無料ブログはココログ

« (268)書店でアイディアが思い浮かぶことも多い。 | トップページ | (270)電子情報端末とオーディオブック »

2008年6月26日 (木)

(269)「本を読む本」の内容を200LXのIPに入れておく

(269)「本を読む本」の内容を200LXのIPに入れておく

週刊東洋経済の「読書術」特集の内容についていろいろお話ししました。

お話しした中で、「本を読む本」のダイジェストの内容を200LXのIP(アイディアプロセッサ)に入力しておくことをお話ししました。

Scrn0002 IPの画面はこんな風です、とお見せするために、キャプチャした画面をアップしておきます。

Sa410022はじめは、雑誌のページをコピーして、スキャナで読み込んでテキスト変換しようと思っていたのですが、コピーしてみたら文字が鮮明にコピーできませんでした。たぶん、スキャナで読み込んでもうまくテキスト変換できないだろうと考えて、キーボードから自分で入力しました。

私の場合、フルサイズのパソコンのキーボードを使うと、200LXのキーボードからの入力の倍のスピードで入力できますので、ちょっと長い文章を入力するときは、200LXではなくパソコンで入力しています。

全部をテキスト入力しておいてから、200LXのmemoに読み込んでおいて、システムマクロを使って、一行ごとにIPにコピーしました。

Scrn0000 全体で40行くらいになりますが、IPにコピーし終わってから、「見出し--本文」のような階層構造にします。

Scrn0003 そこまでできあがれば、[Menu]→[View]→[Top level Vier] で上のランクの文章だけを表示させたり、[All appear]ですべての文章を表示させたり、自由にできます。

以前にもお話ししましたが、IPは画面構成が端正で見やすいので、私は好きです。階層構造になっているテキストを表示するのに最も適していると思います。

« (268)書店でアイディアが思い浮かぶことも多い。 | トップページ | (270)電子情報端末とオーディオブック »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (269)「本を読む本」の内容を200LXのIPに入れておく:

« (268)書店でアイディアが思い浮かぶことも多い。 | トップページ | (270)電子情報端末とオーディオブック »