無料ブログはココログ

« (122)200LXが良いのか?紙ベースが良いのか? | トップページ | (124)私がしている英語文章の記憶方法 »

2007年11月23日 (金)

(123)200LXと相性が良いスキャン

英語の教材をスキャンして、その画像をHP200LXのトップカードにしたいと思ったときに、どういう方法を採用するのがいちばん良いかを検討しました。できるだけ鮮明な画像を得られるか、試行錯誤してみました。

まず、やってみたのは、(1)デジカメで撮影してJPEG画像をPCX画像に変換する方法です。(2)つぎに考えられるのは、(57)と(56)の発言でお話した、据え置きスキャナでスキャンした画像をPCX画像に変換するという方法です。(3)最後に、小型の携帯スキャナでスキャンしたものをPCX画像に変換する方法もやってみました。

やってみたら、現実的には(1)と(2)は使いものになりませんでした。(3)の携帯用のスキャナでの画像なら、使いものになります。

P1020361 そこで、今回は、「スキャンショット」という携帯用スキャナについてお話します。これはもう10年位前の製品です。スキャナで新聞記事などの画像を取り込んで持ち歩こうという製品です。フリーハンドで文字や図を書くこともできます。

Pf000004 このスキャンショットは、カラーではなく白黒でしかスキャンできません。しかし、上の(1)(2)の方法と違って、非常にクリアな白黒の画像を得ることができます。そのJPEGの画像を、640×200ドットのPCX画像に変換することで、200LXのディスプレイでけっこうクリアな画像を表示することができました。

いろんな方法で撮影したカラーのJPEG画像は、それをモノクロ変換してPCXの画像に持ってきても、200LXで表示しようとしても、鮮明な画像にはなりませんでした。

いちばん下の写真は、このスキャンショットで取り入れた画像をPCXに変換して、200lxの画面に表示したものです。これなら、字を読むことができます。P1020341   

« (122)200LXが良いのか?紙ベースが良いのか? | トップページ | (124)私がしている英語文章の記憶方法 »

7. 200LXの操作(シスマネ外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (123)200LXと相性が良いスキャン:

« (122)200LXが良いのか?紙ベースが良いのか? | トップページ | (124)私がしている英語文章の記憶方法 »