無料ブログはココログ

« (637)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(2). | トップページ | (639)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(4). »

2014年1月 8日 (水)

(638)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(3).

(638)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(3).

前々項に書いた(5)NoteTaker日誌は、記入する分量が多いため、1年ではなく、1ヶ月ごとに新しいファイルにしています。

つまり2013年でいうと、1月の日誌、2月の日誌、3月の日誌、、、12月の日誌、というように一年に12のファイルを作るということです。

0007この日誌のファイルは、2012年1月は12note01というファイル名、2月は12note02、3月は12note03、、、というようにしています。

(5)NoteTaker日誌以外にも、年度が変更するたびにファイルを新しくしていることがらがいくつかありますので、それらのこともお話ししておきます。

0006PocketQuickenのファイルも、13quick.pdt→14quick.pdtというように、新しくしています。

私は、毎月、通帳残高をLotus1-2-3ファイルに記入しています。

銀行や証券会社なので、金融機関の口座は、個人でも10種類くらいあります。
そのほかに管理している法人が2つありますので、それぞれの口座が5種類くらいあります。

つまり全部で20種類くらいの口座について、毎月末の残高を、Lotus1-2-3ファイルに記入しています。
そのLotus1-2-3のファイル名が、2013年は13tuuchou.wk1です。年度が変わると14tuuchou.wk1としています。

13hoken.wk1は、生命保険・損害保険など、現状で加入している保険の種類と金額などをリストアップしてあるファイルです。
これも、年度が変わるたびにファイル名を替えています。

« (637)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(2). | トップページ | (639)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(4). »

1. 個人の情報管理(Appoint, Phone, Todo, Notetaker, Database )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (638)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(3).:

« (637)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(2). | トップページ | (639)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(4). »