無料ブログはココログ

« (496)200LXに漢方薬データを入れる(3) | トップページ | (498)200LXに漢方薬データを入れる(5) »

2010年10月30日 (土)

(497)200LXに漢方薬データを入れる(4)

(497)200LXに漢方薬データを入れる(4)

どうも適当なアプリケーションがないので、約150個のファイルは、そのままkanpou3というディレクトリに置いておくことにしました。しばらく、このまま使ってみて、必要に応じてDatabaseとかNotetakerにまとめようと思います。

約150種類の漢方約束処方は、150個のファイルのままですが、それらをどういうふうに使って行くか、お話ししようと思います。

0005  1. まず、番号から処方名を探す場合です。x-finderか、内蔵filerか、VZ editor で、一覧表から番号をみつけて、その処方の内容を読みことにします。「(495)200LXに漢方薬データを入れる(2)」でお話ししたツムラの手帳型小冊子を読むのと同じです。

00022. 「(494)200LXに漢方薬データを入れる(1)」でお話しした「本当に明日から使える漢方薬」には、約150種の漢方処方を3つのランクに分けています。「ぜひとも覚えておきたい」43処方、「余裕があれば覚えておきたい」39処方、「最初のうちはとくに覚えなくても良い」47処方です。

そこで、処方の番号にランクをつけておくことにしました。「ぜひとも」ランクにA、「余裕」ランクにB、「覚えなくてもよい」ランクにCと記号をつけました。こうすることで、どの番号の処方が重要なのか一目瞭然になりました。

また、「本当に明日から使える漢方薬」の本の著者である新見先生は、「唯一私が使う漢方用語は『実証』『虚証』である」と書いています。また、「「結論は、麻黄を飲ませてみなければわからない」とも書いています。麻黄が入っている処方が飲めれば実証で、飲めなければ虚証だそうです。

そこで、処方に麻黄が入っているかどうかがすぐ分かるように、麻黄が含まれている処方のファイル名に「_m」という文字をつけておくことにしました。

0004 漢方薬の副作用で有名なのが、頻度はごく少ないようですが、間質性肺炎です。特に小柴胡湯が有名です。甘草が含まれていると発症するということなので、左図のように、甘草が含まれている処方には、「_k」という文字をつけました。(特に「小柴胡湯」には「!」マークをつけました)

0007 3. 各種のキーワードで検索して、適切な処方を探したい場合があるはずです。その「検索」には使い慣れたgrepを使うことにします。そのために[-kanpou.bat」という、図のようなバッチプログラムを作りました。

0008 使い方は簡単です。「百科事典の串刺し検索」でお話しした方法と同じです。(http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/469dos-1116.htmlにまとめてあります)

たとえば「甘草(カンゾウ)が含まれている処方を探すとします。まず、[ctrl]+[1-2-3]のキーを押してDOS窓を開きます。次に、コマンドラインに[-kanpou][ (スペース)][カンゾウ]と入力して、[enter]を押します。これで、c:\に、-kanpou.txtという検索結果のファイルが作られます。

0010 検索結果はタグ付きで生成するようにしましたので、本文を読みたい場合は、VZ editor で読み込んでから、タグジャンプ機能を使って一つ一つの処方について、最初から読むことができます。

0014  grepを使って検索すれば、処方名の一部だけしか記憶していなくても検索できます。また、対応するべき「症状」から検索することもできます。右図は、「結膜炎」に効果がある処方名を探す目的で、「結膜炎」というキーワードで検索をかけてみた結果です。「結膜炎」という文字が含まれているファイルが、いくつかあることが分かります。001番の処方が示されているので、「葛根湯」ですね。

下に示されているzzz1というファイルは、小冊子をpdfに読み込んでテキスト化したファイルです。これを読むと、小青竜湯も各種の結膜炎に効果があることがわかります。

ところで、これを書いている最中に、「通りすがり」さんが、IPを使うことを提案してくださったので、あとでIPも検討してみようと考えています。

次に続きます。

« (496)200LXに漢方薬データを入れる(3) | トップページ | (498)200LXに漢方薬データを入れる(5) »

7. 200LXの操作」カテゴリの記事

コメント

貴重な200LXの情報をたくさんありがとうございます。さて、pemo(PC98用)、JEMO(J-3100用)の話ですが、当時のDOS/Vユーザーは「じぇいさん」というJ-3100エミュレータ上で使っていたそうです。今でもベクターにありますね。じぇさんには200LX専用の起動オプションもあるそうですよ。お試しください。ちなみ私はWin10にPC98エミュレータ上で。PEMOを使い始めたところです。

最近「pemo」ユーザーになった者 さま、
コメントをありがとうございます。

「じぇいさん」は知っているのですが、
>200LX専用の起動オプションもあるそうです
というのは知りませんでした。

さっそくtryしてみます。

ありがとうございます。 BlueSky

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175746/49884188

この記事へのトラックバック一覧です: (497)200LXに漢方薬データを入れる(4):

« (496)200LXに漢方薬データを入れる(3) | トップページ | (498)200LXに漢方薬データを入れる(5) »