無料ブログはココログ

« (312)洋書在庫半額はうれしい\^o^/ | トップページ | (314)超「超」整理法.Gmailでファイル検索 »

2008年12月13日 (土)

(313)あと、うれしかったのは「医科学者のための知的活動技法」があったこと

(313)あと、うれしかったのは「医科学者のための知的活動技法」(諏訪邦夫著)があったこと

この「医科学者のための知的活動技法」っていう本は、1ヶ月くらい前に出版されたんですけど、近くの数軒の大型本屋さんで検索して、置いてなかった本です。ジュンク堂にはありました。

Sa410305_2 著者の「諏訪邦夫」氏は、麻酔科のお医者さんです。専門書もたくさん出していますが、一般向けの本として、「パソコンをどう使うか―活字から電子メディアへ」 (中公新書1237) (1995/4)を書いています。「パソコンを使った知的生産の技術」というような内容です。

この本は、梅棹先生の「知的生産の技術」や、野口先生の「「超」整理法」と同じような名著です。

Sa410311Windows出現以前の本ですが、この本に書いてある、知的生産にパソコンを使う基本的な考え方は、今でも変わりません。(もっとも諏訪先生は元はマック使いのようですが)

ほぼ同じ内容の、「ナースのためのパソコン入門―素晴しい道具」という本がありますが、あまり面白くない。

Sa410305 また、「キーボード革命―情報電子化時代への基本技術」 (中公新書1340) (新書 - 1997/1)    

       

全図解 ノートパソコンをどう使うか―機種・ソフト... (カッパ・ブックス) (新書 - 1997/6)  

                               

Sa410306 発表の技法―計画の立て方からパソコン利用法まで (ブルーバックス) (新書 - 1995/12)

         

情報を捨てる技術―あふれる情報のどれをど... (ブルーバックス) (新書 - 2000/10)

         

Sa410307 パソコンでどう書くか―もっとも合理的な文... (PHPビジネスライブラリー) (単行本(ソフトカバー) - 1996/4)

なども読みましたが、私としては、あまり面白くなかったです。

       

表題の「医科学者のための知的活動技法」は、名著「パソコンをどう使うか」のバージョンアップのノウハウ本かと期待したのですが、医学系の雑誌の連載をまとめたエッセイ集でした。ざっと立ち読みして、「Amazonで注文しなくて良かったぁ」と思いました。

« (312)洋書在庫半額はうれしい\^o^/ | トップページ | (314)超「超」整理法.Gmailでファイル検索 »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« (312)洋書在庫半額はうれしい\^o^/ | トップページ | (314)超「超」整理法.Gmailでファイル検索 »