無料ブログはココログ

« (630)ポケット・クイッケン(PQ)のデータを青色申告に使いたい(後編)。 | トップページ | (632)TODO に「先行タスク」の考えを持ち込む。 »

2013年10月26日 (土)

(631)自由な長さのストラップを作る。

(631)自由な長さのストラップを作る。

ストラップのことは、いままで何回かお話ししています。(リストは最下行)

(593)(小ネタ)ストラップの作成と効用」でお話ししたストラップは、かなり気に入っていたのですが、いつのまにか脱落してしまいました。探しても見つかりません。http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/593-e67a.html

P1050876 その後、写真の下側にあるストラップをつけていました。プラスティック部分で着脱して、ヒモの部分を洗濯できるため、それも気に入っていました。
  
  
  

P1050870 このストラップは、末端に結び目を作って、指に引っかけやすくしておいたのですが、この結び目が机の引き出しに引っかかったりすることがありました。
  

今回、引き出しに引っかかって、200LXが床に落ちて、底蓋のポスト部分の破損を経験しました。どうも末端に結び目を作っておくのはよくないようです。

その反省から、結び目なしのストラップを自作することにしました。

P1050880 自作に使った用具は、100円ショップで買った、ワニ口クリップと熱収縮チューブです。
  
  
  
  
   
   
   
   
  
  

P1050888 登山用具屋さんで買ったヒモを、適当な長さに切って、ワニ口クリップに咬ませます。

それを熱収縮チューブでカバーして、ヘヤドラーヤーで加熱しました。
  
全体的に細身に作ることができたので、使い勝手はなかなか良いです。

[Post-Script] (2014-04-12)

別の登山靴用ひもを買ってきたので、ストラップ紐を付け替えました。

P1060211 ワニ口クリップにひもをこのようにくわえさてから、、、
  
  
  
  
  
  

P1060207

加熱収縮チューブをかぶせて、、、

  
  
   
   

  
  

P1060214

ヘヤードライヤーの熱風をあてて収縮させました。

  
  
  
   
   

P1060205   このような形で、200LXに装着しています。

    

   
   
    
    
   

「追記」 2017年6月11日にストラップの細いヒモ部分が切れました。

そのため、商品タグに使うナイロン糸に交換しました。

この細いヒモ部分は3年半持続したことになります。

さてnナイロン糸はどれくらいの期間使用できるのか?様子をみてみます。

(参考)

(593)(小ネタ)ストラップの作成と効用 http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/593-e67a.html

(505)200LXにストラップをつける(私の)方法

(328)ストラップを右につけるか左につけるか

(156)200LXとストラップ http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/156200lx_9e48.html

« (630)ポケット・クイッケン(PQ)のデータを青色申告に使いたい(後編)。 | トップページ | (632)TODO に「先行タスク」の考えを持ち込む。 »

8. 200LXの修理・改造」カテゴリの記事

コメント

前のストラップより少し短くしたいと思っていました。

登山用品屋さんで、適当な太さの靴ひもを買ってきたので、付け替えました。

写真は、本文のほうにつけてあります。

BlueSky

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175746/58460131

この記事へのトラックバック一覧です: (631)自由な長さのストラップを作る。:

« (630)ポケット・クイッケン(PQ)のデータを青色申告に使いたい(後編)。 | トップページ | (632)TODO に「先行タスク」の考えを持ち込む。 »