無料ブログはココログ

« (237)200LXのsolverでFXのレバレッジなどの計算をする | トップページ | (240)あらためて、solverの説明 »

2008年5月 9日 (金)

(238)200LXのゴム足代替品の1年後

200LXのゴム足代替品の1年後

2007年4月に「(66)ゴム足代替品の切り取り方」ということで、「エラストマー」からゴム足代替品を切り取る方法について、お話ししました。

Ashi そのゴム足代替品を装着した200LXを、約1年間使っていましたが、最近になって写真のようにゴム足がすり切れてきました。

それで、本日、あらたにゴム足を切り出して装着しましたので、そのことをお話しします。

2 オリジナルのゴム足は、この写真のような形をしています。私は、予備用の新品のゴム足をたくさん持っていますが、オリジナルよりもエラストマーのほうが安定して使いやすいので、オリジナルではなくこちらを使っています。

5 この写真が、最終的にできあがった形です。角がとれていなくて無骨な形をしていますが、実用には差し支えありません。この形で一ケ月くらい使っているうちに角が丸くなって、落ち着いた形になるものなんです。

では、作成の手順をお話しします。

Img_0429 エラストマーは、2個1組でこのようなパッケージに入っています。これを取り出してから、

   

    

      

6 写真のようにイボイボを台の部分とともに、小型ニッパーで切り出します。   

   

   

3 切り出したものの台の部分を、なるべくスマートな形に整形してしておきます。   

   

9 これを、200LXのゴム足の穴に装着しておいてから、余分な長さをカットします。カットの仕方は、(66)の写真で説明したように、定規とかクレジットカードのような厚みのあるものをあてがって、4本が同じ高さになるようにニッパーでカットします。   

10 カットしてから、面取りをして、最後に200LXに装着した状態です。

このエラストマーのゴム足代替品は、オリジナルのゴム足よりも弾力があるために、200LXを机の上に置いてキー入力するときは、オリジナルよりもガタつきがなく、安定します。

私としては、オリジナルよりもソフトに安定しているために、エラストマのほうが使いやすいと感じています。

« (237)200LXのsolverでFXのレバレッジなどの計算をする | トップページ | (240)あらためて、solverの説明 »

8. 200LXの修理・改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (238)200LXのゴム足代替品の1年後:

« (237)200LXのsolverでFXのレバレッジなどの計算をする | トップページ | (240)あらためて、solverの説明 »