無料ブログはココログ

« (545)岩波英和辞典新版の用例「Q」 | トップページ | (547)岩波英和辞典新版の用例「R」 »

2011年6月27日 (月)

(546)あまり考えもせず本を買ってくるのも良くないなぁ(反省文)

(546)あまり考えもせず本を買ってくるのも良くないなぁ(反省文)

今回は、失敗の話です。

以前、(243)Amazonの書評を読むのも読書法といえるかも知れない
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/243amazon_7109.html
 で、「Amazonの書評」が本選びとか読書の助けになることをお話ししたことがあります。

(266)週刊東洋経済「最強の読書」(7)書評ブログ
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/2667_b809.html
 で、読むべき本を探す方法についてお話ししました。

 簡単にまとめると、(1)新聞の書評がたよりになる、(2)新聞の新刊広告もたよりになる、(3)Amazonのお勧め図書も参考になる、(4)本屋さんの店頭で本を選ぶのがメインの方法だ、ということです。

 その後、「週刊ダイヤモンド」だけじゃなくて、「週刊東洋経済」も定期購読するようになったので、(5)週刊誌の書評も本を選ぶ参考にしています。

 以上のほかに、(6)出版社のPR雑誌も本を選ぶ参考にしています。

 私が大型本屋さんでもらってくるPR雑誌は、岩波書店「図書」、新潮社「波」、筑摩書房「ちくま」、平凡社「百科」、講談社「本」、ダイヤモンド社「Kei」などです。本屋さんで無料配布される日はほぼ決まっていますので、200LXのアポイントに配布日をrepeatで記入してあります(笑)。

 さて、今回の失敗のことです。私は、週に1~2回、大型本屋さんに行きます。先日、面白そうな新刊本を見かけたのですが、立ち読みする時間がなかったために、内容をじゅうぶん把握せずに数冊の本を買ってしまいました。

Img_0222  読んでみて、「買って損した。読んで損した」と思ったのは、「本物の医師になれる人、なれない人」(小林公夫著)PHP新書です。

 読後、不愉快だったので、Amazonのカスタマーレビューにアップしておきました。(アップ内容「homono8.txt」をダウンロード  )  もう一冊、「面白いかなぁ」と思って買って、つまらなかったのが、「名投資家の金言」(泉正人)PHPビジネス新書です。(あ、2冊ともPHPだ!)

Img_0221_2  この本は、「個別銘柄の株を買ってお金持ちになりましょう」という姿勢で書かれています。本の最初に、「目標はできるだけ高く設定し、さらにその上を目指し続ける」とあります。「まず、年収の10倍を目標にすべき」と書いてあります。

「分散投資じゃなくて、焦点を絞って投資する」というのが、この本での基本的な考えかたです。私は、普通の人にとって、この考えはかなり危険だと思っています。

でも、まぁ、内容的には、面白くないところばかりでもありませんでした。

とくに共感を覚えたのは、「数字は世界共通語だ」という言葉です。この本では、「数字の見方、決算書の読み方を理解しておく必要」があると書かれています。

でも、私は200LXのことを思い浮かべて、「うんうん、表集計ソフトを持ち歩く必要があるな」と、著者の主張とぜんぜん違うことを考えてました(笑)。

読後の印象としては、このことがいちばん印象的でした。

« (545)岩波英和辞典新版の用例「Q」 | トップページ | (547)岩波英和辞典新版の用例「R」 »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« (545)岩波英和辞典新版の用例「Q」 | トップページ | (547)岩波英和辞典新版の用例「R」 »