無料ブログはココログ

« (656)データベース系アプリの基本はCSVファイル | トップページ | (660) HP200LXブログの再開 »

2014年8月 6日 (水)

(657) HP200LXの上蓋クリップの修理

(657) HP200LXの上蓋クリップの修理

このところ、200LXでシステマティックな投資のためのシミュレーションを延々としていました。

システムとしては、「これでイケル」というところまで来たのですが、ネット証券会社にしてもリアル証券会社にしても、金額が大きくなると運用が難しいため、困っています。

さて、今回は「HP200LXの上蓋クリップの修理」の話です。

これは、数年ごとに起こる故障です。
今までは、破損したクリップ部分を予備部品と交換して修理していました。

P1060291

写真の上方に写っているのが、破損した上蓋クリップで、下方に写っているのが予備部品です。

横に張り出した細い腕のようなものが折れてしまうのです。
(見ているだけでも、簡単に折れていまいそうな感じがしますよね)

今回、メインの200LXで上蓋クリップのバネが破損していたため、「とりあえずの修理」として、いつものようにイオカードを小片を挿入して、だましだまし使っていました。

ここ数日、「だましだまし」使うことがうっとおしくなってきたため、もう少しまともな修理を試みることにしました。

今回行った修理の方法は、矢澤さんの修理方法に倣っています。
そのため、おおよそのことは、矢澤さんのサイトを見ていただくほうが早道です。

液晶のラッチの修理
http://ipwo.kilo.jp/200/200lx_latch_repair.htm

今回の方法は、矢澤さんの「液晶のラッチの修理(ワイヤ法)」
http://ipwo.kilo.jp/200/200lx_display_latch_modify.htm
を簡便化した方法です。

P1060296 実は、ただ単に、矢澤さんの「ワイヤ」のかわりにイオカードの小片を、左図のようにエポキシ接着剤で貼り付けただけです。
貼り付けてから、適当な場所でイオカードを折り曲げてあります。(右図は破損している同部品)

あまりに簡便にすぎますかね(笑)。

 

P1060300 この写真は、予備の上蓋部品の該当箇所に、修理済みの上蓋クリップを置いてみたところです。
こんな感じに収まります。

実際の取り替え作業は、5分くらいで簡単に終わります。

P1060302_2 写真のように液晶周囲の化粧シートを剥がして、四隅の止めネジのうちの上の2箇所は外します。下の2箇所はゆるめておきます。

次に、上蓋の内側の枠を上蓋から浮かせます。これは、上蓋クリップを取り出せる程度の隙間を作るだけでOKです。

 

P1060303 さらに、補修済みの上蓋クリップを、元あった場所にはめ込みます。はめ込むというよりも単に置くだけですが、、、

あとは、上蓋の内側の枠を再びはめ込んで、ネジを元のように締め込んで、化粧シートを元のように貼ります。

それで終了。

実際に使ってみると、うまく機能するものの、上蓋クリップのバネが弱いです。

P1060305 手元にあったミスドのカードを見てみたら、イオカードよりも弾力がありますので、次回はミスドのカードを使ってみようと思っています。

5分くらいで修理できますから、何回壊れてもすぐに補修できます。

 

今回の修理に関連した項目:

(592)残念! 矢澤さんが200LXの修理を中止。
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/592200lx-5523.html

いつまで200LXを使えますか?
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/200lx_4f9f.html

ハードウェアバイブルの317ページ

« (656)データベース系アプリの基本はCSVファイル | トップページ | (660) HP200LXブログの再開 »

8. 200LXの修理・改造」カテゴリの記事

コメント

ココログ出版で記事のPDFファイルを作成されたものを希望します。請求方法ご連絡ください。

「スーパーカブの不法改造オーナー」というクレーマーからの嫌がらせのコメントが、たびたびつくようになってしまいました。

ご不便をおかけしてすみませが、コメントはとうぶん許可制にしておきます。

P.S. クレーマーのハンドルネームは、「絶滅カブのクソオーナー」という下品なネームだったかもしれません。

元コメントを削除してしまったので、正確なハンドルネームがわからなくなってしまいました。

いずれにしても、クレーマーのために、とうぶん、ご不便をおかけすることになってしまいます。

BlueSky

「改造クソカブ」なんたらというハンドルのコメントがついているようです。

カブがスクーターに駆逐されたので、自分も駆逐されて不法改造のカブに乗るのはやめるようです。

自分のことを、「無責任なことを平気でいう、とよぞうみたいな馬鹿」と卑下して、「他のLXユーザーにも百害あって一利無し」「他のLXユーザーへの迷惑」「LXユーザーの恥」なので、LXユーザーもやめるとのことです。

確かに、はやく絶滅してほしい人です。

「改造クソカブ」の絶滅が確認できたましたら、コメントを自由につけられるように、再設定しようと思います。

BlueSky

スーパーカブが駆逐されたのと同じように、悪質アラシの「改造クソカブオーナー」が、駆除されたようですね。

まことに喜ばしい限りです。

しかし、一方で、アホ丸出しの挑発コメントがつかなくなるのも、ちょっと寂しい気もします。

このブログが早く正常に戻って、楽しい書き込みが増えるとよいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175746/60107187

この記事へのトラックバック一覧です: (657) HP200LXの上蓋クリップの修理:

« (656)データベース系アプリの基本はCSVファイル | トップページ | (660) HP200LXブログの再開 »