無料ブログはココログ

« (319)ATOK8の辞書拡張の手順(toshi さんのために) | トップページ | (321)旅行中の事故に備えての指示 »

2009年1月 8日 (木)

(320)年賀状をスキャナで取り込んでみた

(320)年賀状をスキャナで取り込んでみた

Sa410375_3  年賀状は、たまってしまうとけっこうなボリュームになります。

せっかくいただいた「お便り」ですから、長く保存しておきたい気もしますし、逆にじゃまな気もします。

私の場合、年賀状をざっと読んで、自分の方から出しておかなければならないはずだった人の賀状だけを抽出します。その方に、今年のうちに出しておく場合もありますし、来年回しにしてしまう場合もあります。

自分が出した賀状が戻ってきてしまっているのは、当方の住所間違いか転居ですから、住所録の修正をしておきます。

Sa410373_2  今までは、年度ごとに袋に入れて、事務所の書斎の引き出しに保存していました。ただ、実際には二度と読むことはないですから、4~5年でシュレッダーにかけてしまうのがいいんだろうと思います。

    

Sa410370 将来は廃棄してしまうことを考慮して、今年のぶんについては、さっそくスキャナに取り込んでおきました。電子情報にしてしまうと、ほんとうに二度と取り出してオリジナルを読み返すことはないだろうと思います。   

   

   

Sa410377 ところで、電子情報にしておけば、「お年玉年賀はがき当選番号」を検索できるんじゃないかと期待したのですが、PDF上では検索できませんでした。検索できれば楽なんですけど、、、

差出人の住所もテキスト化できれば、当方の住所書き間違いがないかのチェックに使えるんですけど、名刺を読み取るのと同じように、読み取り精度が低くすぎて、情報を活用できるほとではありませんでした。

でも、パソコンのディスプレイ上で、pdf画像を見ながら、別のウィンドウで宛先を読み込んだ表集計のデータを修正できるのは、作業としてはかなり楽にできました。

« (319)ATOK8の辞書拡張の手順(toshi さんのために) | トップページ | (321)旅行中の事故に備えての指示 »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

 BlueSkyさんは、年賀状用の住所の管理はどうしてらっしゃるのでしょうか?
 私は、ここ数年、アドレス管理から投函までネットで処理できるサービスを利用していたのですが、高価なため、今年(2010年分)は自前でやろうかなと考えています。

あんまり胸を張っていえることではありません ^_^;

枚数によって作戦が変わってくると思いますが、私が出す賀状の枚数は150枚くらいです。

裏面は印刷に頼んでいます。そのうち100枚くらいは、直筆で近況を書き込んでいます。年賀状用に自分の顔写真をとって、小さな写真も貼るようにしています。

残りの50枚くらいは儀礼的なものなので、近況などは書かずに、単に出すだけです。

宛先面ですが、去年まではヤクオフで入手した文豪ワープロで、プリントアウトしていました。

今年のぶんの宛先プリントは、文豪でするか、パソコン(宛名職人)でするか考え中です。

じつは、いままでは、惰性で年賀状を出していたんです。

しかし、ことしは賀状をPDFに取り込んであるので、管理している住所録と、しっかり突き合わせすることができました。いままでできなかった整理が、やっとできました。

それで、こちらから出しても、先方から送ってこなかった人には、今年からはださないようにする予定です。

kitasueさま、質問してくださって、ありがとうございました。

高速で連続読み取りしてくれるスキャナは、
応用範囲が広そうでよいですね。
うちのは複合機で低速なので、なかなか…

さて、以前、エプソンのLP-1700にシリアルポートを付けたプリンタを
HP200LXにつないで遊んでいたのですが、
HP200LXから年賀状の宛名を印刷しようとして挫折した経験があります。

ここ数年はネットで依頼していたのですが、
諸時勢厳しき折(苦笑)、今年はAccessというDBソフトに読み込んで
そいつのレポート機能で印刷しました。

BlueSkyさん、ご回答どうもありがとうございました。

横からすいません

スキャナってテキスト化にも役立つそうで
結構便利らしいですね


話はズレますが
古い書状やらを廃棄するのに
家庭用シュレッダーでは非力なことがあります
コンビニエンスストアやスーパーマーケットに
10円で数分間使える強力シュレッダーがあると便利なのに
中々出現しません
うっかり掛けて
自分の不注意なのに店に文句を言うという
今時増えている類の人を恐れているのか..

[594]

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (320)年賀状をスキャナで取り込んでみた:

« (319)ATOK8の辞書拡張の手順(toshi さんのために) | トップページ | (321)旅行中の事故に備えての指示 »