無料ブログはココログ

« (306)「書くためのパソコン」(中野明著)について | トップページ | (308)4GBのSDの個体差(200LXで使えない) »

2008年11月21日 (金)

(307)ポメラの液晶画面は鮮明ですね。

(307)ポメラの液晶画面は鮮明ですね。

私の自宅から徒歩1分の距離にビックカメラがありますので、話題のポメラを量販店の店頭で触ってみてきました。

Sa410267  まず感動したのは、液晶が非常に鮮明であることです。白地に黒い文字がくっきりと浮き出て見えます。まるでバックライトがあるかのように、背景の白が明るいです。黒色の文字とのコントラスト比も大きくて、200LXよりもずっと見やすい液晶です。

キーボードを展開して平面に置いた場合、ガタツキがほとんどありません。キータッチも適当な深さです。電車の中などでは、かなり入力しずらいと思いますが、平らな机の上でキー入力するには不自由がなさそうです。

ところで、前回の(306)「書くためのパソコン」でもお話しましたが、キーボードからの文字入力では、(1)タッチタイプでキーボードが打ちやすいこと、(2)ユーザー辞書登録、の2点が重要だと考えています。

ポメラを見てみると、キーボードはフルサイズキーボードよりも少し小さくできています。これでは、高速のタッチタイプは少し難しいと思います。以前にピアノ演奏のことをお話したことがありますが、ピアノ演奏は究極のタッチタイプです。鍵盤面を見ないで演奏します。それができるように、ピアノ鍵盤は正確に同じ規格でできています。

キーを打つということでは、文字入力ようのキーボードも同じです。ポメラでは、高速の文字入力を犠牲にして、携帯の便利さを優先したのだと思います。

Sa410266_2 さて、ポメラのユーザー単語登録のことですが、100語まで辞書登録できる仕様のようです。私の場合、ユーザー単語は、200LXでもパソコンでも2000語以上登録しています。会社で会議録などをポメラで記録することを考えても、会社名や部課名、商品名などを単語登録してなければ、高速に入力しにくいと思います。ユーザー単語は、最低でも500~600語くらいの登録できなければ、スムーズな日本語入力はしずらいんじゃないかと思います。

さらに、ポメラで気づいたことがあります。キー入力の取りこぼしがあります。200LXでも通常のパソコンでも、たとえ高速に打鍵したとしても、入力の取りこぼしは発生しません。ポメラで、昔の日本語ワープロの一部のように、キーの取りこぼしが発生するのは残念です。

ポメラは、メモ入力などの単能機ですから、200LXやモバイルギアなどの多機能の情報機器とは比較の対象になりません。会社によっては、機密漏洩を防ぐために、パソコンや携帯電話も持込みを禁止している事業所があると聞いたことがあります。そういう限定されたビジネスシーンでは重宝する可能性があるかも知れません。

« (306)「書くためのパソコン」(中野明著)について | トップページ | (308)4GBのSDの個体差(200LXで使えない) »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (307)ポメラの液晶画面は鮮明ですね。:

« (306)「書くためのパソコン」(中野明著)について | トップページ | (308)4GBのSDの個体差(200LXで使えない) »