無料ブログはココログ

« (126)そして、「海馬力」的なアプリケーション | トップページ | (128)ピアノのこと。続き »

2007年11月23日 (金)

(127)ピアノの練習も英語の学習と同じようだな

英語で、ひとつのセンテンスを身につくまで繰り返して、「聞き」「発音し」「書く」というのは、ピアノの練習に似ています。

ピアノも練習しても練習しても、なかなか上手になりません。それでも、練習しなければ上手にならないことは、「絶対の真理」ですから練習を続けるしかないです。

ピアノの場合も、「自分に合った教材」「自分に合った先生」「自分に合った楽器」が重要ですね。

200LXの話から大幅にズレますが、ピアノのことについて書いておきます。

携帯型のPDAとしての最高峰はHP200LXです。これは、今後も変わりないと思います。以前に、私が使う一生ぶんの200LXを購入してあるとお話したことがありますね。

Sa410583 ピアノの最高峰は、1890年から1930年の間に作られたニューヨークスタインウェイと言われています。(ベーゼンドルファーもいいですね)(ファツィオリがいいという話は聞いていますが、私は、実際に音を聞いたことも弾いたこともないです)

現在の住居に、ヤマハのグランドピアノを1台入れてあるのですが、一昨年、短期滞在のための別宅を買ったときに、ピアノも購入する必要がでてきました。

それで、銀座のヤマハに置いてあるグランドピアノを全部試弾してみて、松尾楽器のハンブルクスタインウェイも弾いてみたのですが、満足いかず、結局、ビンテージのニューヨークスタインウェイを2台買うことになりました。

バイオリン属は、ストラディバリなどのクレモナで作られた楽器が最高といわれていますね。ピアノの場合は、上記の期間に作られたスタインウェイが最高といわれているんです。

それで、良い楽器をニューヨークで探してもらって、スタインウェイ専用の工場で響板を変えるなどのフルリストアをしてもらって空輸しました。新品のヤマハのピアノの何倍の価格になるのか、考えるだけで恐ろしいです(笑)。

Sa410571_2 もとは、別の住居に入れるつもりだったのですが、たまにしか弾かないのももったいないからと、事務所の私の部屋に2台を並べて置くことになりました。

それで、最近は、細切れの時間を見つけては、ピアノの練習をしています。他人に迷惑のかかる昼間は、写真の奥のほうにあるカシオの電子ピアノで練習しています。

しかし、それにしても、ピアノは、練習しても練習しても、なかなか上手になりません。(泣)

« (126)そして、「海馬力」的なアプリケーション | トップページ | (128)ピアノのこと。続き »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (127)ピアノの練習も英語の学習と同じようだな:

« (126)そして、「海馬力」的なアプリケーション | トップページ | (128)ピアノのこと。続き »