無料ブログはココログ

« (374)不動産コンサルタント会社で、HP金融電卓習得講座 | トップページ | (376)新たなバックライト化200LX »

2009年5月22日 (金)

(375)電子辞書はpdfビューワーになれるか? 残念っ!

(375)電子辞書はpdfビューワーになれるか? 残念っ!

P1030576 ネットサーフィンしていたら、SIIから発売されていたDB-J260という電子辞書で、pdfファイルを表示できるということを知りました。

しかも、当初3万円くらいの価格だったものが、今では、秋月電子商会で8千円弱で販売されています。

搭載されている辞書は、「ジーニアス英和大辞典」「ジーニアス和英辞典」「オックスフォード現代英英辞典」「広辞苑」「漢字源」などです。私にとって、この中で「ジーニアス英和大辞典」が魅力的です。

この電子辞書は、eブックや、「CNN」「New York Times」といったeニュースをダウンロードして、本体で読むことができるそうです。

P1030588また、電子辞書をパソコンに接続すると、パソコンから辞書にアクセスすることができます。  

この写真は、DB-J260をパソコンに接続して、パソコンから 「ジーニアス英和大辞典」を引いてみたところです。

   

  

P1030579 ということで、「もしかしたら、pdfビューワーとして使えるかも、、、」「最悪、通常の電子辞書として使えるし、、、」と思って、期待して注文してしまいました。この写真は、年賀状をスキャナで読み込んだpdfを表示させたものです。画面の下半分は、撮影時に反射が入ってしまいました。

で、総合的な評価としては、「悪くはないが良くもない」というところです。

まず、電子辞書としての性能ですが、表示は遅めです。それから、ずっしりとしていて持ち運ぶにはちょっと重いです。

表示画面は、200LX4MBの鮮明な液晶よりも、さらにちょっと鮮明なくらいなので、まぁまぁ良いと思います。でも、ポメラのような非常に鮮明な液晶よりは、ちょっと劣ります。

P1030586  肝心の「pdfファイルビューワーとして使えるか?」ということでは、この写真のように、文庫本をから読み込んだpdfファイルが辞書本体で読めるほどには、画像表示は鮮明ではありません。(こんなに小さく表示されてしまいます)

結果的には、DB-J260は、pdfビューワーとしては使用に耐えませんでした。

200LXが単三電池で使えるように、単四電池2本で60時間使えるという点は私好みですが、「何世代か前の電子辞書」でしかなかったようです。

残念です。

« (374)不動産コンサルタント会社で、HP金融電卓習得講座 | トップページ | (376)新たなバックライト化200LX »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (375)電子辞書はpdfビューワーになれるか? 残念っ!:

« (374)不動産コンサルタント会社で、HP金融電卓習得講座 | トップページ | (376)新たなバックライト化200LX »