無料ブログはココログ

« (443)PhoneBookでDataBaseファイルの表示 | トップページ | (444)SDカードのフォーマットと、WINDOWSでの認識。 »

2010年2月23日 (火)

(A01)初心者のための200LX一括設定

(A01)初心者のための200LX一括設定

これから始める一連のAシリーズの項目では、私の200LXの設定内容について、順次説明していきます。

というのは、初めて200LXを使うのに、どのように設定したらよいかを、詳しく説明してほしいという方がいるんです。

でも、じっさいに詳しく説明するのは、非常に時間がかかるので、私の環境をそっくりそのまま再現していただいて、それについて説明していこうと思います。

私と同じ環境になっていれば、その日・その時から、即、200LXをフルに使えます。ただ、私が使いやすいように、設定をかなり変更してありますので、その設定に慣れるかどうかが問題です。(笑)

まず、こちらに12個の圧縮ファイルを置いておきます。ファイルは全体で約20メガで、圧縮して約10メガの容量です。

私の環境を再現するといっても、商用のアプリケーションを配布するわけにはいきません。

そのため、商用アプリであるVZエディターは抜いてあります。また、仮名漢字システムのカタナも抜いてあります。百科事典など各種辞典は含めておきたいところですが、商用のものは含めることができないのが残念です。

それから、jkitはフリー版のものを入れてあります。そのほかは、すべてオンラインソフトで構築されています。

この設定は、倍速4M用にしてあります。標準速の200LXの場合は、config.sysの7行目を削除してください(device=C:\biclkup31m.sysの行です)。

私のメインの日本語入力システムは、NORIさんのFEP100です。このセットに含まれるのは、私が使っている巨大辞書ではなく、配布された辞書です。あとで、ユーザー辞書の登録方法を書きますので、どんどん登録してご自分が使いやすい辞書に育てるようにして下さい。

シスマネ中や生DOSに降りたときに、カタナの代わりに使う日本語入力システムとしては、windows95のものが使えるようです。もし、現在、あらたに日本語システムを入手するとしたら、windows95のimeがいちばん現実的だと思います。詳細は、あやちさんのブログ「こばこのひみつ」を参照して下さい。http://ayati.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/hp200lx-0ef2.html

ダウンロードする圧縮ファイル:

「_DAT.lzh」をダウンロード 「BIN1.lzh」をダウンロード 「BIN2.lzh」をダウンロード 「DOS1.lzh」をダウンロード 「DOS2.lzh」をダウンロード 「DOS3.lzh」をダウンロード 「DOS4.lzh」をダウンロード 「TEMP1.lzh」をダウンロード 「TEMP2.lzh」をダウンロード 「TRAIN1.lzh」をダウンロード 「TRAIN2.lzh」をダウンロード 「TRAIN3.lzh」をダウンロード

セットアップ方法:

(1)まず、200LXで使えるSDカード、コンパクトフラッシュ、フラッシュカードなどを用意して下さい。
最低限、20メガ以上の容量のものが必要です。お勧めは1~2ギガのSANDISKのSDカードです。

(2)上記で用意したSDカードをフォーマットしておきます。必ず!200LXでフォーマットして下さい。

参考: (54)SDカードのフォーマットhttp://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/54sd_9acf.html

参考: (81)SDカードと、そのフォーマット方法http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_4471.html

参考: (406)TalkMaster IIでのSDカードフォーマットhttp://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/406talkmaster-i.html

参考: (444)SDカードのフォーマットと、WINDOWSでの認識。http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/444sdwindows-2f.html

(3)上記の12個のすべてのLZHファイルを、母艦のパソコンにダウンロードして下さい。

(4)次に、LZHファイルを解凍して下さい。解凍の仕方は、インターネットなどで調べて下さい。

(5)解凍してできたフォルダー群とファイル群を、(2)で処理したSDカードなどにコピーして下さい。コピーするときに「上書きして良いか?」と聞かれますので、OKしてください。SDカードなどにコピーされた状態で、9個のディレクトリと9個のファイルがあるはずです。

--- !重要! ---
9フォルダー+9ファイルでなければ失敗ですので、先に進めません。
その場合、この項目のコメントとして、問い合わせてください。
--- !重要! ---

--- ! よくある失敗 ! ---
よくある失敗は、解凍してできた12個のフォルダを、そのままSDカードにコピーしてしまうことです。12のディレクトリではだめです。フォルダの「中身」を、SDカードにコピーしてください。そうすれば9+9になります。
--- ! よくある失敗 ! ---

(6)そのカードを、200LXにセットしたままハードリセットをしてください。日時、時間、ユーザー登録などは、[enter]を押すことで、パスしちゃって下さい。あとで設定することにしましょう。

(ハードリセットをすると、Cドライブの内容は消えてしまいます。実験するには、予備の200LXを使うか、C:の内容を退避しておきましょう。充分注意して下さい)(退避の仕方がわからないようでしたら、質問して下さい)

Is everythng correct (Y/N)?
という表示では[Y]を押します。

これで、トップカードが表示されます。

(7)FILERキーを押すと、Aドライブの下の方に0restore.batというファイルがありるのがわかると思います。そこにカーソルを合わせて[enter]を押して下さい。

30秒くらいかかって、システムがCドライブに転送されます。

(8)この状態のまま、ソフトリセットをすれば、セットアップが完了です。(エラー表示がたくさん出ますが、気にしないで下さい。商用のアプリなどが抜いてあるためです)

(9)使い始める前に、日時などを設定しておきましょう。

Apointments,PhoneBook,NoteTaker,Database などを起動してみて下さい。私が見本で作っておいたものが読み込まれます。

次からのAシリーズの項目で、内容を詳しく説明していきます。かなり壮大なシリーズになってしまうと思います。

説明の途中で質問コメントがつけば、その質問に優先的にお答えしていくつもりです。

2010-11-30 の追加コメント

eternatie950 さんようの world.env と exkey.ini

「WORLD.ENV」をダウンロード 「EXKEY.INI」をダウンロード

「WORLD.WDB」をダウンロード 「WORLD2.WDB」をダウンロード

2010-12-10の追加コメント

非常に簡素な日本語環境を作りました。下記をご参照ください。

(A11)「素うどん」セットをお試しください。http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/a11-535b.html

(A11)「素うどん」セットをお試しください。

« (443)PhoneBookでDataBaseファイルの表示 | トップページ | (444)SDカードのフォーマットと、WINDOWSでの認識。 »

7. 200LXの操作」カテゴリの記事

コメント

はじめまして 鹿児島の ある と申します。
昔から古いモノ好きで2ヶ月ほど前にオークションで2M品(非倍速)を手に入れました初心者です。
貴ブログのありがたいソフトウエア環境シェアを実行させて頂いたのですが日本語環境などがうまく動かないのでコメントさせていただきました。
最初 圧縮を解凍したものが9ファイル9フォルダにならず困ったのですが何とかして実行するところまでこぎ着けました。一部のアプリは実行できているのでだいたい正解だと思っているのですが。。
もしお時間などあればメール等でおしえていただくこと可能でしょうか?初心者で申し訳ないのですがよろしく。

「ある」さま、コメントをありがとうございます。

私の環境を、200LX2MBで運用するのは難しいです。私自身は8MB倍速の200LXを使っています。

どうしても2MBの200LXで使いたい場合は、一部のファイルを、ディレクトリごとA:\に移動させる必要があります。

また、こちらに書き込まれたコメント(質問)に対して、メールでお返事することはありますが、あとに続く人たちの参考になるように、原則的にブログ上でお返事するようにしています。

BlueSky

2MB200LXで試してみましたら、BINディレクトリの中の、FONTX(フォント類)、JKIT(日本語表示のファイル)、KTN4(日本語入力関連ファイル)が、コピーされません。

そのため、ここにアプロードした環境は、2MBの200LXでは利用できないとお考え下さい。

時間と能力の余力があるときに、2MB用の環境をアップロードしようと思います。

BlueSky

BlueSkyさま
あらためましてはじめまして。
まさかこんなすぐにお返事やら確認やらいただけるとは思いもよらず。
とほほ 2Mでは無理なんですね、、わかりました。
(私のとっては幻のマシンがようやく小遣いで手にはいるようになったのであまり調べもせずにかってしまったんですが) 
ご無理のない範囲でけっこうです、私ごときに「light版」をご検討頂けるというありがたいお言葉だけでも。ほんとうにありがとうございます。

ある

BlueSkyさま

お世話になります。よろしくお願いしますm(_ _)m 4MB倍速の200LXを使っています。eternatie950と申します。

質問1: 12個のlzhファイルをダウンロードして解凍しました。フォルダを開くと、たとえばDOS1とDOS2では同じ名前のフォルダがあるので、そのままコピーしたのではどちらかのフォルダの中のファイル群が消えてしまいますよね。ファイルはどこまで開いてSDにコピーするのですか?9フォルダ+9ファイル以上になってしまいそうな気がするんですが…。

質問2: 今すでにapptファイルとphoneファイルをAディレクトリに作って使っています。BlueSkyさんのファイルをコピーする際には、これらの自分のファイルは、Cディレクトリに移動して、設定が済むまではCから開くようにしておけばいいですよね?

以前はオカヤシステムの日本語化キットをインストールした200LXを使っていましたが、ほかのマシンに浮気して、LXを売ってしまいました(T T) アメリカに移住して来て、Thaddeus Computingの中古を買いましたが、商用のFEPは海外には発送してくれないので、FEP100をダウンロードしましたが、ほかのソフトも含め、日本語化の設定がさっぱりわからず困っています。
どうぞよろしくお願いしますm(__)m

>そのままコピーしたのではどちらかのフォルダの中のファイル群が消えてしまいますよね。
 そのままコピーすると、二つのフォルダに入っていたファイルが、一つのフォルダの中に混在することになります。合体するということです。
 
>これらの自分のファイルは、Cディレクトリに移動して、設定が済むまではCから開くようにしておけばいいですよね?
 今までの環境は、そっくりそのまま保存しておくのがよいです。いつでも再現できるように、一枚のフラッシュカードに環境を退避しておくのがよいです。

 その上で、私の作った環境を新しいフラッシュカードにコピーして、200LXを初期化して、私の環境だけで使っていただくのがよいです。

 その環境が気に入れば、退避しておいたご自分の「apptファイルとphoneファイル」で、私が作っておいたapptファイルとphoneファイルを上書きしてしまいます。

 もし、私の環境が気に入らなければ、退避しておいたご自身の環境を、200LXを初期化してから、元に戻せばよいです。それで元通りになります。

 もし、フラッシュカードが1枚しかないなら、退避しておいた環境を母艦に保存して、フラッシュカードを初期化して使うのがお勧めです。

 最初からapptファイルとphoneファイルを混在させるのは、不具合が起こったときに元に戻すのが難しくて、危険性があると思います。

 いつでも元に戻せるようにしておいて、実験するのが最もよいやり方です。

 ご自身の環境の退避と復元については、このブログを0backu.batと0restore.batで検索してみてください。簡単にバックアップして、簡単に復元できる方法を書いておきました。

 BlueSky

BlueSkyさま
さっそくのレスどうもありがとうございました!
(アメリカ在住なので)サンクスギビングのための親戚縁者の集結に行っていたため、お返事が遅れました。
1.0restore.batはブログ内で見つかりましたが(しかしどのページが自分に適しているのかまだよくわかりませんが…)、0backu.batのほうは、ヒットしません。
2.それから、カードのフォーマットですが、私の使っているのはCFカードですが、SDカードと同じ初期化の方法で良いのでしょうか?
たびたびすみません。どうぞよろしくお願いしますm(__)m

BlueSkyさま

補足です。
カードは1枚しか持ってないので、母艦にバックアップすることになりますが、自分のapptもphoneもAディレクトリに置いてるので、C→Aのコピーは必要ありません。…よね?
今見ると、Cにはconfig.sysさえなくて、もとからある_DATと、LogExpressで見るためにフォントがおいてあるだけです…
Aディレクトリの母艦へのバックアップは、普通にコピーすれば良いわけですか?たとえばmemoファイルを印刷するために母艦に移す時にはただコピーしてるだけなんですが、ディレクトリ全体の場合もそれで良いのでしょうか?

よろしくお願いしますm(__)m

すみません、さらに補足ですm(__)m

母艦からカードにAディレクトリを戻すときには、ただのコピー…ではいけない気がしてきました。
どうなんでしょうか?
DOSのコマンドには弱いんですが…
母艦はWindows Vistaです。

順不同でお答えします。

(1)母艦へのバックアップというのは、何かの事故でc:ドライブの内容と、a:ドライブの内容を失ったときに、元に戻せるようにということです。
通常は、c:の全内容をa:にコピーしておいて、そのa:であるCFカード200LXの内容を母艦にコピーします。
逆方向の復活の場合は、母艦→CFカードに戻して、さらにCFカードの中から必要なファイルをC:に戻します。
このコピー方法は、通常は、windouwsのコピー機能でOKです。

200LXのc:とa:を母艦に退避して、それを元通りに復活できるようになれば、いつでも200LXとCFカードを初期化してしまってよいはずです。
しかし、この手順に不安があるようなら、あえて危険を冒して私の環境を導入する必要はないように思います。

(2)CFカードの初期化は、SDカードと同じ方法でOKです。
しかし、もっと簡単には、CFカード内の全部のファイルを、母艦の適当なフォルダに「移動」すればOKです。
移動することで、CFカードの中のファイルはなくなりますので。

(3)0restoreと0backupのことですが、今回のセットの中に入っています。
これを取り出すには、本文に書いたように(A)12個の圧縮ファイルを母艦にダウンロードして、(B)母艦の中で解凍して、(C)母艦の中にあらたに一つディレクトリを作って、(D)そのディレクトリを本文で書いたSDカードと見なして、そこの中にコピーします。9つのファイルの中に0restoreと0backupが含まれています。

(4)その9ファイルを、CFのルートディレクトリにコピーしておいて、200LXの上で0backupを行えば、c:の内容がa:にコピーされます。こうすることで、オリジナルのc:内容がa:\tempというディレクトリにコピーされます。その状態で、CFを母艦にコピーしておけば、200LXとCFの内容を失っても、0restoreで復旧できます。

(5)SDカードと見なして、母艦に新たに作ったディレクトリの中の9フォルダと9ファイルを、そっくりそのままSDカードにコピーすれば、本文で書いたような9+9をCFにコピーすることになります。
(これは、ひと手間増えるやり方ですがよい方法です)

以上の手順で理解できないことがありましたら、また、ご質問ください。

それでも不安なら、危険を冒して私の環境を使うよりは、いままでご自身で構築した環境を使っていくのがよいです。
私の環境がベストというわけではありません。200LXの設定は、百人いれば百様あります。その百様のすべてが、その人にとってのベストの環境です。

BlueSkyさま

レスどうもありがとうございます!!!
これで何も不安はなくなりました!
(こちらは今は真夜中12時なので)明日になったらBlueSkyさんのを導入します。
もともと買ったときはカードもCディレクトリもまっさらだったのだし、apptとphoneのバックアップさえわかればOKです。
200LXで日本語が使えないと、価値が半減以下なんです。大学で日本語を教えてるんですが、学生にちょこちょこっとコメントを書くのに、いちいちPC(ラップトップとはいえ)を持ち歩かなければならないのは大変です。小柄な女ですし。LXならハンドバッグに入れらるのでとても良いです。
うまくいったら(いかなくても)また報告します!
もしキー設定が不便で、変えたくなって、exkeyの設定方法がわからなくjなったらまた教えてくださいねm(__)m

>これで何も不安はなくなりました!
 はい、重要なことはご自身が作ったファイル(apptとphone)をしっかりバックアップしておくことです。
 バックアップしてあって、いつでも元に戻せるなら冒険できます。

>もしキー設定が不便で、変えたくなって、exkeyの設定方法がわからなくjなったらまた教えてくださいねm(__)m
 了解です。

 そのほかに入手したいアプリケーションなどあればご相談下さい。ほかの方たちと同じように、メールに添付してファイルをお送りします。

 (前回の私のコメントに誤字がありましたので、わかりやすいように、表現を少し変更しました)

できましたっっっ\(^o^)/
BlueSkyさま、感謝感激ですっっっ
キー設定も今のところ不便を感じていません。
とにかくうれしくてうれしくて。
文字も全体的に骨太になった感じ。
これからユーザ辞書を育てていくことにします(^^)
ありがとうございましたm(__)m

おお、よかったです。\^o^/

何か問題があれば、また、コメントつけてください。

なんにしても、バンザーイっ \^o^/

BlueSky

P.S. folomy のほうに質問があがっていたのは、気づきませんでした。あのシステムは、私にとってちょっと使いづらいので、あまりコメントをつけていません。

私の環境で使っていただいて、何か問題とかご要望があれば、わりと簡単に対応できます。自分が作った環境ですので、隅から隅までわかっているからです。

ほかの方が作った環境で、不具合が発生した場合、「どのような不具合なのか」がある程度わかっても、「どのような環境なのか」ということがよくわかりません。

そのため、(相談されても、)不具合を解決するには、10倍以上の手間がかかります。結局は解決できないままになってしまうことが多いと思います。

200LXでどのように環境を構築するかをいろいろ工夫するのは楽しいことではありますが、手っ取り早く「使いたい!」というなら、だれかの環境をそっくりそのまま導入するのが近道です。ご自分で環境を構築するよりも、100倍も楽です。

私の環境をここにアップしてあるのは、そういうつもりがあるためです。

BlueSky

folomy での一連の発言を読ませていただきました。

その感想ですが、パソコンに強くない人、とくにDOSに強くない人が、200LXの設定をするのは、非常に難しいと思います。

200LXを存分に使っている人たちは、自分ができたから、「がんばればだれでもできるよ」って考えがちです。

オリンピック金メダルの選手に聞けば、日々努力してたゆまず練習すれば、だれでもオリンピックに出られるくらいのことをいうと思います。でも、じっさいはそうじゃない。

200LXの設定に関していうと、私は「かなり難しい」と思います。しかも、資料がなくて、海外在住だと、日本語が使える環境を自力で設定するのは、ほとんど無理だと思います。

むしろ、200LX以外のPDAを使う方が、手っ取り早くてず~っと楽です。

自分で設定できないのに、それでも200LXを使いたいなら、うまく使っている人の設定を、そっくりそのまま使わせてもらうのがよいです。

問題なのは、「苦労して環境を設定する」ことじゃないです。「200LXという便利な道具を、自分の生活の中で活用する」ことです。いいとこどりすればいいんです。

私の周囲で、私の環境を使っている人には、いままでも、できるかぎりのフォローをしてきました。その方針は今後も変わりません。

さっそくですが、教えてください。
World Timeが開きません。シスマネで選択すると、Cannot open fileとなります。ファイラーで見ると、DディレクトリのSYSにworld.datがあります。該当するファイルはこれじゃないかと思うんですが、これを開くためにはどうしたらいいですか?同じSYSにあるtopcard.pcxは表示されてると思うんですが(シスマネを終了すると出る絵ですよね)、なんでWorld Timeは読んでくれないんでしょ?
世界地図が出て、今いるところと前の家のあるところが同時に見られて、時差もわかる…ので結構好きなんです。
よろしくお願いしますm(__)m

次から次へすみませんm(__)m
MOREキーを押すと、まず最初にSSMLXのアプリたちが表示されますが、内蔵のMore Applicationsを最初に表示するようにするにはどうしたら良いですか?
それからSSMLXのアプリで、押しても表示しないものは商用のなんですよね?これらはアイコンを消してしまってもいいですよね?
システムマクロとかExkeyの設定などで、ただ削除すると不具合の出るものはありますか?
よろしくお願いしますm(__)m

folomyでの発言へのフォローどうもありがとうございますm(__)m
ベテランの方の環境をそっくり真似したかったんですが、誰も教えてくれなくて、config.sysもautoexec.batもその他のコマンドも何もわからなくって、途方に暮れていました。
だから、BlueSkyさんのブログに出会えて本当に感謝です。
日本語の使えるPDAらしきものとしては、富士通FMVの小さいのを日本から持ってきていましたが、Windows Vistaが入っていて、A6くらいのサイズだと実に使いにくくて(重いし、のろいし、で)、訪ねてきた父に譲ってしまいました^^;)
こっちにいると、その他日本語の使えるPDAもまるっきり買えません。日本に行く資金もないし(/_;)
それに、やっぱりLXを超えるマシンはない、と思うこの頃です。インターネットができない、カラー表示でない、なんてどーってことないです。あとは、バックライト…ですね。
これからもよろしくお願いしますm(__)m

>さっそくですが、教えてください。
 了解

I.
>World Timeが開きません。
了解です。

World Timeがどのファイルを開くかは、c:\_dat\world.env というファイルで指定しています。

>DディレクトリのSYSにworld.datがあります。

>これを開くためにはどうしたらいいですか?
 200LXのmemo で、world.envを読み込んで、d:\sys\world.wdb と書き換えてやる必要があります。

 この作業ができなければ、「できない」とコメントしてください。world.envをメールに添付してお送りします。

II.
>MOREキーを押すと、まず最初にSSMLXのアプリたちが表示されます
>内蔵のMore Applicationsを最初に表示するようにするにはどうしたら良いですか?
 (1)内蔵のMore Applicationsは、[alt]+[more]でイッパツで表示されます。
 あるいは、(2)smmlxが表示されているときに、もう一度[more]を押します。

 この使い方に慣れないのなら、変更する必要があります。

 (1)と(2)を規定しているのは、c:\bin\exkey.ini です。
 この10行目の
{more}=ナンタラカンタラ
 の行頭に;をつけて
;{more}=ナンタラカンタラ
 としてやります。
 この作業は、200LX上ではmemoで行います。

>それからSSMLXのアプリで、押しても表示しないものは商用のなんですよね?これらはアイコンを消してしまってもいいですよね?
>システムマクロとかExkeyの設定などで、ただ削除すると不具合の出るものはありますか?
 そのまま消してしまって、何も問題は起こりません。

-----------------------------

以上の「200LX上ではmemoで行う」という2つのことが、200LX上でやりにくければ、windowsのパソコンの上行います。その方法も書いておきます。

CFのtempディレクトリには、c:\の環境が入っています。これらは、ちょうど鏡像のような関係です。

そこで、CFを母艦に挿入しておいて、CFのtempディレクトリの中にある、上記のファイルをwindowsの「メモ」にドラッグします。そしたら「メモ」で修正が可能です。

修正し終わったCFを200LXに挿入して、0restoreをします。すると、a:\tempの内容がc:\に送られます。

こうすることで、鏡の中の像を修正してから、その像を実物に置き換えるわけです。

----------------------------

これらができなければ連絡してください。修正したものをメールに添付して送ります。(私がすれば1分もかからない作業なので)

私の環境を使ってフォローを受けるというのは、そういうことです。

私がちょこっと修正して、メールに添付して送れば、修正とか改造は、簡単に処理できるということです。

メールアドレスが書いてないので、添付ファイルとして送れません。

修正した2つのファイルを本文にアップしておきますので、置き換えてください。

置き換えたら、ソフトリセットすることで、新しいファイルが200lxシスマネに読み込まれます。

BlueSky

問題です!

その1. MEMOのSave画面で、Save File Asに行くとき、ALT + A を押すと何かの辞書ソフトが立ち上がってしまうので、TABを何回も押して行かなければなりません。ALT + Aの設定を解除して、元に戻すにはどうしたら良いですか?(ALT + Dでディレクトリを選ぶボックスに行くのはちゃんとできます。)

その2. 同じくMEMOのSave画面ですが、Save File Asのボ ックスがハイライトされているときはファイル名を入力すると自動的に拡張子. DOCが付加されるはずですが、そうなりません。F10を押すと、Fi le Writing Errorになって、リセットしないと抜けられません。そして、. DOCを手入力しないとファイルをセー ブできません。これも元通りにしたいです。

教えてください。よろしくお願いしますm(__)m

ちなみに、この書き込みの原稿はLXで書きました!

やってみたことをひとつずつ書きます。

>>200LXのmemo で、world.envを読み込んで、d:\sys\world.wdb と書き換えてやる必要があります。

memoで書きかえるのはできます。
しかし、d:\_sysにあるのはworld.datなので、やはりcannot open fileになります。
world.envをd:\_sys\world.datにしてもやっぱりだめでした。
何がいけないのでしょうか?
確かに、以前、world.wdbという名前のファイルを見た記憶がありますが、今それはどこにも見当たりません(/_;)

調子出てきたようですね。(笑)

>その1. MEMOのSave画面で、Save File Asに行くとき、ALT + A を押すと何かの辞書ソフトが立ち上がってしまう
 私は[menu]→[f]→[a]と押しています。
 [ALT + A]だと同時に2keyを押さなければならないので、それよりも3ストロークのほうが使いやすいためです。

 [ALT + A]は「光の辞書」に設定しています。
 smmlxの画面で「辞典」というアイコンの「Hikaru」を削除してください。

>その2.自動的に拡張子. DOCが付加されるはずですが、そうなりません。 これは、[memo]の設定です。
 [memo]で、[menu]→[option]→[setting]とたどって、
 Default file extension のボックス内を[*]ではなく
 [doc]に変更してください。

 こうすることで、memoで扱うファイルのデフォールトがdocになります。

 BlueSky

More Applicationsを最初に表示することはできるようになりましたが、exkey.iniのセミコロンひとつのために、FILERキーではfilerが、QUICKENキーではQuickenが開くようになってしまい、日本語入力ができなくなりました。
これについて、ご指示いただけるまで、またセミコロンは消して、日本語入力できるようにしておきます。

…と書きましたが、セミコロンを消しても直りません。セミコロンを入れたために他のところも書き換わってしまったのでしょうか???

>>200LXのmemo で、world.envを読み込んで、d:\sys\world.wdb と書き換えてやる必要があります。

>memoで書きかえるのはできます。
すみません。world.wdbがないので、読み込まれないのですね。

>確かに、以前、world.wdbという名前のファイルを見た記憶がありますが、今それはどこにも見当たりません(/_;)
 以前の環境を母艦にバックアップしてあるはずですが、以前の環境の中のc:\_dat の中にあります。

 そのworld.wdbを現在の環境のc:_datに持ってこれれば、そうしてください。できなければ、こちらから送ります。

 その上で、world.envを読み込んで、c:\_dat\world.wdbと書き換えます。

 その後、やはりソフトリセットが必要です。

BlueSky

日本語入力はALT + 0でできますね…
まぁ、これが本来なので、それでも良いですけど…
でも、なんでセミコロンを入れて、消しただけなのに設定が変わってしまったのか、知りたいし、悔しいです。

>セミコロンを入れたために他のところも書き換わってしまったのでしょうか???
おそらく、ほかのところも書き換えてしまったのだと思います。

 ブログからダウンロードした状態のexkey.iniを得られれば、もう一度、セミコロンを入れてください。

 いや、この項の本文の一番下に修正したexkey.iniを置いておきましたので、それをダウンロードすれば事足ります。

 BlueSky

>>そのworld.wdbを現在の環境のc:_datに持ってこれれば、そうしてください。できなければ、こちらから送ります。

すみません、送ってくださいm(__)m
日本語化ができたときに、はやまって母艦へのバックアップを消してしまいました(+_+;;)\バキ

>> [ALT + A]は「光の辞書」に設定しています。
>> smmlxの画面で「辞典」というアイコンの「Hikaru」を削除してください。

削除して、ソフトリセットもしましたが、やっぱり何かの辞書ソフトが立ち上がります。(「辞書データが見つかりません。何かキーを押してください。」とのアラートが出ます。)
何かほかの項目を削除する必要がありますか?

こっちは午前3時になりました…とりあえず寝ます…

>こっちは午前3時になりました…とりあえず寝ます…
はい、お休みなさいです。

world.wdbは、本文の一番下にアップロードしておきました。オマケに大拡張版のworld2.wdbもアップロードしておきました。こちらは、各地の気象データ(平均気温とか年間雨量とか)などが入っています。あと、日本の地名がたくさん入っています。私が通常使っているものです。

[hikaru]がうまく削除できないなら、c:\_dat\の中のmoreexm.iniファイルの11行目にある
a:\ww\hikaru.exmナンタラの行を削除してください。
これで完全削除です。

あとでリセットを忘れずに

BlueSky

おはようございます。午前7時です。(息子を中学校へ出すために毎朝6時に起きます。)

world.envをc:\_dat\world.wdbと書き換え、world.wdbをc:\_datに置き、ソフトリセットをしましたが、やっぱりCannot open file です…

>>a:\ww\hikaru.exmナンタラの行を削除してください。
>>これで完全削除です。

こっちは直りました。

>>この項の本文の一番下に修正したexkey.iniを置いておきましたので、それをダウンロードすれば事足ります。

ありがとうございます。これも直りました。
ALT + 0 も生きてるんですね!

>>こうすることで、memoで扱うファイルのデフォールトがdocになります。

はい、なりました。

あとはとにかくWorld Timeです!
world2.wdbも使ってみたいです。(こっちを使うときは、またworld.envを書きかえるんですね?)

Aディレクトリの中のTRAINフォルダの中身は、商用アプリ関連のものだと思うんですが、このフォルダごと削除してしまうと何か不具合が起きますか?

また、他に商用アプリ関連で、使わないファイルなど、ありますか?(WWフォルダの中のhikaru.exmとかhikaru.icnなんかどうでしょうか?)

カードの空きスペースをできるだけ増やそうとしています…。64MBなんで、まだまだ大丈夫なんですけど。

いろいろやると、けがして危ないよ、という場合は止めてください^^;)(TRAINを読み込んだり起動したりするコマンド(?)もどこかのファイル中で消すとリセットのときのエラー表示が少なくなるんでしょうけど、手出ししたら危ないですよね。)

>おはようございます。午前7時です。
 えっ、4時間しか寝てないじゃん。
 すごくタフなママさんだな~。(^^)

>world.envをc:\_dat\world.wdbと書き換え、
>world.wdbをc:\_datに置き、
>ソフトリセットをしました
 そうです。それでOKです。

>やっぱりCannot open file です…
 困ったな。たぶん、何かの文字が1文字違っているのだと思います。
 ここの本文からダウンロードしたworld.envとworld.wdbを使ってみてください。

 それでもだめなら別の方法(次のコメントで書きます)を考えます。

>world2.wdbも使ってみたいです。
>(こっちを使うときは、またworld.envを書きかえるんですね?)
 使う方法は2つあります。
 一つは、(1)world.envを書き換えずに、world2.wdbをrenameして、world.wdbにします。
 もう一つは、(2)world2wdbのままで、world.envのほうを書き換えます。
 私はやってみたことはないけど(スンマセン)、どちらの方法もOKのはずです。

BlueSky

さて、究極の方法です(笑)。

(1) CFを抜いておいて、200LXをハードリセットしてしまいます。
ハードリセットするのですから、c:\は蒸発してしまいますよ!

(2) ハードリセットしてからシスマネが立ち上がった状態で、c:\_datにworld.env と world.wdb ができています。これがパーフェクトなworld.env と world.wdb のセットです。

(3) この状態で、CFを挿入して(挿入するときは200LXの電源を切ってください)、a:\temp\_dat のディレクトリに、world.env と world.wdb をコピーします。(鏡像のほうを変えるわけです)

(4) 再度、ハードリセットしてから0restoreします。
こうすることで、鏡像のほうから、200LX本体のc:\に必要ファイルを送ります。つまり実像が完成する。

(5) 再度、ソフトリセットします。
これで、完成した実像(c:\のこと)が実働します。

注意! ハードリセットすることで、c:\ は消えてしまうのですから、必要なファイルを消さないように、充分注意(バックアップ)してください。

BlueSky

>Aディレクトリの中のTRAINフォルダの中身は、商用アプリ関連のものだと思うんですが、
>このフォルダごと削除してしまうと何か不具合が起きますか?
 商用アプリではありません。私は商用アプリを公の場所にアップロードするようなことはしません。

 フォルダごと削除しても不具合は起きません。そうえいば、アメリカにいるのならtrainは不要ですね。(笑)

>(WWフォルダの中のhikaru.exmとかhikaru.icnなんかどうでしょうか?)
 これも、実際に辞書ファイル(←こちらは商用ファイル)がないのですから、あってもムダですね。削除して構いません。

 200lxbrg.ndb なんかも要りませんね。このブログの過去ログです。

 binの中のvzdocやvzmacroも要りませんね。vz.def、dodo.def、toolset.defも不要です。

 あとは~、、pkunzip pkxarc rdisk server sioibm htox ish blu cat add.def add.den apto.def atok8fix なんかも要らない。

 そのほかに、18ドット以上のフォントファイルも要らない。win*.fntの8つのファイルのことです。

>(TRAINを読み込んだり起動したりするコマンド(?)もどこかのファイル中で消すとリセットのときのエラー表示が少なくなるんでしょうけど、手出ししたら危ないですよね。)
 リセットの時だけの問題だから、放置しておいて良いと思います。
 整理するの、面倒ですし、、、

BlueSky

「究極の方法」でWorld Time復活です。
>>ここの本文からダウンロードしたworld.envとworld.wdbを使ってみて
もダメだったんで、「究極の方法」がうれしかったです。どうもありがとうございます!
なんでできたんかまるでわかんないですけど、できました!!!\(^o^)/

おかげさまで、とっても使いやすくなりました。

>>そのほかに、18ドット以上のフォントファイルも要らない。win*.fntの8つのファイルのことです。

これって、どこにありますか?
(そんなこと言えば、フォントファイルたち、どこにあるのかまったく探せていない…。ファイラーの中を見るにつけ、自分ではこの設定は 糸色 文寸 にできなかったと思い知ります。)

Appointmentの入力画面で、アラームの必要がない時はEnabledのチェックをはずしたいんですが、ALT + B するとBattlogが立ち上がります。
FindでALT + P するとPreviousではなくPJT2になります。
これらを解除して元に戻すにはどうしたら良いですか?

>「究極の方法」でWorld Time復活です。
>なんでできたんかまるでわかんないですけど、
 ハードリセットすると、自動的に生成されるように設定されています。
実際には、ROMのどこかに圧縮されているものが、展開されるのだと思います。
そのメカニズムは追求したことがありません。

>win*.fntの8つのファイルのことです。
>これって、どこにありますか?
 a:\bin\fontx の中を探してみてください。

>ファイラーの中を見るにつけ、自分ではこの設定は 糸色 文寸 にできなかったと思い知ります。)
 200LXは、とても柔軟性のある道具です。それこそ(PDAとしては)「なんでもできる」と言っても良いくらいです。

 しかし、設定のハードルが高いんです。私の環境が200LXを使ってみたいという方のお役に立てばうれしいです。

>ALT + B するとBattlogが立ち上がります。
>FindでALT + P するとPreviousではなくPJT2になります。
>これらを解除して元に戻すにはどうしたら良いですか?
 c:\_dat\moreexm.ini の12行目あたりの
a:\exm\battlog.exmナンタラ
 の行と、
 26行目あたりにある
a:\pjt\pjt2.exmナンタラ
 の行を削除します。

smmlx のアイコンも削除してしまうほうがさっぱりすると思います。

アラームサウンドの情報をアップしたので、私のコメントをお読みになってください。(ココログシステムの不具合のために、最新コメント」の蘭に表示されていませんが)

BlueSky

>>の行を削除します。

はい、できました。
ありがとうございます。

>>smmlx のアイコンも削除してしまうほうがさっぱりすると思います。

いえいえ、これはダメです。
SystemMoreMenuの画面に行けなくなりますもん。
それとも、More Applicationsのほうに、SystemMoreMenuに登録されてるアプリたちを表示させることってできるのでしょうか?
More Applicationsのほうには、決して使わないアプリ+アイコンがあります。Data Commとか、LapLink Remoteとか、cc:Mailとか。DemoとGameが消えてるのはうれしいです。これら使わないアプリのアイコンは楽に消せますけど、本音を言うと、プログラム自体も消したいですねぇ…(危ない、危ない、けがするぞ~~~)

>>smmlx のアイコンも削除してしまうほうがさっぱりすると思います。
>SystemMoreMenuの画面に行けなくなりますもん。
 表現が悪かったです。すみません。(_O_)(ぺこり)

「smmlx のアイコンも削除」→「smmlx の上の不要のアイコンも削除」
ということです。

>それとも、More Applicationsのほうに、SystemMoreMenuに登録されてるアプリたちを表示させることってできるのでしょうか?
 できることはできますが、登録制限があります。数個しか登録できません。
 その制限の個数以上に登録するために、smmlxを使う必要があるのです。

>これら使わないアプリのアイコンは楽に消せますけど、
 消せるものと消せないものがあります。

>本音を言うと、プログラム自体も消したいですねぇ…(危ない、危ない、けがするぞ~~~)
 「more」に登録されているプログラムを別のプログラムに置き換える方法がないわけではないのですが、私がトライしてもうまくいきませんでした。
 お勧めはしません。

BlueSky

>>200LXの設定は、もう、だいたい落ち着いたようですね。(^_^)

いいえ、まだまだ^^;)

Appointment入力画面で、ALT + Cをすると、Locationには飛ばず、Descriptionにカーソルがあるときは現在入力されているものがコピーされ、Start TimeにあるとNoneになり、Start Dateにあるときは一瞬消えて、戻った時はそのままです。Locationに行くようにしたいので、よろしくお願いします。

同じ画面で、ALT + Dも。

要するに、元と変わっているところは全部元に戻したいのでよろしくお願いします!

それから、青いAPPTキーを押して立ちあげると、一瞬6か月カレンダーが表示されますが、これはなぜ?シスマネのAppointmentsのアイコンを押して立ちあげるときはスムーズです。青いキーからのたち上げでも6カ月の一瞬表示をしないようにしたいのですが。

これらは、以下の設定の行を削除してください。

>ALT + C
変更するべきは、C:\BIN\EXKEY.INIです。
24行目あたりの
{Alt+c}=ナンタラの行

もひとつ、c:\_dat\moreexm.iniの
12行目あたりの
a:\exm\clipfold.exmナンタラの行です。

ついでに、smmlxの「ClipFold」というアイコンもDeleteしてください。

a:\exmというフォルダの中のclipfold.exmというファイルと、clipfold.iniも不要です。

>一瞬6か月カレンダーが表示されます
C:\BIN\EXKEY.INIの10行目あたりの
{Appt}=ナンタラの行を削除

>ALT + D
こちらは、c:\_dat\moreexm.iniです。
13行目あたりの
a:\mandara\todo.exmナンタラの行です。

ついでに、smmlxの「Todo」というアイコンもDeleteしてください。

a:\mandaraというフォルダの中の各ファイルも不要です。
todo2.icn, todo.doc, todo.exm, todo.icn, tutorial.tdb, lesson26.tdb, linguaph.tdb, readme.doc

あ~~~
a:\exmというフォルダの中のclipfold.exmを削除したつもりだったのですが、2番目にclipfold.iniを削除した後、まだあるんです!私は何を削除してしまったんでしょう???
clipfold.docのすぐ上にあった2つのファイルを削除して、そのうち一つはclipfold iniだったんですが…。clipfold.docの下に、clipfold.exmがまだあるんです…。(clipfold.docもいりませんよね。)

>clipfold.exmがまだあるんです…。
同じ作者のものだと思いましたが、clipfoldとclipholdがあるんです。
 とりあえずどちらも不要です。

 必要になったら、また、ダウンロードすればいいだけですから。

 BludSky

smmlxの中のMandala(9)というアイコンはどうですか?必要ですか?

>>a:\mandaraというフォルダの中の各ファイルも不要です。
mandaraというフォルダが見当たらないんですが…(mandalaというのも)。削除した覚えもないです…。

引き続きAppointmentの入力画面ですが、
ALT + 何か で移動した後、そこからまた ALT + 何か で別のところに移動することができないです。
どうしたらいいですか?

へるぷ!です。
EXKEY.INIをいじったとき、何か余分なものを消しちゃったみたいです…
QUICKENキーでファイラーを、FILERキーで日本語入力画面にすることができなくなりました(/_;)

バックナンバーを読んでいましたら、
(142)テキストの桁折整形
にclipfoldのことが書いてありました。
便利そうなプログラムなんですが…削除するご指示をいただいたのは、私の環境では何らかの邪魔になるからなんでしょうか?


>smmlxの中のMandala(9)というアイコンはどうですか?必要ですか?
ノートテイカーに似ているアプリケーションです。思考を助ける道具です。不要です。

>mandaraというフォルダが見当たらないんですが…
 だったら、気にしないでよいです。

>ALT + 何か で移動した後、そこからまた ALT + 何か で別のところに移動することができないです。
 想定外の動作です。何が問題なのかわかりません。
 しばらく考えてみます。

>へるぷ!です。
>EXKEY.INIをいじったとき、何か余分なものを消しちゃったみたいです…
>QUICKENキーでファイラーを、FILERキーで日本語入力画面にすることができなくなりました(/_;)
 (1)exkey.iniそのものが読み込まれていないのかも知れません。
 その場合は、再度、ソフトリセットをしてみます。

 あるいは、(2)ほんとうにexkey.iniの一部が壊れたのかも知れません。

 もし、ファイルを「削除」しちゃったなら、「ゴミ箱」に残っている可能性があります。私のシステムの「ゴミ箱」は、1. c:\finder\trashと 2. a:\temp\finder\trash1 と 3. a:\temu\finder\trash2 です。これらの中を見てみてください。

 その場合は、バックアップから復活させて、不要な部分の削除を繰り返すしかありません。

>clipfoldのことが書いてありました。
>便利そうなプログラムなんですが…
 はい。200LXを日本語で使う場合、非常に便利なプログラムです。
 むしろ必須ともいえます。

>私の環境では何らかの邪魔になるからなんでしょうか?
 [Alt+c]に設定してありますが、この設定を変更するのがけっこう面倒です。そのため、eternatie950 さんが必要になってから設定すればよいと考えました。

 [Alt+c]ではなく、「Alc+何かのキー」に設定すればよいのですが、「何のキーに設定するかを決めなければなりません。eternatie950 さんが通常使わないキーを考え出したら、そのキーに設定しましょう。

BlueSky

>> (1)exkey.iniそのものが読み込まれていないのかも知れません。
>> その場合は、再度、ソフトリセットをしてみます。

ソフトリセットしてもやっぱりダメでした。

>>通常使わないキーを考え出したら、そのキーに設定しましょう。

ALT + Q ってのはどうでしょう?これなら片手で2つのキーを押せますから。

ゆうべ以来のexkey.iniを以下にアップしますので、見て(そして直して!)いただけますか?よろしくお願いしますm(__)m

(以下の記載内容はBlueSkyが編集削除しました)

>exkey.iniを以下にアップしますので、見て(そして直して!)いただけますか?よろしくお願いします
 全体を見ましたが、修復不能なほど変形しています。

 新しくダウンロードしたものから、(いままでのここのコメントを読み返しながら)不要な行を削除するようにしてください。

 修正するよりもそのほうがずっと早いです。

>ALT + Q ってのはどうでしょう?これなら片手で2つのキーを押せますから。

 でしたら、c:\_dat\moreexm.ini の
a:\exm\clipfold.exm,2E00,1,ClipFold
 を
a:\exm\clipfold.exm,1000,1,ClipFold
 と書き換えてください。

 そのうえで、a:\exm ディレクトリにclipfold.exm を置いてください。clipfold.icnもあるほうがよいです。

 これで、smmlxにアイコンがなくても、alt+qでclipfoldが機能します。

 (もちろん、smmlxに登録すればアイコン表示されます)

BlueSky

あるいは、filer.iniをシンプルにしてしまって、
以下のようにするだけでもよいです。
これだったら、面倒がないです。

-----------------------
;200LX用
{Prtsc}={Null}
[COMMAND]p
{~}={F10}{Enter}
;---これ以降がシスマネ---
[100]
{Filer}={Wait1}{!$1}{Alt+F8}{Wait27}13{Jump$2}{$1}{Filer}{$2}
{cc:Mail}={Alt+0}
-----------------------

BlueSky

>>filer.iniをシンプルにしてしまって

これはどういったことをする方法ですか?
たぶん簡単なほうがいいんですけど、何をしているのかわかってからしたいもので。
すみません、よろしくお願いします。

200LX用
{Prtsc}={Null}
[COMMAND]p
{~}={F10}{Enter}
 がおまじない。

Filer}={Wait1}{!$1}{Alt+F8}{Wait27}13{Jump$2}{$1}{Filer}{$2}
 ファイラーを押したときに、ファイラーが表示されるか、あるいはs-finderが教示されるかを自動判別

{cc:Mail}={Alt+0}
 区一件キーを押したときに日本語入力fep100起動

BludSky

いろいろやってみてますが…(シロウトがいろいろやるなって(,_'☆\ バキ)

1. .adbとか.pdb、.ndbといったデータベース系のプログラムで、下線がついてるアルファベットはALT + その文字 でそのフィールドに飛べるというアタマから抜けられず、やっぱりデフォがいいな、なんて思うようになってきています。今は飛べなくて、いろんな別のソフトが立ち上がります。私が普段使いたいソフトは今のところ限られてるので…

2. Filerの起動はFILERキーがわかりやすいので、日本語入力は ALT + 0 でいいです…
clipfold.exmとclipfold.icnは入れ直し、moreexm.iniも書き直しました。

3. でも!QUICKENキーのところにNote Takerを登録したいです。BlueSkyさんのように日誌をNote Takerにつけるようにしたら便利なことがわかったので。

とってもすみませんが、以上のような感じで私用の.iniファイルたちを作っていただけませんか?
どうぞよろしくです!m(__)m

>今は飛べなくて、いろんな別のソフトが立ち上がります。私が普段使いたいソフトは今のところ限られてるので…
>下線がついてるアルファベットはALT + その文字 でそのフィールドに飛べる
 これらは、c:\_dat\moreexm,iniと, c:\_dat\smmlx.mnuで規定しています。
 修正するには、立ち上がってしまうソフトを、つぎつぎに、smmlxから削除すればよいです。
 そうすれば、そのソフトが立ち上がらなくなります。

>3. でも!QUICKENキーのところにNote Takerを登録したいです。
 私のオリジナルの設定では、[memo]を2回押すことでNote Takerが起動するようになっています。
 同じキーを2回押すというのは、2つのキーを同時に押すのと違って、使い勝手がよいので、そのように設定しています。

 もし、「QUICKENキーのところにNote Taker」としたいのでしたら、exkey.ini で登録すればいいです。

-----------------------
;200LX用
{Prtsc}={Null}
[COMMAND]p
{~}={F10}{Enter}
;---これ以降がシスマネ---
[100]
{cc:Mail}={Notetaker}
-----------------------
 とすれば、ご希望のセッティングになります。

>以上のような感じで私用の.iniファイルたちを作っていただけませんか?
 「私用」の仕様がキッチリ決まっているなら、iniファイルたち(
exkey.ini, apname.lst, moreexm,ini, smmlx.mnu のこと)を作るのは、難しくありません。

 しかし、ばくぜんと「私用」というだけでは、どんな機能が「私用」なのかがわかりませんので作れません。「以上のような『感じ』」というだけじゃあ作れないですよ。

 「私用」の『仕様』を決めるのは、非常に非常に難しいです。
 いろんな項目について、箇条書きで書いていただく必要があります。

 あまりに難いことなので、私自身、「自分用の仕様」を書き出すことができません。それくらい難しいことです。

 もし、eternatie950さんのご希望どおりに作ってさし上げたとしても、そのあとで、「あれをこう直して」「この機能をつけて」「このソフトもいれて」という希望が、つぎつぎに出てきて、収拾がつかなくなるだろうと思います。

 BlueSky

>>。「以上のような『感じ』」というだけじゃあ作れないですよ。

そうですよね。

地道にsmmlxを変更していくことにします。
いつまでかかるかなぁ…
途中でまたファイルを壊しそう…

>>私のオリジナルの設定では、[memo]を2回押すことでNote Takerが起動するようになっています。

これは変えてないはずなんですけど、私のマシンでは、Memoが立ち上がってピッと鳴るだけです。
やっぱりNoteTakerはexkeyで登録するようです。

>>私のオリジナルの設定では、[memo]を2回押すことでNote Takerが起動するようになっています。

>これは変えてないはずなんですけど、私のマシンでは、Memoが立ち上がってピッと鳴るだけです。

私が提供している環境についてのことですので、面倒ですが、自分自身がダウンロードして、自分の200LXに導入して動作を再確認しました。

やはり『「memo]を2回押すことでNote Takerが起動』します。

私がお話ししているのは、「私が提供しているオリジナルの環境」のことです。eternatie950が変更した環境がどのようになっているか知りませんので、動作について関知しません。

こういうことが、「つぎつぎに出てきて、収拾がつかなくなる」という状況です。

そうなると、私がeternatie950さんにコメントを書くこと自体が、ムダで意味がないことになってしまいます。

BlueSky

eternatie950 さんのために、いちばん簡素な環境を作りました。

私のオリジナルの環境から出発するのが原則です。

(1)exkey.ini を 上記に書いたものに変えます。
この機能は、クイッケンキーでNoteTakerが起動するだけです。
ほかにはキーの入れ替えはありません。

(2)c:\_dat\apname.lst を下記のものに変えます。
この機能は、[alt+0]でfep100が起動することと、[Alt+q]でclipfoldが起動するだけです。
smmlx は除きました。

これだと、moreexmは機能しませんから、moreexm.ini がどのようになっていても関係ありません。

また、smmlxも機能しませんので、smmlx.mnuがどのようになっていても関係ありません。smmlxからどのアイコンを削除してあっても関係ないということです。

そのため、eternatie950さんがいろいろがいじった環境でも、上記の(1)と(2)を入れ換えるだけで、おそらく(誤作動せずに)シンプルな機能になると思います。

(このシンプル環境を試してみるには、eternatie950さんが変更したapname.lstとexkey.iniは、復活できるように、どこかに取っておいて実験してみてください)

[Alt+ナンタラ]で何かのアプリが起動することはまったくありません。

非常にシンプルな機能しかありませんが、とうぶん、この機能だけで使ってみたらどうでしょうか?
たぶん、それで満足すると思います。

BlueSky

----- apname.lst -----
c:\bin\fep100.exm,8100,FEP100
a:\exm\clipfold.exm,1000,ClipFold
--------------------

ありがとうございますっっっ

実は、前のBlueSkyさんのコメントに対して、以下のお返事を書いたところでした。(一応読んでね(^^/)

***************************

そんなふうにつきはなさないでくださいよー

「いろいろやって」みてるのは、BlueSkyさんからのご指示を繰り返してるだけなんです。exkey.iniをMEMOで書き直したり、母艦に移してから変更したり。(それ以外のことをする度胸も能力もないです。変なことしてLXが立ち上がらなくなると恐いですから。)
いつも、やっぱりうまくいかないなー、なんでかなー、ってなるんですけど(/_;)
あと、clipfold.exmとclipfold.icnは再インストールしましたけど、smmlxで削除したところを復活しなきゃだめですよね。だから行末がやっぱりヘンなんだ。

日本語入力の起動もALT + 文字キーもほとんどの青いキーもすべてデフォで良くて、QUICKENキーをNOTE TAKERに当てたいだけなんで、exkey.iniからたくさん削除していくより最初から書いちゃったほうがシンプルかな、ってしろうと考えで思ったんですけど、smmlxのこともありますもんねぇ…
なかなかシンプルにはいかない…

9フォルダ+9ファイルのところからもう一度すべてやりなおしたほうがいいでしょうかね?

出来の悪い娘だと思って、これからもサポートしてくださいm(_ _)m

>日本語入力の起動もALT + 文字キーもほとんどの青いキーもすべてデフォで良くて、
上記設定で、すべてデフォです。
 ただ、fep100が[Alt+0]になっています。
 また、clipfod.を「Alt+q]にしています。
 設定はそれだけの簡素な環境です。

>QUICKENキーをNOTE TAKERに当てたいだけなんで、
 こちらも、その通りにしてあるだけです。

>smmlxのこともありますもんねぇ…
 こちらは、まったく起動しません。

>9フォルダ+9ファイルのところからもう一度すべてやりなおしたほうがいいでしょうかね?
 9+9で、上記のapname.lstとexkey.iniを換えるだけで動くはずです。(確認済)

BlueSky

2010-12-10の追記

http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/a11-535b.html
に「素うどん」セットを載せました。
(A01)のセットではなく、「素うどん」セットを使っていただくほうが、ご希望に添うと思います。

>>(A01)のセットではなく、「素うどん」セットを使っていただくほうが、ご希望に添うと思います。

私のは倍速マシンなので、ドライバの設定が…(/_;)

exkey.iniとapname.lstをBlueSkyさんのコメントからコピーさせてもらって、

exkey.iniを

;200LX用
{Prtsc}={Null}
[COMMAND]p
{~}={F10}{Enter}
;---これ以降がシスマネ---
[100]
{Filer}={Wait1}{!$1}{Alt+F8}{Wait27}13{Jump$2}{$1}{Filer}{$2}
{cc:Mail}={Alt+0}

apname.lstを

c:\bin\fep100.exm,8100,FEP100
a:\exm\clipfold.exm,1000,ClipFold

にしましたけど(確認しました!ソフトリセットもしました)、smmlxは使えますし、データベース系のアプリでALT + 文字キーにすると、やっぱり他のプログラムが立ち上がっちゃうんです。
私のマシンって、なんか不気味です、もう。
QUICKENキーでNOTE TAKERが立ち上がるようにはなってます。

exkey.iniとapname.lstの変更以外では、smmlxの使わないアイコンを削除してます。
World Timeの設定とalarm.sndの変更もしましたけど、関係ないですよね。

それから、0restoreでa:\tempの中身がc:\にコピーされるはずですよね?それが、送られてなくて、母艦上で作成してa:\tempにコピーしたexkey.iniとapname.lstは手作業でc:\にコピーしました。
ったく、私のマシンって…。(0restoreはいじってません!誓います!!! 0backupは大丈夫です。)

>私のは倍速マシンなので、ドライバの設定が…;)
 それでは、倍速用の「素うどん」をアップします。完全に「eternatie950さんの元々の環境」に戻した上で使ってください。

>私のマシンって、なんか不気味です、もう。
 いろいろいじりすぎて、もうぐちゃぐちゃになっていると思います。

>データベース系のアプリでALT + 文字キーにすると、やっぱり他のプログラムが立ち上がっちゃうんです。
>exkey.iniとapname.lstの変更以外では、smmlxの使わないアイコンを削除してます。
 moreexm.ini の修正が必要なのにしてないからです。

 もし(A01)のセットを使いたいなら、オリジナルの9+9の環境にして、はじめからしなければダメだろうと思います。

200LXの環境構築は、生やさしいものではありません。修正が必要なファイルは、c:\_dat\apname.lst, c:\_dat\moreexm.ini, c:\_dat\smmlx.mnu, c:\bin\enkey.ini, (あれば)a:\_dat\apname.lst, a:\_dat\moreexm.ini, などです。

 これらの環境を規定するファイルの内容がc:\_dat\setup.env に読み込まれていますので、さらに複雑です。また、(面倒なので書きませんが)これらのファイル間の相関関係もありますから、修正・変更は一筋縄ではいきません。

 他人が作った環境をいじって、自分の環境に合わせようとするのは、新しい環境を構築するよりもずっと難しいです。

 私が、200LXの環境を変更したり、あらたに構築する場合は、数枚のSDカードと複数の予備200LXを使って作業します。もちろん母艦も作業に使います。

 その作業には、メインの200LXとメインのSDカードは使いません。メインの200LXで動作環境の構築・修正をすると、動作が不安定になってしまったときに、本来200LXでするべき情報活動ができなくなるためです。

 たった1枚のフラッシュカードと、たった一台の200LXを使って修正作業をするのは無謀です。

 環境がぐちゃぐちゃになって、糸がこんがらがった状態だと、前にも後ろにも進めません。すっぱりあきらめて、もともとお使いの環境に戻してしまうことをお勧めします。

 BlueSky

>exkey.iniとapname.lstをBlueSkyさんのコメントからコピーさせてもらって、
>にしましたけど(確認しました!
間違ったものをコピーしています。

>母艦上で作成してa:\tempにコピーしたexkey.iniとapname.lstは手作業でc:\にコピーしました。
 c*\_dat\setup.env が残っているので、その中にapname.lstを読み込んだままなのだろうと思います。

 いずれにしても、(A01)の私の環境の改変はあきらめたほうがよいと思います。

 BlueSky

うちのはきつねうどんになりました。

無謀とは思ったんですけど、いざとなったらまっさらの素うどん2になればいいので、(A01)で作られたAディレクトリに素うどん2を上書きコピー、aoname.lstは前のに戻して、ソフトリセットして、0backup、0restore、AddTanなどのexmが使えるようになりました。(ねぎとあげと卵~(^^)/)

プロの方から見たらとんでもないことしてると思いますけど、とりあえず思ったような動作をしてくれるので、これで使っていきます。

ありがとうございました!

SDカードも本体ももっと欲しいんですけど…カネがない…
アメリカは今経済状態どん底で、フルタイムの仕事をやめてこっちに来たので、1円(いや、1セント)でも節約しなきゃ、という生活で、母艦とCF1枚だけでやりくりしてます(/_;)
でも、ポイントが期限切れする前に、SDカードだけは買ってやるぞっっっ (アダプタがいるなぁ…ため息…)
バックライトつきの本体もほしいよぉ

「素うどん2」セットで、とりあえず落ち着いたようでよかったです。

BlueSky

いろいろどうもありがとうございました!m(__)m

せっかくのBlueSkyさんの環境を使いこなせなくてすみません。
しろうとにもわかりやすいシンプルな環境を作ってくださって感謝ですm(__)m

Blue Sky様

初めまして。

昨年末約10年ぶりに200LXを復活させました。

元々主として、VZを生DOSで使っていたのですが、今回、公開して下さった環境を見て、こんな活用もできるのかと色々試行錯誤、楽しい時間を過ごさせて頂いています。
特に、sm.exeは、web上で見つからなかったので、大変重宝しています。

これからも、200LXの活用方法楽しみにしております。

また、少々解凍したファイルでweb上で公開しない方が良いのではという物がありましたので、念のためお伝えしておきます。

\TEMP\_DAT\PIMDATA
の各ファイルにご自身のものと思われるToDoデータ等が一部残っています。

\TEMP\QUICKEN\QDATA.PDT
に個人情報が含まれています。

\PJT内の*.IPDファイルにご自身のものと思われる記録が一部あります。

Blue Sky様

すみません。
見本って書かれてましたね。
確認不足失礼しました。

Dice さま、

ファイルをダウンロードして私の環境を見てくださってありがとうございます。

紙の手帳の使い方は人それぞれですが、200LXではシステム構成の段階の自由度が大きいため、紙の手帳以上に多様な使い方ができます。

ご指摘のように、BlueSkyが使っている シスマネファイルまでも供覧していますので、違和感を感じたかもしれません。

私の個人情報のように見える情報は、上書きしたり削除したりして、ご自身の使い方で200LXを使うようにしてください。

BlueSkyu

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175746/47631670

この記事へのトラックバック一覧です: (A01)初心者のための200LX一括設定:

« (443)PhoneBookでDataBaseファイルの表示 | トップページ | (444)SDカードのフォーマットと、WINDOWSでの認識。 »