無料ブログはココログ

« (224)izgrepをどのように使うか? | トップページ | (226)特定の条件のファイルだけを見つけ出す »

2008年3月26日 (水)

(225)目的とするファイルの所在を探し出す[sm.exe]

(225)目的とするファイルの所在を探し出す[sm.exe]。

grepと似ている機能で、ディスクの中から特定のファイルを見つけ出す、[whereis]という機能があります。

chkdskコマンドで私の200LX用のSDカードの中のファイルを調べてみると、4000~5000個のファイルが入っています。もし、ファイルを保存した場所を忘れてしまったりして、ファイルが迷子になってしまうと、大量のファイルの中から見つけ出すのはたいへんです。

こんなときに、使うのが[whereis]の機能ですが、私は、[sm.exe]という名前の外部コマンドを使っています。

Scrn0008 (0008)A:のSDカードの中から、履歴書を書いた[rireki.txt]を探し出すことを例に話をしますと、図のように

sm -w A:rireki*.txt

とすることで、SDカードの中のサブディレクトリの中まで含めて、その所在を調べることができます。

私は、この[sm]という外部コマンドをとても便利に使っていますので、システムマネージャーを起動するバッチファイルのファイル名がバッティングしないように、sm.batではなく、pim.batとかzz.batと名づけています。

« (224)izgrepをどのように使うか? | トップページ | (226)特定の条件のファイルだけを見つけ出す »

7. 200LXの操作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (225)目的とするファイルの所在を探し出す[sm.exe]:

« (224)izgrepをどのように使うか? | トップページ | (226)特定の条件のファイルだけを見つけ出す »