無料ブログはココログ

« (382)秘密の情報を200LXのどこに隠しておくか | トップページ | (384)200LX金融電卓のカスタマイズをしました。 »

2009年6月16日 (火)

(383)壊れた200LXシスマネデータを救い出す。

GRD&PSG3 さんが、「(379)200LXシスマネデータが壊れたときの対処」にコメントをつけてくださったので、すぐに、お返事のコメントを書いたのですが、なにかの不具合で消えてしまいました。

それで、仕方なく書き直して、本文のほうにアップします。ココログでは、ときどきコメントが消えちゃうことがあるんですよねっ。

さて、GRD&PSG3 さんの「ほかにADBとして読み取ることができる方法はあるのでしょうか?」というご質問に、取り急ぎ、思いつくかぎりの対策を列挙しておきます。

(0) ファイルとしては、200LXのシスマネに読み込むことができるけれど、データ(レコード)が一部破損している場合は、(379)に書いた方法です。

(1) そのほかに、コネパクに読み込ませてみるという方法も、試してみて良いと思います。私は使ったことがないのですが、GDBwinというwindowsようのアプリケーションで読み書きできるようです。

(2) APPOUTでCSVに変換するということも、試してみるのが良いと思います。APPOUT以外に、DB2CSV.EXMというアプリケーションがあったと記憶しています。あとL1DBOUTやDBCSVというアプリケーションもありました。これらを使って、CSV形式に変換することも試してみるのが良いと思います。

(3) SUPERのサイトは英語なので読みにくいですが、何種類かのCSVへの変換ソフトがあったと記憶しています。(私はダウンロードしてことがありませんが)

(4) 裏技になりますが、VZエディターに?DBファイルを読み込むと、日本語部分が読めてしまいます。とくにNOTEの部分はそのまま読めますので、そこから手作業で切り出すという方法がとれます。これはけっこう有効だと思います。

(5) GREPは何種類もありますが、IZGREPで検索しても、?DBファイルが読めてしまいます。(「読める」んじゃなくて、「検索できる」ですが) 一方、私が便利に使っているWGREPではうまく検索できません。

ということで、通常は、(2)の方法を試して、だめなら(4)の方法でやってみるのが良いと思います。

« (382)秘密の情報を200LXのどこに隠しておくか | トップページ | (384)200LX金融電卓のカスタマイズをしました。 »

7. 200LXの操作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175746/45354635

この記事へのトラックバック一覧です: (383)壊れた200LXシスマネデータを救い出す。:

« (382)秘密の情報を200LXのどこに隠しておくか | トップページ | (384)200LX金融電卓のカスタマイズをしました。 »