無料ブログはココログ

« (198)MobileHack スマートフォン徹底活用ガイド! | トップページ | (200)百均のライトを分解してみました。 »

2008年2月18日 (月)

(199)「それでも私はPalmを使う」の本

(199)「それでも私はPalmを使う」の本

私は駅近のマンションに居住しているので、駅周辺にある大型の本屋さんに毎日のように行きます。

51xb761mtnl_ss500_ そこで、「それでも私はPalmを使う」というタイトルの本を見かけて、内容をパラパラ見ました。

今でも、Palmを使い続けている人がいるんですねぇ。それに、そういう人向けに本も出ているんですねぇ。

51ngdlvqijl_ss500_  アマゾンで調べたら、続編の「ビジネスと通信でPalmを使い倒す方法の全て!」という続編も出ているんですね。知りませんでした。

200LXを使い続けている人は、徐々に減少していると思います。Palmも日本でsonyが撤退しましたから、いまでも使い続けている人は、よっぽどのマニアですね。

このpalmの本を見ると、英語版で、日本語を入力する方法が4種類くらいあるようです。それに、今でも入手できるようです。

一方、200LXの場合は、今では、日本語fepを入手するのはかなり難しいです。
新しく、200LXを使ってみようかと思う人にとって、「日本語化」という敷居がかなり高いです。

そして、日本語で不自由なく使えるかどうかが一番のポイントです。

200LXはヤクオフなどで容易に入力できるんですけど、多くの人に使ってもらえないのは残念です。

(185)で書いたようにWindows95のimeを取り出して、200LXの生dosでもシスマネ上でも使えるようになるといいなぁ、、と思います。

その後、インターネットで検索して、
-------------------------
手順は以下のとおり。
Jkit-Freeのままの組み合わせから、LXIMEを取っ払って
JKIT-Free同梱のFEPIOに換え、
別途IME100をシステムマネージャに登録して
(詳しくはIME100付属ドキュメント参照)
ドキュメントどおりに登録していれば
目的のシステムマネージャアプリの上で「alt+0」を押下すれば
-------------------------
日本語入力できるという記載を見つけました。

別の人も
-------------------------
FEPIO+IME100を私も試してみた。

sm.batの中のLXIMEを常駐/開放する行をremし、
変わりに FEPIO を常駐/開放するように変更。
APNAME.LSTに IME100 を追加。

ちなみに、FEPIOは JKIT Free 付属のものを使用した。
こちらの方がV1.2よりも新しい。

バージョン番号は、確かJKIT作成時にすべて1.0に
統一したという記述をどこかで見た覚えがあるのだが、
どこの記述だったのか、探しても見当たらない・・・。

で、結果、問題なく動作している。
漢字変換キーは[SHIFT]+[SPACE]だった。
--------------------------
と書いているので、そのうちに、私ももう一度試してみます。

« (198)MobileHack スマートフォン徹底活用ガイド! | トップページ | (200)百均のライトを分解してみました。 »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (199)「それでも私はPalmを使う」の本:

« (198)MobileHack スマートフォン徹底活用ガイド! | トップページ | (200)百均のライトを分解してみました。 »