無料ブログはココログ

« (A07)このセットの特異な操作体系(6) | トップページ | (446)ネットで日本大百科全書 »

2010年2月25日 (木)

(445)底蓋の一部破損

(445)底蓋の一部破損

200LXは毎日使っているものですから、とくに、いまメインで使っている200LXは、けっこうアチコチ故障します。

Img_2131 きょうは、底蓋とキーボードシートとの間に、隙間が開いているのに気づきました(写真矢印の先)。

底蓋を止めるネジがゆるんでいるか、あるいはネジ回りのプラスティック部品が少し割れたんです。

    

Img_2115 それで、仕方なく分解してみました。

分解したらすぐにわかりました。底蓋の隅の、ネジが通る部分が割れていました。ここの部分の破損はときどきあります。床に落としちゃったときなど、むりな力がかかるんためじゃないかと思います。

Img_2125_2  矢澤さんだったら、直しちゃうんでしょうけど、私の場合は部品交換です。補修用の部品(写真左側)(はたっぷり購入してあります右側は今回破損した底蓋)。

故障した200LXから、部品取りしたパーツのストックもたくさんあります。

今回は、あんまり難しい故障じゃなくてよかったです。

« (A07)このセットの特異な操作体系(6) | トップページ | (446)ネットで日本大百科全書 »

8. 200LXの修理・改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (445)底蓋の一部破損:

« (A07)このセットの特異な操作体系(6) | トップページ | (446)ネットで日本大百科全書 »