無料ブログはココログ

« (377)バックライト化200LXの利点 | トップページ | (379)シスマネデータが壊れたときの対処. »

2009年5月27日 (水)

(378)自作改造と矢澤さん改造のバックライト200LX

(378)自作改造と矢澤さん改造のバックライト200LX

私自身、4~5台の200LXをバックライト化しました。まず、余っている液晶でガラス面裏の糊を剥がす練習をしてから、本番の作業をしました。

それでも1つの液晶で失敗しましたから、つごう液晶を2つオシャカにしてしまいました。

自分自身でいろいろな改造をほどこした200LXは、愛着があってなかなか手放せません。バックライト化以前にも、自分で倍速化したこともありますし、自分でメモリ増設作業をしたこともあります。それらの200LXは私にとって、とてもカワイイです。(笑)

しかし、私の技術レベルが低いために、数ヶ月おきくらいに、どこかが調子悪くなったり壊れたりしていました。そのたびに分解して補修しながら使っていました。

これは、自作バックライト200LXでも同じでした。いろいろなところが、しょっちゅう具合悪くなっていました。

ところが、矢澤さんに改造してもらった200LXは、約2年間使っていて、いちども不具合がでていませんでした。もともとが新品の200LXを改造してもらったということもありますが、矢澤さんの改造技術は、よっぽどレベルが高いのだと思います。

確かに自分自身で改造をすれば無料でできます。矢澤さんにお願いするとバックライト化だけで24000円かかります。しかし、改造に失敗がないこと、改造機を安定して使えるということを考え合わせると、リーズナブルな価格設定だと思っています。

なにしろバックライト化は、材料集めも、改造そのものもかなり難しいですから、この価格でもまだ安いくらいです。

リーズナブルと考えるからこそ、自分で改造しないで、矢澤さんにお願いしているわけです。

Img_1005_2 新しいバックライト機を使うのは良いのですが、今は、写真左側の200LXの、暗くなったEL板の交換をお願いしようかどうしようかと、迷っているところです。

« (377)バックライト化200LXの利点 | トップページ | (379)シスマネデータが壊れたときの対処. »

8. 200LXの修理・改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (378)自作改造と矢澤さん改造のバックライト200LX:

« (377)バックライト化200LXの利点 | トップページ | (379)シスマネデータが壊れたときの対処. »