無料ブログはココログ

« (549)ほんとうに「節電」の必要性はありますか? | トップページ | (551)200LXの底蓋補修の方法(案) »

2011年7月 9日 (土)

(550)200LXの補修用裏蓋を使い切った。

(550)200LXの補修用裏蓋を使い切った。

延々と200LXを使ってきていますが、私の場合、問題なく使い続けているわけではありません。

あちらを修理し、こちらを修理し、、、という感じで自分で修理しながら、あるいは矢澤さん(http://ipwo.kilo.jp/200/200lx.htm)に修理・改造をお願いしながら使ってきています。

私の場合、最近、故障箇所として多いのは、裏蓋の四隅のネジ部分の割れです。

参照(467)200LX底蓋の内部破損の修理http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/467200lx-42e7.html
参照(445)底蓋の一部破損http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/445-b140.html

矢澤さんのサイトでは http://ipwo.kilo.jp/200/200lx_screw_post_repair.htm のページに記載されている症状です。

Img_0242 このネジ部分はいろんな形に割れます。単純に首が折れるような形で割れた場合は、接着剤で補強・補修できる場合がありますが、四隅の一カ所が割れた底蓋は、ほかの三カ所もいずれ割れてきます。

矢澤さんに修理していただいても、また、その箇所、あるいはほかの三カ所も割れてきます。この部の破損は、もう、私としては対処の方法がありません。

けっきょく、どうにも補修が効かなくなって、予備として保存してある底蓋を使わざるを得なくなっています。(最近は数ヶ月で一カ所ずつ破損しています)

Img_0241 補修用の予備底蓋として8枚あったのですが、すべて使い切ってしまいました。写真にあるこれらはの底蓋は、ほんとうの意味でのスクラップ、プラスティックのクズになってしまいました。

100LXの黒い筐体は割れにくいとか、ロットによって割れにくいとかいう話も聞きますが、経年変化によってプラスティックの強度が劣化してこの部分が割れてくるのではないかと考えています。(ロットに関係するかもしれないので、この項の最後に、底蓋のシリアル番号一覧を掲載しておきます)

予備の底蓋を使い切ってしまったので、今度から無傷の200LXから底蓋だけを調達して使って行くしかなくなりました。

困ったなぁ.....

----------
01004190
94202730
90700186
84101079
70800034
64802923
61900224
54601179
43600280
新しいものも古いものも、同じように割れてくるようです。

« (549)ほんとうに「節電」の必要性はありますか? | トップページ | (551)200LXの底蓋補修の方法(案) »

8. 200LXの修理・改造」カテゴリの記事

コメント

時々ご紹介いただきありがとうございます。
 この部分(ネジポスト)は、本当に割れが多いです。
 保存中のものが硬化して自然に割れたり、あるいは、分解した時点で割れが入る場合もあります。
 その後当部分の修理をいろいろ研究いたしまして、現在では満足のゆく修理ができています。
(落としても再発しません。)
 割れたポストを再使用せず、ネジ押さえの座金(ワッシャー)をピアノ線とともに樹脂(プラリペア)で埋め込む方法です。
近くページを作成するつもりです。

BlueSky様

毎回更新を楽しみに閲覧させて頂いております。
このサイトに巡り合って以来、BlueSkyさんのLXへの探究心、使いこなしに感銘を受け、同じような快適環境を構築しようと努力しております。
ハード/ソフトに関しても、4GB SDの入手/フォーマット、各種辞典やウィキペディアのインストール、solverやシステムマクロの一層活用等々、ご紹介の参考書籍なども購入しながら、このサイトを羅針盤に整備が進み、非常に充実したLXライフを送れております。心より感謝申し上げる次第です。
現在 なかなか苦労しているのが、ダイナブックなどの外部入力装置の確保(なかなか良い出物がないですね)と、日本語FEPまわりの改良です。
先日、NEWオーロラエースをやっと入手したのですが、KATANA ver.4用のDOS/C環境用パッチが、ご紹介されていたQMEMO同様に所在不明で、折角の活用法が実践できていないのが実情です。
初めての投稿で大変厚かましいお願いなのですが、BlueSkyさんがお持ちのこれらパッチをお分け頂くこと可能でしょうか?
失礼なお願いだとは存じますが、私もLXと一生付き合うつもりでおりますので、何卒前向きにご検討頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

追伸 まだまだ稚拙な活用しかできておりませんが、この場をお借りし、情報交換など頻繁にさせて頂きたく、今後ともよろしくお願い申し上げます。

テキスト派 さま、コメントをありがとうございます。

メールに添付して、いくつかファイルをお送りいたしました。

みんなで楽しく200LXを使って行きましょう。

BlueSky

BlueSky様

この度はご快諾ならびにご配慮頂き、誠に有難うございました。

自分のもう一つの脳であるLXがどんどん進化し、仕事/プライベートとも快適になるのは本当に嬉しいことですね。何だか若返った気がします笑

私はLXもDOSデビューも遅く、ニフティ閉鎖時もソフト類やログのダウンロードをし損ねた口ですので、貴サイトの存在は非常に貴重です。
もともと、生DOS常駐VZでのテキスト処理がメインですが、貴サイトの影響もあり、シスマネ率がどんどん増加しております笑

今後も楽しく情報交換させて下さい!
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (550)200LXの補修用裏蓋を使い切った。:

« (549)ほんとうに「節電」の必要性はありますか? | トップページ | (551)200LXの底蓋補修の方法(案) »