無料ブログはココログ

« (295)17インチのノートパソコン | トップページ | (297)「ビジネスマンのための『読書力』養成講座」小宮一慶著 »

2008年10月21日 (火)

(296)KAN2MAC:「Katana刀」の漢字登録をPIMから行うツール

(296)KAN2MAC:「Katana刀」の漢字登録をPIMから行うツール

私は、HP200LX上での日本語変換として、NORIさんのFEP100をメインに使っています。しかし、FEP100はEXMプログラムなので、原則としてシスマネ上でしか機能しません。(dos窓では機能します)

そのため、生dos上とか、dos窓での日本語変換には、私は、おもに「Katana(刀)」を使っています。シスマネ上でも、FEP100でうまく変換できないときに「Katana刀」を使うこともあります。

私自身が日本語変換としてFEP100を多用していますので、FEP100の単語登録のことは、何回かお話ししました。しかし、「Katana刀」のユーザー単語登録のことは今までお話ししていなかったと思いますので、今回はKAN2MACという、「Katana刀」の漢字登録をPIMから行うツールについてお話ししようと思います。

パソコンでは、どうしても日本語変換機能を使います。この使い勝手が、パソコンの使い勝手を左右するくらい重要なシステムです。

そして、どんな日本語変換のシステムを使うにせよ、自分が頻回に使う用語をユーザー辞書に登録して辞書を鍛えていかないと、思うようにパソコンを使うことができないものです。

DOSで動作するころのNECのPC98の時代には、単語登録の手順が面倒なFEP(日本語変換システム)がたくさんありました。単語登録するのに、日本語変換システムを呼び出して、そのシステムの上でしか登録できないことが多かったです。

じつは、200LXで動作する「Katana刀」も(ATOK8も)、FEPを呼び出したうえで、語句を作成しなければ、ユーザー登録できないようになっています。これはちょっと不便です。

「由貴だるま」さんが作成した「KAN2MAC」はこの手間を大いに省いてくれます。FEP100でaddtanを使うのと同じように、シスマネアプリ上で登録したい語句を作成しておいて、その語句を[Fn]+[copy]でクリップボードに取り込めば、ほぼ自動的に「Katana刀」ユーザー登録することができるようになります。

この機能は、KAN2MAC単独で実現するのではなく、EXKEYとDOSCLIPとKAN2MACを組み合わせて実現するようになっています。その設定方法は、ちょっと込み入っているので、ここでは説明しませんが、非常に巧妙に作られているツールです。

200LX上で使う日本語変換システムの機能としては、確かにATOK8が最強だと思います。しかし、ATOK8では充実したユーザー登録辞書を育てることができないと思います。

その点では、「Katana刀」では「由貴だるま」さんの「KAN2MAC」が使えるために、ユーザー単語登録が簡単にすることができますから、ユーザー辞書を含めたトータルでの日本語変換システムと考えれば、KATANAのほうが使いやすいシステムだと私は考えています。

« (295)17インチのノートパソコン | トップページ | (297)「ビジネスマンのための『読書力』養成講座」小宮一慶著 »

7. 200LXの操作(シスマネ外)」カテゴリの記事

コメント

toshiと申します。200LXの初心者です。とはいっても、所有して数年なりますが、まともに使っていなかったもので・・・。そこで、この記事が目に止まったとき、震えが出るくらい(大げさですね)、驚きました。そして、すぐにでも、使って見たいのですが。現在は、ATOK8を使っています。まずは、ツールの入手方法を教えて頂けないものでしょうか?また、”設定方法が込み入っている”と記載されておりますが、私のような初心者に近いものが出来るものなんでしょうか?何卒よろしくお願い致します。

カタナ用なので、ATOKでは使えないと記憶しています。

もし、KAN2MACをお使いになりたいなら、添付メールでお送りしますが、ヤクオフなどでカタナを入手しておく必要があります。

直接お会できれば、いろいろ設定してさしあげられますが、、、ちなみに、私は東海道線藤沢付近に在住です。

アドバイス誠に有難うございます。私、toshiの家内のkayomayuです。夫は単身で現在、大阪におりますが、出張が多くNETを観れる環境にない為、私が代行してレスしております。また、ご返事が大変遅くなりましたこと、お詫び致します。前後しますが、私達は夫婦共々200LXを使っており、辞書登録に関して全く共通の問題を抱えています。。ビジネスでの使用がほとんどで、PCでは2,000語以上登録しているのに、LXは一から入力するのに大変困っているのが実情です。そこで、漢字登録に関して、アドバイス戴いたことに関してですが、25日レスされた"200LXで使うATOKの辞書"を詠ませて頂きました。内容からして、かなりハードルが高いことを認識しました。しかし、ユーザー辞書登録は何とか克服したいのです。ATOKに拘っている訳でもなく、KAN2MACに変更してユーザー辞書を2,000語程度登録出来れば、文句無しなんです。大変勝手なことをお願いしているのは承知の上、どうか私達夫婦の問題克服にサポート戴けませんでしょうか?以上、何卒よろしくお願い致します。

了解。サポートします

>私達は夫婦共々200LXを使っており、
 おお、お二人とも200LXをお使いですか。
 それじゃあ、サポートしないわけにいかないですね。(^^)

>ビジネスでの使用がほとんどで、PCでは2,000語以上登録しているのに、LXは一から入力するのに大変困っているのが実情です。
 はるほど。了解です。

>KAN2MACに変更して
 この目的には、カタナを入手しなければなりません。

>ユーザー辞書を2,000語程度登録出来れば、文句無しなんです。
 もっとも簡単な方法は、(1)登録したいユーザー登録単語をファイルにしておいて、(2)そのユーザー単語を一括で、ATOK辞書に登録してしまって、(3)さらに追加登録できるように辞書拡張しておく、という手順ですね。

(1)の登録したいユーザー単語を抽出できなければ、元の辞書をそのまま送っていただけば、私のほうで抽出できるだろうと思います。

ちなみに、私は正月休みは旅行に出ますので、時間の都合をつけられるのは、12月27日午後だけです。約1時間で作業が終了すると思います。

あとは、メールで連絡してください。

BlueSky

私は200LXで使うFEP(日本語入力システム)としては、カタナとFEP100が最強だと考えています。

カタナには、「由貴だるま」さんが作成した「KAN2MAC」という単語登録システムがあるからです。(FEP100も簡単に単語登録できます)

日本人にとって、パソコンを使うのに、日本語入力は必須です。

頻回に使う単語を日本語入力システムに登録すれば、パソコンの使い勝手は非常によくなります。

しかし、Windowsにしても、別のOSにしても、そういうことを知らないままで、単語登録をせずに効率が悪いままで、パソコンを使っている人はかなり多いと思います。

残念なことです。

私は「由貴だるま」さんに感謝しながらカタナを使っています。

 お陰様で昨晩遅くにカタナが無事に動きました。ありがとうございます。
 これまで使っておりましたATOK8では
仕事に使う単語が登録された辞書があったので割と「楽させてもらって」いました。
 昨日からカタナとの試行錯誤にワクワクしております。ありがとうございます。

kawa さま、

>お陰様で昨晩遅くにカタナが無事に動きました。
 よかったです。

お送りした4つの圧縮ファイルのドキュメントを、もういちど私も読んでみました。
良くできているドキュメントとファイル群だと思います。

日本語入力のユーザー登録単語のことですが、私の場合、約40年前に自分用のユーザー辞書を作りました。
業務用の東芝トスワードのワープロを使っていた頃のことです。
その後、単語の増減はありましたが、その登録単語集をどのワープロ・パソコンにも一括登録して使っています。

私の場合、最低で500単語くらいを登録すれば、高速で日本語入力ができます。
通常は2000単語くらいが登録されています。

200LXのシスマネではfep100をメインに使っており、カタナをサブで使っています。(シスマネ上で簡単に切り替えられます)DOSに降りたとき(VZなど)はカタナだけを使います。

自分ようの辞書を入力してあると、FEP100のような最長一致方・単文節変換でもまったく不自由がありません。逆に、カタナ・ATOK・Windows日本語変換のような連文節変換でも、自分用の辞書が入っていないと日本語入力の効率はガクンと落ちてしまいます。

そういうことで、日本語変換システムで、ユーザー登録が簡単にできるかどうかというのは、私にとってとても重要なポイントになっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (296)KAN2MAC:「Katana刀」の漢字登録をPIMから行うツール:

« (295)17インチのノートパソコン | トップページ | (297)「ビジネスマンのための『読書力』養成講座」小宮一慶著 »