無料ブログはココログ

« (641)古い(デジタル)日誌に意味があるか? | トップページ | (643)マンション購入のその後 →→ 本日売買契約終了。 »

2014年1月18日 (土)

(642)HP200LXで面積グラフ(STRAC図)を表示する。

(642)HP200LXで面積グラフ(STRAC図)を表示する。

200LXでSTRAC図(戦略会計の四畳半)を表示するというのは、私の長年の課題でした。
数日前に解決したので、そのことをお話ししようと思います。

私が長年かかえていた課題はいくつかありました。

ひとつは、(1)不定期に測定している自分の体重の数字を、X軸を年月にしてY軸を体重にしてグラフ表示するという課題でした。

何かの表集計アプリケーションに、一定の期間内の数字を自動的に平均化するコマンドがあったように記憶しています。そのような方法を考え出して、この課題を実現しようと苦心していました。

結果的には、はるかに簡単な方法で、この課題を解くことができました。
(489)Lotus1-2-3でのX-Yグラフ表示
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/489lotus1-2-3x-.html

もうひとつ、(2)宝くじを買ったときの期待値を計算するという課題がありました。

宝くじの返還率(当選金の合計÷宝くじの販売価格)は、全体で50%と言われています。
「購入金額の半分しか戻らないので確実に損する」といわれています。

しかし、期待値が購入金額の50%のはずがない。
300円の宝くじを1枚買って150円戻るわけじゃない。

ほんとうのところ、購入金額の何%戻ると期待できるか?という問題です。
この課題も、自分自身が納得できる結論に到達しました。

(537)宝くじの当選は「べき分布」類似なんじゃないか?
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/537-a359.html

1362 さらにひとつの課題が、今回お話しする(3)HP200LXでSTRAC図(戦略会計の四畳半)を表示するということでした。

先に、「戦略会計」とか「STRAC図」とはどんなものか?について、簡単におはなしする必要がありますね。

「戦略会計」というのは、「人事屋が書いた経理の本」(西順一郎著)でのメインテーマです。

1364 一般的な会計(制度会計)が、株主や利害関係者などの社外への報告を目的とするのにたいして、「戦略会計」は、社員一人ひとりが、より高い利益を生み出すことを目的とした会計の考え方です。
「戦略会計」は、直接原価(direct costing)方式で、商品一個を売ったときの利益を考えます。
(私は、その方面の専門家ではないので、詳しいことは本を読んでくださいませ)(^。^)

1369 その「戦略会計」を端的に表現するのが、この図です。
商品一個あたりの「P売値」「V変動単価」「M付加価値単価」が所与で、「Q販売数量」が決まれば、「G利益」が算出されることを示しています。
 
 
   
   
 

1366 具体的な数字を書き込んだのが、こちらの図です。

13000個を販売する「目標」に対して、「結果」的に12999個を売り上げたら、「G利益」の目標が30000円だったのに、29991円にしかならない、ということを示しています。
   
   
   
   
   

0001 これは、今回作った、200LX上のLotus1-2-3の表です。
縦の線で区切られた真ん中の区画に、前の図の数字を記入してあります。販売個数である13000を入力した部分にカーソルを置いておきました。

これを面積グラフで表示すると、、、

0000 この図のようになります。本に掲載されている図では、図の各面積は数字に合っていませんが、200LXで作った面積グラフでは、入力した数字によって面積が変わります。

面積グラフなんだから、本来は、入力された数字によって表示が変わる必要があるはずです。
そういうことからは、上記の本の説明はきわめて不備だと思います。直感的に理解できない。

別の例を見てください。

0002 「Q販売数量」が半分の6500個の場合です。
すると、「G利益」はマイナス20500円になります。

0003 グラフ化してみると、この図のように下方に「足」が出ています。四畳半図の下辺から下にはみ出た部分は、利益のマイナス部分(赤字)を表示しています。

本来の「STRAC図」は、「人事屋が書いた経理の本」にあるような面積が固定した図ではなく、このように、面積は数字に連動するべきだと思います。

1374 今まで、このように数字に連動する「STRAC図」を表示できるパソコン(アプリケーション)は、リコー社の「マイツール」というパソコン(アプリケーション)だけだったようです。
   
   

今回、200LX上で「STRAC図」を表示することができました。
「STRAC10.WK1」をダウンロード
 
これを活用すれば、「戦略会計」の概念はさらに把握しやすいと思います。

また、損益分岐点(BEP)も動的に理解することができると思います。

51h_2   
面積グラフを200LXで表示できるということは、同じような方法で、「会計学トレーニング」の本にあるようなバランスシートの図も、表示することができるということです。(この図はAmazonから借用しました)

 

 

 

 

 

 

 

1358 私自身、この表計算シートを使いながら、もういちど、「戦略会計」を学習し直そうと考えています。

« (641)古い(デジタル)日誌に意味があるか? | トップページ | (643)マンション購入のその後 →→ 本日売買契約終了。 »

6. Lotus123 と Solver」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに読みました。このブログを読むと、本当に元気が出ると同時に、若い時代に心は戻ります。

いままでのPDFが出来上がったと言うことで、ぜひ読んでみたいと思います。これまでも、ものすごく刺激を受けましたし、ためになりました。ありがとうございます。

半年ほどお休みしていましたが、また、200LX 5台を現役復帰させたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175746/58964041

この記事へのトラックバック一覧です: (642)HP200LXで面積グラフ(STRAC図)を表示する。:

« (641)古い(デジタル)日誌に意味があるか? | トップページ | (643)マンション購入のその後 →→ 本日売買契約終了。 »