無料ブログはココログ

« (583)「創造性を高めるメモ学入門」でのマンダラート技法 | トップページ | (585)会計HACKS! 面白いけど、計算合わない »

2012年2月 3日 (金)

(584)200LX上でのスクウェア・ブロック技法

(584)200LX上でのスクウェア・ブロック技法

前項(583)で、「紙に書いたものは検索することができない、ということがことが、私にとっては大きな問題」と書きました。

前々項(582)で紹介した本の著者がいうように、linearに項目ごとにまとめるのよりも、ブロックの形で表示するほうが、検討しやすいですし、アタマにも入りやすいと思います。

もし、200LX上で、マンダラート技法のようなことができれば、検索することができますから、データを有効に活用できると思います。

このような目的に使えるアプリケーションが3種類ありますので、そのことをお話しましょう。

0001 (1) ひとつめは、guelさんが作った、「mandala」というアプリケーションです。
200LXの画面全体に9つのブロックが表示されます。
ひとつのブロックに表示される文字数も適切で、見やすく表示されます。

ある一つのブロックを選ぶと、そのブロックを中心にした下位の9ブロックを表示させることができます。階層は8階層まで可能です。

「manala」は、私の好きなアプリケーションではあるのですが、私にとっての操作性はあまりよくありません。本格的に使うには、exkeyなどで操作性を変更する必要があります。

このアプリケーションが発表されたとき、どこかから苦情がでたようです。そのため、作者が発表を取りやめたと記憶しています。

0003 (2) 「mandala」が9ブロック表示していることが問題だったようで、guelさんは、3×4ブロックの「tree」「leaf」というアプリケーションを発表しました。

こちらのほうは、ブロックが小さいために、「mandala」よりも見にくくなってしまいました。

「leaf」の階層は5階層まで可能になっています。

「mandala」も「leaf」も、ブロックの内部を書いたり修正したりするときは、自動的にシスマネのMEMOが開いて、MEMOをエディターとして使うようになっています。

0002 (3) ふぃあさんのTODOです。これも私の好きなアプリケーションです。

本来は、TODO(しなければならないことがらを管理)のために作成されたのですが、いろんな用途に使えるアプリケーションです。画面構成も美しいですし、非常に多機能です。
こちらは階層表示ではなく、2次元配置です。

0004 TODOは、たくさんのブロック(カード)を表示することもできますし、少数のブロックだけを表示することもできます。ブロック(カード)の大きさも可変です。

(図は、3×3のブロックにして、(582)の写真をまねて入力してみました)(思ったよりも多くの文字数を表示できます)(やっぱりTODOはきれいです)

この「TODO」は、いまでも、ふぃあさんのサイトからダウンロードできると思います。
一度お試しになれば、そのすばらしさのとりこになるかもしれません(^_^)。

0000私自身は、(1)~(3)とも、頻回に使っているわけではありません。しかし、どれもすばらしいアプリケーションなので、moreexmに登録したまま、削除できないでいます。

ときどき、今回のように、起動して遊びます(^_^)。

« (583)「創造性を高めるメモ学入門」でのマンダラート技法 | トップページ | (585)会計HACKS! 面白いけど、計算合わない »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

leaFもマンダラートの人が騒いで公開禁止になったソフト。
オセロがリバーシと言う名前で普通に売ってるのに何が問題あるのか…
ほかにもマンダラートの人が言ってることは宗教入ってるみたいで…
俺は興味を持てないな。

200LXにはマインドマップのソフトがあるから
そっちがお勧め。

leaFはネット上を探してもありません。
再配布禁止では無いようなので、欲しい人は持ってる人から貰うしかないな。
作者に欲しいとお願いすると、マンダラートの人がまた騒ぐと思うのでお勧めしません。

treeって何?

er さま、コメントをありがとうございました。

本文中に書いた「tree」というのは、「leaf」の書き間違いでした。

さっそく修正しました。

BlueSky

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (584)200LX上でのスクウェア・ブロック技法:

« (583)「創造性を高めるメモ学入門」でのマンダラート技法 | トップページ | (585)会計HACKS! 面白いけど、計算合わない »