無料ブログはココログ

« (110)手帳関連本でいちばん面白いのは | トップページ | (112)アイディアマラソン手帳を買ってみた »

2007年10月25日 (木)

(111)W03-es に買い換えました。

私とカミさんが初代のW03を買ったことはお話したと思います。私のほうは、1~2週間で「これじゃあ使い物にならん!」と音を上げて、WX310SAに変更してしまいました。

カミさんのほうは、200LXと携帯電話の2台を持ち歩くのは重過ぎるというので、W03と小型のシステム手帳を持ち歩いていました。つまり、アポイントとアドレスブックはシステム手帳に移行して使っていました。

W03だけで、スケジュールと住所録ができそうなものですが、W03は使い勝手が悪いと言います。そのうえ、電話をかけながら、スケジュールなり住所録なりを見ようとしても、W03では会話と画面を見ることを同時にすることができないので、紙の手帳が必要だと言います。

P1020302 そのW03が故障してしまいました。購入してすぐの時から調子は悪かったのです。勝手にリセットしてしまったり、記憶メディアを入れておくとフリーズしてしまったりしていました。最終的に電話機能までも故障してしまったので、W03-esに買い換えました。

W03-esは、デザイン的には初代のW03よりもスマートになりました。重量も軽くなりましたし、キーボードも少し打ちやすくなりました。

しかし、私が使ってみると、やはり、デザイン先行で、使い勝手はかなり悪いです。

テーブルの上に置いて、PocketWordを起動してキーボード入力しようとしても、もともとキーボードがスライド式なので、画面が見やすい角度になりません。液晶画面が小さいこともあって、とても見にくいです。

P1020307一方、200LXの場合は、clamshell型なので、画面が見やすいように角度調節できます。

シャープでは、どうして使いにくいスライド式に固執するのでしょうかね?
ユーザーのことを考えていないとしか思えません。

P1020312 ところで、これを書いているときにdaily greetingが表示されましたので、また、画面を撮影しておきました。

「人生という将棋盤を上から眺めてみることで、解決策も見つかるものです」という箴言が表示されているのがそれです。

« (110)手帳関連本でいちばん面白いのは | トップページ | (112)アイディアマラソン手帳を買ってみた »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (111)W03-es に買い換えました。:

« (110)手帳関連本でいちばん面白いのは | トップページ | (112)アイディアマラソン手帳を買ってみた »