無料ブログはココログ

« (406)TalkMaster IIでのSDカードフォーマット | トップページ | (408)キンドル注文した。早く届くといいなぁ。 »

2009年9月26日 (土)

(407)液晶表示不良の故障

(407)液晶表示不良の故障

9月の連休(シルバーウィーク)はナイアガラの滝を見に行ってました。

Img_1282 世界三大滝のひとつということで、さすがに雄大でした。家族といっしょに行ったのですが、家族が滝好きなので大喜びでした。

パック旅行でしたので、紅葉の「メープル街道」もコースの中に入っていたのですが、紅葉の時期にはちょっと早くて、緑が多かったです。

もちろん、HP200LXは携行しています(^_^)。

ところが旅行中に200LXの液晶表示がおかしくなってしまいました。(スダレ現象)

画面にうっすらと縦線が出現して、アポイントの1ヶ月表示では、日付の区切りのマス目の縦線が消えちゃっているところもありました。文字も少し読みにくくなりました。

[ESC]+[ON]のシステムチェックで液晶表示を確認してみると、まったく正常でした。ということは、部品としての「液晶」には問題がなくて、別のところの問題です。

Img_1096 いちばん、疑わしいのは、メーンボードと液晶を接続するフレキシブルケーブルの接触不良です。フレキが断線してしまうと、はっきりした縦線の表示欠損になるのですが、今回は、かすかには表示されています。

そこで、(405)の発言に書いたのと同じ原因、つまり、接触する端子間に、綿棒の綿の繊維が一本挟まっているのだろうと見当をつけました。

しかし、旅先ですので、200LX分解工具セットを持っていません。もちろん、予備の200LXも持っていません。

しかたなく、帰国してから接点の掃除をすることにして、旅行中はガマンして200LXを使っていました。

帰国してから、200LXを分解して、フレキの接点を拡大鏡で見てみましたら、やはり数本の繊維が付着していました。接点の清掃には、繊維カスが出るような綿棒を使うのは良くありません。洗いざらしの布かティッシュペーパーを使います。

今回は、ティッシュに有機溶剤をしみこませて、接点を丁寧に拭いてから、再組み上げすることで正常に戻りました。

« (406)TalkMaster IIでのSDカードフォーマット | トップページ | (408)キンドル注文した。早く届くといいなぁ。 »

8. 200LXの修理・改造」カテゴリの記事

コメント

HP200LXを愛用しています。PDFファイルを200LXで読みたいと思い、Copyright放棄されたDOS版Readerをinvokeしてみました。すぐにCPUタイプが違うとエラーを吐いて止まります。memory zapでもして何とか動かせないのでしょうか?
母艦PCでPDFからTXTを引き抜いても図や式など巧く再現されないので結局PCでReaderとなり、移動中は印刷出力に頼らざるを得ません。
de JN1HRG
 

小谷正文 さま、コメントをありがとうございました。

私は、DOSで動くPDFビューワーの存在を知りませんでした。

さっそく、検索して、200LXに導入してみます。うまく表示できるといいんですけど、、、

結果は、ここに報告するようにします。

BlueSky

Blue sky殿
早速レスありがとうございます。
タコですが、教えてください。何でもPDBとADB に書き込むのでADBとPDBを月単位でarchiveしています。でも、分断化されているので数年分串刺しFINDするとき不便感じています。各月のDBからSubject,dateだけをextractして数年分合冊したGDBを作ってくれるDB2CSVみたいなアプリありますか? また、データベースGDBをbrowseしたときに、項目からhyperlinkのようにファイルを開くようにできますか?HTTPブラウザーを使えばよいと思うのですが、こんなこと、どなたか解決しているような気がします。 加齢とともに数年分串刺し検索の回数が増えていますのでお尋ねしました。
de JN1HRG

HP200LXのプログラムの集積場所であるS.U.P.E.Rで、「PDF」という語で検索してみましたが、アプリケーションがありません。ここになければ、200LXでPDFを表示させるアプリはないと思います。

また、googleで、「DOS,PDF,VIEWER」で検索してみて、「PSVIEW: PostScript and PDF viewer for DOS」というのを見つけましたが、「run in plain DOS on a 386 or better computer」. It was 「tested with OpenDOS 7.01, DR-DOS 7.02, MS-DOS 6.20 and FreeDOS 1.0 」とありますので、200LXの186では無理だと思います。

200LXで表示できるといいんですけどねぇ、、、、

BlueSky

TIDE16HP.EXE は各地(港)の潮汐を計算して、潮汐曲線をグラフに表示して干満の時刻、潮位を示す、潮汐予測ソフトです。

日本語化したヒューレットパッカード HP 200LX 用です。
16行表示でお使い下さい。

TIDEシリーズ(98用、J-31用、DOS/V用等)は
太陽出没時刻、薄明時刻、月出没時刻、月齢も表示しますので、 「今日の暦」としても、便利なものです。
釣り人、ダイバ-、バードウォッチャー、ヨットマ ン、海草を研究する学者、港湾工事会社、映画撮影のスケジュー ルの為、など多くの方、目的にお使い
頂いています。

TIDELXJ.EXE は各地(港)の潮汐を計算し、潮汐曲線をグラフに表示して、干満の時刻、潮位を示す潮汐予測ソフトです。
太陽出没時刻、薄明時刻、月出没時刻、月齢も表示しますので「 今日の暦」としても便利なものです。
釣人、ヨットマン、バードウォッチャー 、海草を研究する学者、港湾工事会社、映画撮影のスケジュー ルの組立、など多くの方に多目的にお使い頂いています。

この HP200LX+JKIT 版は、Stormy Petrel(MHB00073)さんの DOS/V版をもとにして、かき(JBB00575)が HP200LX+JKITに移植したものです。

港の潮汐調和定数のデータ(拡張子 TD2 のファイル)は、PC-VAN FISHING で、サポートします。

星空を表示するプログラムです。星座早見板みたいなものです。
クリップボー ドを介して観測地の座標を入力できますので、world time のデータを使って世界各地で見える星空を表示することもできます。

表示する星のデータは "YALE CATALOGUE OF BRIGHT STARS" から4.5等星までの約1000個を使っています。星の座標は2000年分点のものです。

私も滝好きの1人です。滝をテーマにした
ブログも作っているので、もしよかったら、
一度遊びにきて下さい!どうぞ宜しく!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (407)液晶表示不良の故障:

« (406)TalkMaster IIでのSDカードフォーマット | トップページ | (408)キンドル注文した。早く届くといいなぁ。 »