無料ブログはココログ

« (107)200LXとCoveyの「7つの習慣」 | トップページ | (109)一番ポピュラーなのはBindexでしょう »

2007年10月24日 (水)

(108)日本で一番古いシステム手帳

Sa410543 今では、渡辺さんの「夢手帳」にしても、熊谷さんの手帳などのバインダー手帳がはやっていますが、日本で一番古くからあるシステム化されたバインダー手帳は、ナラシステムのSystem Diary でしょう。

ワイシャツのポケットに入るくらいの大きさのバインダー手帳で、8穴になっているのでほかの会社のリフィルとの互換性がありません。しかし、各種のリフィルが発売されていて、全体がシステム化されています。

また、書き終わったリフィルを整理するいわばバックアップの道具までもシステム化されています。

私も、一時使ってみたことがあるのですが、私の場合、キーボードで文字を書くのと、手書きで書くのとでは、スピードが5倍くらい違います。

また、手書きの文字はどうしても検索や再利用がしにくいのです。

それで、使い続けることができませんでした。

システムの考え方なんかは、共感するところが多いのですけどね。

« (107)200LXとCoveyの「7つの習慣」 | トップページ | (109)一番ポピュラーなのはBindexでしょう »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (108)日本で一番古いシステム手帳:

« (107)200LXとCoveyの「7つの習慣」 | トップページ | (109)一番ポピュラーなのはBindexでしょう »