無料ブログはココログ

« (197)雑誌Presidentの記事について | トップページ | (199)「それでも私はPalmを使う」の本 »

2008年2月18日 (月)

(198)MobileHack スマートフォン徹底活用ガイド!

(198)MobileHack スマートフォン徹底活用ガイド!

アスキー書籍編集部から出ている、(アスキームック) を本屋さんで立ち読みしていて、面白い記事があったのでそのことをお話します。

517h3dytorl_ss500_ ■2008年最新スマートフォン事情
の中の
■ハードウェア

「QWERTYキーボードスマートフォン、1,000文字タイピング速度比較」
という記事です。

自分が書いた1300文字くらいの文章を、各種のスマートフォンのキーボードから入力したら、どれくらいの速度で入力できるかを比較した実験について書かれています。

この著者によると、フルキーボードで3分半くらいかかる入力が、スマートフォンでは11分~13分くらいと書いてありました。約3~4倍の時間がかかるようです。

私も(40)の投稿で、私が、フルキーボードで入力するのと、200LXで入力するのでは、約2倍の時間がかかると書きました。

W03で入力すると、さらに倍の時間がかかりますので、著者のいう3~4倍の時間がかかるというのは、妥当な数字だと思います。

200LXの場合は、机の上に置いて両手の4本の指を使って入力することができますから、この程度の速度低下で済んでいます。一方、W03などのスマートフォンでは、机の上において入力しようとすると、画面がとても見にくくて、作業能率が落ちます。

多くのスマートフォンでは、キーボードがスライド式になっていて、クラムシェル型になっていませんね。デザイン優先で機能は後回しにしているためだと思います。あるいは、デザイナーの考慮が足りないのかもしれません。

そういうことから、スマートフォンでは親指入力をせざるをえません。そしたら、入力速度は極端に低下してしまいます。

200LXを使っている方の中には、「小型で文章入力できるマシン」と評価して使っている方も多いと思います。

私も含めて、そういう人たちにとって、200LXよりも使える機種というのは、やっぱり今後も出現しないだろうと思います。

« (197)雑誌Presidentの記事について | トップページ | (199)「それでも私はPalmを使う」の本 »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (198)MobileHack スマートフォン徹底活用ガイド!:

« (197)雑誌Presidentの記事について | トップページ | (199)「それでも私はPalmを使う」の本 »