無料ブログはココログ

« (638)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(3). | トップページ | (640)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(5). »

2014年1月 8日 (水)

(639)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(4).

(639)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(4).

以前に、年間の重大事件を書いているとお話ししたことがあります。
そのことを、もう一度、お話ししてみます。

私は記憶力が強くないので、「去年はどんな年だったんだろう?」ということを、忘れてしまいます。

0012過去の数年くらいはまぁまぁ記憶していますが(笑)、それ以上昔、たとえば10年くらい前のことなんて、ほとんど覚えていないのです。

それと、「あのことがあったのは、何年前だったんだろう?」なんていうことも、正確な年度を記憶していません。

10年くらい前だと感じていたのが、5~6年前だったり、逆に5年くらい前だと感じていたのが、もう、10年以上前の出来事だったということもあります。

たった数ヶ月前のことでも覚えていなかったり、勘違いして記憶していることもあります。

0010そういうように、記憶力が弱いことが自分で自分自身にたいして恥ずかしいので、「これは記録(記憶)しておくべき重要なことだ」と思ったときに、「新年のファイル作業(2)」でお話しした「「○○○○年の計画」のノートの末尾に、1月に起こった出来事、2月に起こった出来事、3月に起こった出来事、、、、というように、記録してあります。

平均すると、1ヶ月に10項目くらいの重大事項を記入しているようです。

つまり1年間に100項目くらいの「とくに記録しておくべき」「重大事項」が発生しています。

その100項目くらいの中で、ほんとうにその1年間で重要なことは、じつは10件前後です。

0011そこで、その100項目くらいを通覧して、10項目程度に絞ります。

その10項目を、その年度の「重大事件」として、シスマネの別の場所に集めてあります。

(実は、住所録AdressBookに、「年度ごとの重大事件」という項を作ってあるんです)

そのようにして、毎年の重大事件の記録を読み返すことで、その一年間を俯瞰できるようにしています。

« (638)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(3). | トップページ | (640)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(5). »

1. 個人の情報管理(Appoint, Phone, Todo, Notetaker, Database )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175746/58906978

この記事へのトラックバック一覧です: (639)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(4).:

« (638)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(3). | トップページ | (640)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(5). »