無料ブログはココログ

« (97)野口先生のTO・DOと200LX上のTODO | トップページ | (99)アポイントの一ケ月画面での記号表示 »

2007年6月20日 (水)

(98)200LXでのポケットクイッケン(PQ)

HP200LXには、ポケットクイッケン(PQ)というアプリケーションがROMに組み込まれています。
私は、ここ5~6年くらい、PQで、クレジットカードの明細と出費の管理をしています。

200LXのマニュアルでは、「納税申告用のQUICKENというアプリケーションのサブセット版」と説明されていますが、PQの機能や使い方はイマイチよくわかりませんね。

そこで、今回は、PQについて、私が理解しているかぎりのお話をします。

フルセットのクイッケンは、下の(1)~(4)

-----------------------------------------------
(1)  納税申告用書類              作成

(2)  B/S   P/L  C/S          作成
-----------------------------------------------
(3)  総勘定元帳、補助元帳など       作成
===============================================
(4)   クレジットカード←→銀行口座←→サイフ
     ↓        ↓↑    ↓↑
    買い物や現金の出金・入金       
-----------------------------------------------

 の管理ができるアプリケーションのようです。

200LXのPQは、このうちの、(4)の部分だけを取り出した機能を持っているようです。
(1)~(3)の機能をもたないので、「PQはクイッケンのサブセット」と説明しているようです。

また、(1)~(3)の部分は日本の税制と米国の税制が違うために、フルセットのQUICKENを購入したとしても、日本では実用にならないようです。
それよりも、AmazonなどでQuickenを購入しようとしても、日本国内では購入することができません。

さて、それでは、(4)の部分だけで日本で使いものになるか?ということですが、限定された用途では使いものになります。
とくにアルファベットだけで入力していると、とても具合良く入出金を記録することができます。

入力に際して、インクリメンタルサーチが採用されていますので、項目の入力は、最小限のキーストロークで入力できます。
また、前回入力したときの内容が表示されますので、必要な項目だけ入力すればよいように工夫されています。
ロータス123などに集計表を作って入力する場合の数分の1とか10分の1くらいの労力で出納を記録・管理できます。

では、200LXの実際の画面で、入力について具体的なお話をしましょう。

Scrn0006_2 (図1)すでにPQのファイルが作成されている状態で、PQのブルーキーを押すと、上の(4)の入出金用のアカウントが表示されます。
私は、クレジットカードのアカウント(card)と、サイフ(cash)のアカウントだけを作ってあります。
ここで、[cash]にカーソルを置いて[enter]を押すことで、現金出金の画面になります。

Scrn0007_2 (図2)この画面では、最近の入出金の一覧が表示されます。
私はPQ上では銀行口座からサイフにお金を移動せず、出金の記録しかしていませんので、サイフの中身はつねにマイナスになっています(笑)。
[F2](Add)を押すことで、入力画面に移ります。

Scrn0008_3 (図3)ブックオフ(古本屋)で買い物をしてきたので、それを記録することにして、そのまま book off の[b]を押すだけで、インクリメンタルサーチの機能で、前回ブックオフで買い物をした記録が表示されます。もし「文英堂」での買い物の記録をしたければ、[b]に続いて[u]と入力した時点で、buneidouで買い物をした記録が表示されます。

Scrn0002_8 [Date]には、本日の日付が自動的に入力されていますが、、、、
[Shift]+[Tab]で日付入力の項目に移動すれば、さかのぼった日付で入力できます(図4)。

Scrn0009_2 (図5)[book off]が表示されているときに「enter]を押せば、金額入力の項目に自動的に移動します。同じ金額ならば[enter]を押すだけで入力が終了しますが、今回は420円の出金だったので、[4][2][0]と入力します。Scrn0010_1このときに、出金のカテゴリーには前回の入力と同じ項目([book])が表示されています。そのまま[enter]を押すだけで入力が完了します。(図6)

こんどは、クレジットカードの入力もしてみます。「つばめグリル」で1250円のランチを食べてクレジットカードで支払いをしました。

Scrn0000_8 (図7)PQの画面で、[card]にカーソルを置いて「enter]を押すとそれまでの記録が表示されます。Scrn0001_5[F2]のAddを押すことで、入力画面に移動しますので、 tubameと入力するつもりで[t]のキーを押しただけで、skywalkerのクレジットカードで支払い、Scrn0003_7 lunchの項目で入力した、前回と同じ入力項目が表示されます。(図8)

   

Scrn0004_8 きょうのランチは1250円ですので、金額入力画面で[1][2][5][0]と押しします。入力項目は前回と同じですので、Scrn0005_6 そのまま[enter]を押して入力が終了します。(図9)

 

私は、クレジットカードでの支払いについては、カードの請求書が到着した段階で、毎回、PQの記録と照合して確認しています。
現金の出費のほうは、年末になって、「今年はいくら小遣いを使ったかなぁ、、、」と確認するだけです。
(会費など二重払いをしていないかなど、たまに確認することもありますが、、、)

2010年10月23日の追記

http://epants.linxs.org/pocket-quickenのサイトが参考になりました。

>これがあるからあの機械を使っていたと言っても過言ではない、驚異の金銭管理ソフト。

>国産の機械にこれほど完成度の高いものが搭載されていたことはもちろんないし、もっと言えばいまだに日本ではこれを超えるものは寡聞にして知らない。

>完全に複式簿記の構造を持ちReconcileもしっかりでき、QuickFillをはじめとして入力のテンポも小気味良い。電脳パンツのPQはフル装備であった。

とあります(一部編集させていただきました)。

「200LXのPQ以上に完成された金銭管理ソフトは(PDA上では)ない」とのことです。私は、200LXのPQから、別の金銭管理ソフトに乗り換えることも考えていましたが、「これ以上のはない」とお聞きしたので、当面、使っていくことにします。

(425)PQ(ポケットクイッケン)のデータをパソコンに移行http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/425pq-dad2.html

も読んでいただけるとうれしいです。

« (97)野口先生のTO・DOと200LX上のTODO | トップページ | (99)アポイントの一ケ月画面での記号表示 »

6. Lotus123 と Solver」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
最近また関数電卓をたたく事がおおくなり、電卓を購入しようかと物色しておりました。よく考えたらちょっと前までHP200LXを使っておりまして、LXがあるなら必要ないな。と思って、使い方を検索して貴兄のHPに出会いました。
改めて読んでためになることがいっぱいです。とくにクイッケンなどは使ったことがなかったです。
こちらを読み直して、またLXを使おうと思いました。
これからもちょくちょくみに来ますので、有益な情報や活用法をよろしくお願いします。

きむぴさま、
コメントをありがとうごじました。

このところ、雑事にかまけて、こちらの書き込みをしないでおりました。

200LXについて書くべきことはだいたい書いたなぁ、、、と思っていることもあります。

それでも、細かいことを付け加えていくつもりです。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175746/15503966

この記事へのトラックバック一覧です: (98)200LXでのポケットクイッケン(PQ):

« (97)野口先生のTO・DOと200LX上のTODO | トップページ | (99)アポイントの一ケ月画面での記号表示 »