無料ブログはココログ

« (628)HP200LXのヒンジ部の自然破損 | トップページ | (630)ポケット・クイッケン(PQ)のデータを青色申告に使いたい(後編)。 »

2013年10月23日 (水)

(629)ポケット・クイッケン(PQ)のデータを青色申告に使いたい(前編)。

(629)ポケット・クイッケン(PQ)のデータを青色申告に使いたい(前編)。

HP200LXに装備されているポケット・クイッケン(PQ)については、今までも何回かお話ししています(リストは最下行)。

参照:(595)ポケットクイッケンからlotus1-2-3へのデータ移行
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/595lotus1-2-3-2.html

そもそも、Quicken(クイッケン)は、米国の納税申告用のソフトウェアです。200LXに装備されているポケット・クイッケンは、そのサブセットです。フルセットではないので、機能に制限があります。

参照:(98)200LXでのポケットクイッケン(PQ)
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/98200lxpq_ce19.html

200LXのポケットクイッケンでは、データ(取引き伝票)入力がとても楽にできるように工夫されています。

10000 HP200LXのPQで、伝票(取引き)入力が楽な理由は、(1)(きょうの)日付が自動的に記入される、(2)Quickfill機能によって、最初の数文字を記入するだけで項目が先読み入力される、(3)支払先が入力されると、ほかの項目に前回と同様に先読み入力される、システムのです。

しかし、もともとが米国の納税申告用ですので、出力が日本の実情には合いません。そのため、せっかくデータをPQに入力しても、せいぜい「小遣い帳」くらいにしか使えないのが実情です。

しかし、もし、PQのデータを青色申告のアプリケーションに移行することができれば、一転して、非常に有用なアプリケーションになるはずです。

私の場合、各種の計算をLotus1-2-3でしていますので、「(595)ポケットクイッケンからlotus1-2-3へのデータ移行」で、200LXに標準装備されているlotus1-2-3へのデータ移行のことをお話ししました。

今回は、より汎用の形式であるCSVファイルにデータ移行することをお話しします。CSVファイルになっていれば、エクセルに読み込ませることができますし、青色申告アプリによっては、直接、CSVファイルを読み込むことができるものもあります。

まずは概論をお話しして、次項で具体的な方法をお話ししましょう。

I. データ入力面でのPQのアドバンテージ

10000_2 (再掲)これがPQの取引き(Transaction)データの入力画面です。
私としては、「出金伝票」のイメージです。

(1) 入力時には、その日の日付が自動的に入力されますので、わざわざ日付を入力する必要がありません。(本日以外の日付で入力もできますし、あとから日付を変更することもできます)

(2) 支払先(Payee)は、英数文字で入力します。インクリメンタルサーチ(Quickfill)で入力されますので、数文字入力しただけで、以前に入力してある支払先が画面に出てきます。(私の場合、英数文字3文字+日本語で登録してあります)

(3) 支払先が入力されると、前回入力した時の金額が自動的に表示されます。同じ支払先に同じ金額を支払った場合は、単に[Enter]を押すだけで入力は完了です。金額が前回と違うなら、正しい金額を入力すればよいです。

(4) また、支払先が入力されると、カテゴリー、Trip、Memo も前回入力した文字が表示されます。そのまま[Enter]でもよいですし、変更して入力することもできます。

各項目((2)~(4))ごとに、インクリメンタルサーチ(Quickfill)が働きますので、入力の手間は非常に少なくてすみます。(住所録 AdressBookのインクリメンタルサーチと同じです)

支払先を入力した時点で、そのほかの項目にも、前回入力した文字が表示されます。通常の会計ソフトと違って、全項目を入力する必要がないのです。PQが過去の入力と同じデータを先読み入力してくれますから、入力するのがとても楽なんです。

PQでのデータ入力に慣れてしまうと、通常の会計ソフトの煩雑な入力方式でデータを入力する気にならなくなってしまいます。

II. PQのディスアドバンテージ

PQに登録したデータを、日本の納税申告用のアプリケーションに直接流し込むことができないことが最大の欠点です。PQの出力ファイルを、いろいろ変換すれば、青色申告に使えなくもないです。

PQのデータの変換については、masaさんが詳しい方法を発表しています。
(「HP200LXと家計簿」http://www.ne.jp/asahi/myhp/masa/gsm3g/note/kakeibo.htm#kakeibotop

III. PQデータをCSVデータ形式にしてしまう。

もし、PQのデータを、なるべく簡単な方法で、CSVデータ形式に変換できれば、ほとんどの青色申告ソフトに入力することが可能なはずです。Exelにも読み込ませることができます。

そこで次項で、200LXのシステムマクロを使って、CSVデータ形式に出力する方法についてお話します。

(関連する過去記事)

(595)ポケットクイッケンからlotus1-2-3へのデータ移行 12/07/14 
(591)ポケットクイッケンの表示に日本語を入れる。 12/07/07 
(425)PQ(ポケットクイッケン)のデータをパソコンに移行 09/11/23 
(351)Pocket Quicken ファイルをTrimする 09/03/14 
(98)200LXでのポケットクイッケン(PQ) 07/06/20 

« (628)HP200LXのヒンジ部の自然破損 | トップページ | (630)ポケット・クイッケン(PQ)のデータを青色申告に使いたい(後編)。 »

6. Lotus123 と Solver」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175746/58440912

この記事へのトラックバック一覧です: (629)ポケット・クイッケン(PQ)のデータを青色申告に使いたい(前編)。:

« (628)HP200LXのヒンジ部の自然破損 | トップページ | (630)ポケット・クイッケン(PQ)のデータを青色申告に使いたい(後編)。 »