特集号は、全ページを読みましたが、うまくまとまっていてよい入門書だと思いました。

Img_20210329_164159
内容的には、初心者に対しての「Excelでできること一覧」のような感じです。タイトルが「データ分析」となっていますので、グラフのことやピボットテーブルのことなども載っています。

しかし、この本を読んで、「だいたいどんなことができるか」ということがわかるにしても、それらの機能について、もう一歩使えるようになりたいと思えば、別に単行本を参照する必要があるんじゃないかと感じました。

あとは、マクロについてはほとんど触れてないですね。おもに「データ分析」についてなので、省いてしまったのでしょうか。

頻用する関数について「便利な関数」ということで紹介されていたり、「統計のイロハとツボ」ということで、Excelで統計を扱うのに最低限必要な統計の考え方なども載っているのは好感が持てました。

私はLotus123を頻用していますので、私が読んむExcel本はやさしいものばかりです。

そのために、「(909) 易しいけど本質的『入社1年目のエクセル仕事術』」とか、「(721) エクセル本だけれど200LXのlotus1-2-3でも参考になる。『経理をエクセルで楽にする本』」のようなお話をしています。

Img_20210329_164308
Lotus123では計算できず、Excelでなければ計算できないSolver計算などが必要になると、詳しいExcel本を読むことがたまにあります。

この週刊東洋経済は、「また見直すかも知れない」と思うので、捨てずに保存しておこうと思います。

2021年3月21日 (日)

(911) ファイナンスの本.面白いけど身につかないでしょう.『実況!ビジネス力養成講義 ファイナンス』

(911) ファイナンスの本.面白いけど身につかないでしょう.『実況!ビジネス力養成講義 ファイナンス』

日経新聞の書籍広告に『実況!ビジネス力養成講義 ファイナンス』石野雄一 (著)(2021/2/16)が掲載されていました。
それで期待を胸にして、大型書店で内容をざっと読んでました。

Fin08
著者は、「(761) ざっくり分かるファイナンス.方法論とツール」で紹介した『道具としてのファイナンス』を書いた石野誠一さんです。

Amazon から拝借した本の表紙には、「企業経営の本質がわかる」「最強の入門書、誕生」とありますが、内容は「ファイナンスがらみのお話」というところです。

読んでみると面白いことは面白いのですが、あくまでも「お話」ですから、いくらまじめに読んだところで、ファイナンスが身につくことはないと思います。

Fin07
Amazon に掲載されている目次を見てみると、最初の章は「ファイナンスと会計の違いをおさえる」となっています。

Fin06
「会計人と財務人との違いは何か」を簡単に表現する表が掲載されています。
「きっちり」対「ざっくり」とか、「過去」対「未来」とかの対比はナルホドと思います。

でも、私だったらこれに「足し算引き算」対「累乗計算」と付け加えたいです。

グラフのX-Yの二次元の世界に住んでいる人が、X-Y-Zの三次元の世界のことがまった理解できないみたいに、「足し算引き算」の世界に住んでいる会計人は、「累乗計算」の世界に住んでいるファイナンス(財務)人の思考方法は理解しにくいです。

「足し算引き算」だったら電卓やソロバンで計算できますけど、「累乗計算」は金融電卓とかエクセルじゃないと計算できないです。

そういうことから、「(760) ファイナンスを学ぶにはツールが必要」の項で、「ファイナンスを学ぶにはツールがないと難しいでしょう」ということと、「ツールとしてはHP200LXが最適でしょう」ということをお話ししました。

 Fin03
この本で説明している「税理士と公認会計士の仕事の違い」の説明とか、

Fin05
「決算書はなんのため?」の説明なんかも、ファイナンス人にとっては当たり前なんですけど、わかりやすい説明だと思います。

Fin09
Amazon のレビューでは高評価ですけど、この本をいくらマジメに読んでも、ファイナンスの考え方が身につくとは私は思いません。

「お話」「雑談」「うんちく」と割り切れば、面白い内容の本だとは思います。
でも、私としては、購入して精読するほどの本ではありませんでした。

«(910) 65~70歳の間に働いたときの老齢厚生年金の増額ぶん。