無料ブログはココログ

« (379)シスマネデータが壊れたときの対処. | トップページ | (380)200LXの全辞書を一気に串刺し検索する »

2009年6月 5日 (金)

(379)200LXシスマネデータが壊れたときの対処.

(379)200LXシスマネデータが壊れたときの対処.

folomyに、肥大化したアポイントのデータをREMOVEしようとしてできない。
どのように対処したら良いか?という質問が上がっていました。

つい、先日、私も200LXのデータベースのデータが壊れていて、修復したばかりです。

上記の質問は、回答者として私を想定しているようなので、「私だったらこうします」という対処法を書いておきます。

アポイントでもほかのシスマネデータでも、対処の仕方はほぼ同じですが、今回は、アポイントのデータを例にしてお話します。

I. まず、アポイントのデータが壊れているんじゃないか? というのが問題があります。

 I-1 修復には、通常、GARLICというアプリケーションを使います。

 もし、お持ちでなければ、GOOGLEなどで検索してダウンロードして、フラッシュディスクの片隅にでも置いておくと安心です。

 I-2 コネクティパックでは、データベースが多少壊れていても読み込むことができると小耳にはさんだことがあります。
 それで、コネパクをお持ちでしたら、試しに一度コネパクに読み込んでから、saveしてみるのも良いと思います。

II. 壊れているにしても、とりあえず、100/200LXのシスマネで読み込むことができる場合の修復方法です。

 これは、「壊れている部分と正常な部分を切り分けて、正常な部分をなるべく多く救い出す」ことをめざします。ちょうど、少し傷んだ果物で、傷んでない部分を切り取って食べるみたいなものです。(少し傷んだ果物は、おいしくありませんが、、、)(^^)

 切り分ける方法は、2つあります。傷んだ部分を切って捨てる方法と、逆に傷んでいない部分を救い出すという方法です。

 II-1 データファイルが大きくなっていて、その一部を切り捨てて小さくしながら、正常なデータベースとして使う場合、[MENU]→[FILE]→[REMOVE]で、領域を指定して、切り捨てます。
 その場合、切り捨てた部分は別ファイルにして、取っておく方が良いですね。
 質問者は、この方法をやってみて、異常に長時間かかって電池切れにまで至ったとのことです。

 その場合は、この方法は使えませんね。

 II-2 だとしたら、逆に、大きくなりすぎたデータファイルの一部を、救い出すようにしてみます。

 II-2-1 通常だったら、データファイルをおおよそ半分に分けて、拾い出せば良いと思います。5年間くらいのアポイントなら、最近の2年ぶんくらいを別ファイルとして取りだします。

 これには、[MENU]→[FILE]→[EXTRACT]を使います。

 元のデータファイルの名前が、APPOINT.ADBでしたら、救い出すあらたなデータの名前を、APPOINT1.ADBとでもします。

 うまく救い出せたことが確認できたら、残りの部分もAPPOINT2.ADBとでも名前をつけて切りだします。

 これで、APPOINT.ADB → APPOINT1.ADB + APPOINT2.ADB と分割できたことになります。

 II-2-2 もし、APPOINT1.ADB かAPPOINT2.ADBのどちらかが壊れているようなら、壊れているほうのデータファイルを、また2分割します。そしたら、壊れている部分は元のファイルの1/4の領域にに限定することができます。

 さらに分割を続ければ、壊れている部分を特定できます。特定できたら、そこを捨ててもいいですし、コツコツと修復を試みても良いと思います。

 II-3 今後のことも含めて考えるなら、、、、

 私だったら、今の時点で、毎年の記録に切り分けて保存しておきます。

 私の場合、通常、あまり古いデータは参照しませんので、現在使用するアポイントのデータは、2009,2008,2007 年ぶんくらいで済んでしまいます。
 古いデータを参照することもたまにあるので、古いデータも整理して200LXの記憶メディアに保存しています。

 2008年保存用 →  2008,2007 年ぶん   ファイル名:2008.ABD
 2008年保存用  → 2007,2006 年ぶん   ファイル名:2007.ABD
 2008年保存用  → 2006,2005 年ぶん   ファイル名:2006.ABD
 2008年保存用  → 2005,2004 年ぶん   ファイル名:2005.ABD
 2008年保存用  → 2004,2003 年ぶん   ファイル名:2004.ABD

 というようにしてあります。

 このように1年ごとにオーバーラップさせながら保存しておくことで、もし、ファイルが一部壊れていてたとしても、修復は容易です。

« (379)シスマネデータが壊れたときの対処. | トップページ | (380)200LXの全辞書を一気に串刺し検索する »

7. 200LXの操作」カテゴリの記事

コメント

いつも役に立つ情報ありがとうございます。
私のアポイントメントも最近壊れてしまいました。
garlicで取り出そうとしましたがnot foundとなってしまいました。もちろんpassはかけていません。ほかにADBとして読み取ることができる方法はあるのでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175746/45238001

この記事へのトラックバック一覧です: (379)200LXシスマネデータが壊れたときの対処.:

« (379)シスマネデータが壊れたときの対処. | トップページ | (380)200LXの全辞書を一気に串刺し検索する »