無料ブログはココログ

« (314)超「超」整理法.Gmailでファイル検索 | トップページ | (316)200LXで使うATOKの辞書 »

2008年12月25日 (木)

(315)お気に入りのボールペン:シェーファー旧型

(315)お気に入りのボールペン:シェーファー旧型

以前にペリカン万年筆のことをお話ししたことがあります。
今回は、ボールペンの話です。

P1020810 いろんな会社のボールペンを使ったことがありますが、ボールペンのメカニズムとしても、デザイン上からも、私のお気に入りはシェーファーの旧型のボールペンです。
おそらく、20年くらい前に販売終了になっていると思います。

ずっと昔に使っていたことがあるのですが、5~6年前に家族からワイシャツの胸ポケットを汚さないボールペンを使うように言われて、また、このボールペンを使うようになりました。

というのは、夏、ワイシャツの胸ポケットにボールペンをさすと、ボールペンの先端が露出している場合に、ポケットの底の部分にボールペンのインクがついてしまいます。

ボールペンのインクは油性ですから、家庭での通常の選択では落ちません。そのため、何枚ものワイシャツを汚してしまいました。

家族から、「ワイシャツのポケットを汚さないボールペンはないのっ?」と言われて、このボールペンのことを説明して、今に至るまで使っています。

P1020832 このシェーファーのボールペンは、クリップの下部を押すことで、ボールペンリフィルの先端が出ます。先端を格納するには、クリップの上部を押します。

そして、ワイシャツの胸ポケットなどにさすときは、必ず、先端が格納されるメカニズムになっています。

デザインは、写真のように各種あります。代表的なのは、ビンテージという名前だったと思いますが、ボールペン本体の横にブドウの模様が彫刻されているものです。

そのほかに、スターリングシルバーのものとか、金メッキのものとか、ブラスティックボディーのものもあります。

写真の一番下に写っているのは、ちょっと太軸です。細い軸が女性用で、太い軸が男性用だと思います。でも、私の手の大きさには女性用のほうがしっくりきます。

« (314)超「超」整理法.Gmailでファイル検索 | トップページ | (316)200LXで使うATOKの辞書 »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (315)お気に入りのボールペン:シェーファー旧型:

« (314)超「超」整理法.Gmailでファイル検索 | トップページ | (316)200LXで使うATOKの辞書 »