無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月23日 (水)

(665)200LXのsolverで、家電の修理?新規購入?を判別する

(665)200LXのsolverで、家電の修理?新規購入?を判別する

昨年末に私の家の冷蔵庫が故障しました。

その数週間前から「なんか冷え方が悪いな~」と思っていたのですが、家族に「冷蔵庫のドアを閉めるのを忘れたでしょ!」と言われるのを恐れて、黙ってました(笑)。
そのうちに、「やっぱり故障しているんだ」ということが判明しました。

冷蔵庫は10年前に購入したものです。故障したのですから、修理して使い続けるか、新しいものに買い換えてしまうかを決める必要がありました。

故障したのがたまたま年末でしたので、修理とか、希望する商品が入荷するのを待つという選択肢がなくて、大型家電店の在庫があるものを購入するしか選択の余地がありませんでした。

ところで、家庭でも会社でも、「修理してとうぶん使い続けるか?」「新しいものに買い換えてしまうか?」という選択を迫られることはけっこうあるものです。

そういうときに使えるような、修理と新規購入のどちらに経済合理性があるかを、スパッと判定できる方法がないでしょうか?
そういうほうほうがあれば、すごく便利なんだけどなぁ、、、

今回の話題は、そういう経済性分析の話です。

Book1探してみると、そういう「経済性分析」の本があります。

この本の中で、そのようなことが書いてあるのが、「ライフサイクル・コスティング」です。

この「ライフサイクル・コスティング」では、エアコンの購入計画の例をあげて説明しています。

Book3設定は、店舗用の大型エアコンの寿命がきたので、新しい機械を購入する必要がある。

電気店のおすすめ商品AC-1は、40万円でやや高値だけれど、最新の省エネ・インバータのため、電気代は月額1.2万円程度、年間ではその8倍(8か月分)という設定です。

もう一台のお勧め商品AC-2は、モデルチェンジ前のもので、値段は半額以下の18万円の格安品。ただ、電気の消費量はAC-1の2倍かかって、電気代は月額2.5万円とのこと。

工事などの付帯費用は同額で、使い勝手も同じとする。機械の寿命は、AC-1は15年で、AC-2は7年という設定です。

I. 原価法で比べてみると、この商店の資本の利益率が5%として、AC-1は139.6万円、AC-2は133.7万円となって、旧モデルを買うほうが有利に見えるとのことです。

つぎに、資本の利益率をゼロとして現在価値を求めてみると、AC-1は184、AC-2は158となって、やはりAC-2のほうがかなり有利に見えるそうです。

Book2しかし、この本では、「この例では年価法でなければいけない」と書いてあります。

II. 年価法で計算すると、AC-1は13.45万円、AC-2は23.1万円となって、「実は最新のAC-1型機を購入するほうが年平均額で見て6割も安くつく」、と書いてあります。

3003さて、このことを200LXのsolverで計算してみます。(計算式の作り方は、けっこう面倒なので今は省きます)

3001AC-1は、価格が40万円、耐用年数が15年、金利は5%、年間の電気代は1.2×8=9.6万円ですので、それぞれ入力します。
最後に[F6]を押すことで、13.45万円という結果を得ます。

3004AC-2は、価格が18万円で、耐用年数が7年、金利は5%、電気代は2.5×8=20万円、と入力して計算すると、23.11万円という結果を得ます。

本のページの通りに、最新型のAC-1のほうがずっと安くつくと計算されます。

さて、冒頭に書いた、わが家の電気冷蔵庫の話題に戻ります。

故障を直すにしても、新規に購入するにしても、金額の設定をどうするのか?迷うところです。

3005III. 故障を直すとしたら、修理代が2万円、その後の寿命は3年くらいかなぁ、電気代は年間1万円くらいとしてみます。

1006_2新品のほうは、価格が15万円で、寿命は12年とします。電気代は年間1万円の60%とします。(最近の冷蔵庫は省エネ仕様ですから)。

年利はどちらもゼロとします。

とすると、修理の場合の期コストは1.67万円、新規購入の場合の期コストは、1.85万円になります。

この設定では修理するほうが安くつきますね。

3007IV. じゃあ、修理代が1.5万円、寿命が2年として、

3008新品の価格が13万円、寿命が13年としたらどうだ?

そしたら、修理は年1.75万円で、新品購入は1.6万円になる。

う~ん、金額などをどのように設定するかによって、修理と買い替えのどちらが安くつくか判定は違ってきますね。

結果的には買い換えちゃったのですが、故障した冷蔵庫は、中の棚が壊れかけていたこともありますから、まぁ、それでよかったのだと思います。

ところで、この「経済性分析」の判定式にいろいろ数字を入れて考えているうちに、新車を買うか中古車を買うかの経済性判定とか、居住用の不動産は買うほうが安いか、借りるほうが安いかとか、買うとしたら、マンションと一戸建てとどちらのほうが安くつくか、などの判定にも使えるんじゃないかと思えてきました。

私の場合、住居も職場もJRの駅から至近のため、自動車を買う経済合理性はないのです。でも、スポーツカーとか買いたいなぁ、、、などと夢見ています(笑)。

(664)200LXのsolverで、退職後のお金の運用の計算をする

(664)200LXのsolverで、退職後のお金の運用の計算をする

私は、もう、年金を支給される年齢になっています。でも、事務所を運営しているための給与所得もあります。さらに今まで蓄積した多少の金融資産もあります。

年金をもらう年齢で、ほどほどの金融資産があって、さらにいくばくかの定期収入があるという状況で、金融資産の何%を運用に回し、何%を預金などの無リスク資産にしておくかというのは、悩ましい問題です。

そういう問題の解決のヒントになるような本がないかと探したのですが、いくら探しても、適当な本を見つけることができませんでした。

というのは、お金の運用と蓄財ということについてのほとんどの本は、定期収入から将来の老後のために投資に回していく、ということについて書かれているんです。

そういうような、定期的な収入と比べて金融資産が小さい人のために書かれた本ならAmazonで検索してたくさん見つけることができます。大型書店に行けば、実際に手に取って本を選ぶことができます。

しかし、人生の後半期になっている人で、収入の割に金融資産が大きくなっている人が、その金融資産をどのように運用するのが良いかということについて書かれている本は、ほとんど見つかりません。大型書店でもAmazonでも見つけることができません。

本がなければ、インターネットで検索してみるしかありません。

上記のような問題を解決するヒントを探すためには、「退職金」「運用」「年金取得者」「定期収入」というようなキーワードで、検索をかけることになると思います。

すると、検索で引っかかってくるのは、ほとんどが金融機関の宣伝です。年金を運用したいという人は、金融機関にとって「いいカモ」なんでしょう。

検索で引っかかってくるサイトで、唯一といっていいほどマトモなのは「山崎元」が書いているサイトです。本でも山崎元が書いたものくらいしか、マトモなものがありません。

私が検索した限りで、「退職後のお金の運用で、追加的な稼ぎがある場合」の運用について、一番わかりやすく書かれているのが、
=============
山崎元「ホンネの投資教室」
第104回 退職後の個人のお金の運用の要点(上)
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/yamazaki/yamazaki_20090619.html
=============
でした。

ここにある文章の中に、「年齢」と「金融資産額」と「定期収入額」と「生活水準」の概算式が掲載されています。

2003この「(式1)老後の生活水準」というのが、なかなか面白い計算式なので、200LXのsolverに入れてみました。

2002サイトでは、「たとえば、70歳で3600万円持っていて、年金が月額20万円貰える人は、100歳まで、全く働かずに毎月30万円使うことができる」と書いてあります。

このsolver式に数字を入れてみると、毎月使える金額は32万円と計算されます。

「仮に、3600万円が3割減ると、先ほどの計算式での生活水準は月額27万円になる。とも書いてあります。


2004この数字をsolver式に入れてみます。[3][6][0][0][*][.][7][enter]と押して、[F2]を押して、金融資産額に2520と入力します。
そして[F5]を押すと生活水準28.40万円と計算されます。

以上をまとめると、3600万円の金融資産の3割を失うと、毎月の生活費が32-28.4=3.6万円ずつ少なくなるということです。

定期的な収入があると、投資で結構な損を出しても、大きく生活が乱れるわけでもないなぁ、、、ということがわかります。

なかなか面白い計算式です。

ちなみに、このサイトには「退職金が振り込まれたら、取引している銀行に相談したくなるかも知れないが、銀行は資産運用の相談相手には不適当だ」と書いてあります。

山崎元の最新刊である「信じていいのか銀行員 マネー運用本当の常識 (講談社現代新書) 」なんかタイトルそのものが、「退職金の運用のことを銀行で相談するな!」ということですね。

ま、銀行にしても証券会社にしても、運用の相談をしてはいけないってことでしょう。手さぐりにしても自分で考えるしかないです。

私個人のことでいうと、ここ数年で年収の数倍くらいの損を出して、年収の数倍くらいの利益も得ています。結果的には、定期預金などの無リスク資産にしておいたほうが良かったような気もします。

これからのことは、、、う~ん、全金融資産の半分をリスク資産にして、そのうちのさらに半分を、山崎元の言うような国内株と先進国株のインデックスファンドにしておいて、残りのリスク資産で個別株やリートを買うのが良いかと考えています。

どういう投資スタイルがいいのかねぇ、、、依然として悩ましい問題です。

(後記) 上で、「毎月使える金額は32万円と計算されます」となっているのは、寿命を95歳と設定しているからです。寿命を100歳に設定すれば、サイトの通りに30万円と計算されるはずです。

山崎元が別の場所で95歳に設定していたので、そのように設定して計算して、そのままにしてしまいました。

(663)200LXのsolverで、年収から手取り額を概算する。

(663)200LXのsolverで、年収から手取り額を概算する。

HP200LXのsolver機能について、
(521)200LXの計算機能で遊ぶ.(4)solver機能
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/521200lx4solver.html
の記事がいちばんまとまっています。

今回は、
(487)年収・社会保険料・所得税・住民税・手取額の計算 10/09/24 記事 http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/487-b381.html

(447)200LXのsolverでは逆算ができる 10/03/25 記事 http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/200l-1313.html
でお話した「年収額から手取り額を概算するsolver式」を少し手直ししたことをお話します。

0002I. 最初にお話するのは、2016-03.eqm に整理してある式のうちの「平成28年度」の式です。
給与所得者が「年収」の金額から、「手取り額」を概算するための式です。「2016-03.EQN」をダウンロード

この式を作った目的は、「年収が○○○万円のときに、実際の手取り額がいくらになるのか?」をすばやく計算するためです。

人によって、医療費控除などの所得控除が違いますから、確定申告で計算するような正確な手取り額を計算するのは面倒です。
でも、見当をつけるために、概算で良いから簡単に計算結果が出ればよいという場合に便利なように作りました。

そのため、所得控除は、基礎控除の38万円とその他10万円と設定してあります。社会保険料も概算です。住民税は10%と設定してあります。
住宅手当・家族手当などの手当とか、交通費とか出張費の計算は無視しています。

給与所得控除の計算は(年々縮小されていますが)平成28年度での設定です。

「使い方」

1000I. 2016-03.eqnを200LXのsolverで読み込んで、「平成28年度」にカーソルを置いて[enter]を押してください。何かの数字が表示されるようなら、[menu][c][d]と押すことで数字が0にリセットされます。

0003ここで、年収600万円の手取り額を計算してみます。[6][0][0][F3]と押して「年収]のところに600と入力します。
つぎに、[F1]を押して「可処分」を計算します。これで、可処分所得(手取り額)が488.79万円と計算されます。

普通のsolver式と違って、「年収」→「可処分所得」の一方向しか計算できません。
「社保料」(56万円)、「住民税」(32万円)、「課税される給与所得」(321万円)、「給与所得控除額」(174万円)「所得控除額」(104万円)、「所得税額」(22万円)も計算されて同時に表示されますが、これらの数字から逆算することはできません。

簡単にいうと、年収600万円で、社保料が56万円と所得税22万円と住民税32万円が引かれて、残りが手取り給与になるということです。

では、年収700万円ではそれぞれの金額はどのように変わるのでしょう?
[7][0][0][F3]と押してから、[F1]を押すことで、それぞれの金額が変わります。手取り額は、557万円となります。

年収600万円→700万円と100万円増えたとして、手取り額は69万円増えることがわかります。このくらいの年収だと限界税率は100-69=31(%)ということですね。(社会保険料を「税金」と考えれば、、、の限界税率ですが)

1002試しに年収1000万円から年収1100万円に増えるとしたら?
手取り額は757万円から821万円に増えて、限界税率は36%ということです。

年収増加分の約1/3が税金で引かれて、手取りは約2/3だけ増えます。

II. 「平成28年度」の下にある、「国保設定(み)」の計算式は、私の家族用の計算式です。

家族は、複数の事業所から給与所得を得ていて、社保ではなく国保の保険料を納めています。

この式では、計算の手順が違います。「年収」を入力して[F3]を押すまでは同じです。次に「国保料」の金額を入力して[F4]を押します。その後、[F1]を押して計算します。

この計算手順で計算すると自動的に社保料がゼロになります。
「国保料」を入力しないで「F1]を押す場合は、「国保料」がゼロと表示されて「社保料」が計算されます。

1007実際に金額を入力してみます。リセットしておいて、年収を400万円として[F3]を押し、国保料を22万円として[F4]を押します。「可処分所得」を計算するのに[F1]を押すと、342.15万円の結果を得ます。

国保料を入力しない場合は、「平成28年度」の計算式と同じ、、、ではありません。基礎控除38万円は同じなのですが、その他の控除を設定してありません。(医療費控除などは、私の確定申告で申告しているからなんです)

1006ちなみに、年収が400万円の場合、国保料22万円とすると手取り額は342万円ですが、国保ではなく社保だと37万円の保険料になります。ここでの計算では15万円の差がありますが、実際のところ、社保よりも国保のほうが手取り額が大きくなります。

この計算式をどういうふうに使っているの? とお考えかと思います。私の場合、家族でどのように所得分散したら、どれくらい可処分所得が増えるかを試算したり、ふるさと納税をいくらまでできるかなどの計算に使います。

ところで、私の家では生命保険はかけていません。家族が死亡したら残った家族は自分の力で生きていくということしています(笑)。
自動車も持っていないし、賃貸住宅なので住宅ローンもないし、子供は成長したので教育費の支出もありません。

そのため、収入は少ないけれど、ほどほど余裕のある生活をしています。
それにしても、税金でけっこう持っていかれるなぁ、、、(涙)

2016年3月16日 (水)

(662)200LXの偏光板を交換してみた。作業はけっこう面倒です。

(662)200LXの偏光板を交換してみた。作業はけっこう面倒です。

今回も修理の話です。以前の記事「(596)HP95LX,100LXも液晶劣化(ビネガーシンドローム)」の続編です。http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/596hp95lx100lx-.html#_ga=1.4240691.1055333503.1434382444

Img_4128 あやちさんの「こばこのひみつ」ブログに、HP100LX/HP200LXの簡単な偏光板交換作業手順」http://ayati.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/hp100lxhp200lx-.html
が掲載されています。

 そのほかに、矢澤さんのLX-RESTの「hp200LX修理例:液晶表面偏光板の酢酸化によるディスプレー不良」http://lx-rest.com/hp200lx_display_unusable_by_vinegar-syndrome.htm
でも、詳しく解説されています。

 矢澤さんの「hp200LX 修理・改造・設定等 掲示板」で、「液晶が変色した200LX(3)」http://www.chibiao.com/type_n2/nkns8/hp200lx/tmain.cgi?id=resform&no=335&connection=UTd9B4Jei9G7qp
と、修理方法が紹介されています。

 この液晶の劣化変色(ビネガーシンドローム)の修理は、私が修理できる範囲を越えている、と考えて手を付けずにいました。

 しかし、「こばこのひみつ」の記事で詳しく説明されていますので、「やってみよう」と思うようになって、ここ数日で7台の作業をしてみました。

 今回は、それについてお話しようと思います。

Img_4121(1) まず、「偏光板が入手できたら作業を始めてみよう」と考えました。Amazonでも購入することができますが、東急ハンズで現物を見て、偏光板を購入ました。

あやちさんのブログでは、「ミッドタウン 偏光シート250角 粘着あり BS250」とありましたが、私が購入してきたのはAS-250でした。粘着なしでした。あやちさんのブログには「糊なしがいい」とかいてありますので、AS-250を入手できたのはラッキーでした。

(2) ここでは詳しい作業手順は書きません。上記のサイトの説明のうち、あやちさんのやり方に準拠しました。道具類は、手元にあった適当なものをものを使いました。

プラスティックヘラは、アイスクリームか何かについていたものです。
無水アルコールではなく消毒用アルコールを使いました。有機溶媒も使ってみたのですが、ニオイがきつくて、健康に害がありそうなのでアルコールのみを使いました。

Img_4131(3) 古い偏光板を剥がす手順は、あやちさんの方法に準拠しました。
数台の作業をしているうちに、個体によって偏光板の剥がれ方が違うため、図のよう層構造になっているのだろうと考えるようになりました。

その層構造ことをお話しましょう。(この層構造についての確認はしていません。あくまでも推測です)

 液晶ディスプレイのガラス面に「偏光板」が強固に接着されているのですが、その偏光板は図のような3層構造になっていると思います。

 いちばん表面に厚手のカバーフィルムがあり、その下に偏光フィルム、さらに下に強力な接着フィルムがあるようです。この接着フィルムによって、液晶のガラス面に接着していると思われます。

 古い偏光板を剥がすと、個体によって(テクニックにもよりますが)剥がれかたが違います。

 1. もっともラッキーな剥がれ方は、厚手のカバーフィルムと偏光フィルムと接着フィルムの3層が一体になって剥がれてくれることです。
 そのように剥がれてくれたのが、7台中1台ありました。

 3層が一体になって剥がれてくれると、糊剥がしの手間がいりません。
 古い偏光板を剥がしたら、作業はそれでだけ終了です。
 クリアなガラス面が現れます。

 2. 古い偏光板を剥がすときに、フィルムの端をつまんで、3層が一体になって剥がれるようにとひっぱるのですが、ほとんどは、偏光フィルムと接着フィルムがガラス面に残ってしまいます。

 液晶ディスプレイの周囲部分(端部分」は作業がしにくいですから、金属枠に近い部分は、極力ガラス面が露出するように工夫しながら、古い偏光板を剥がすようにしました。

 3. 液晶フィルムと粘着フィルムが残っていたら、あとはゴリゴリと力技で削っていくしかありません。このとき、ゴリゴリと削っているのは、おもに偏光フィルムです。下の粘着フィルム層は薄くて粘りがあります。

 削るときに使うアルコールは、古い粘着フィルムを溶かす機能はなりようです。むしろ、ヘラをガラス面で動かすときの潤滑油のようにして削りました。

 ヘラは、削っているうちに角が丸くなってきます。角が尖っているほうが古い粘着フィルムを削りやすいので、ときどき爪切りでヘラを切って、角をとがらせて削りました。

 私がお話できるコツはそれくらいです。

 私の場合、最初は一枚あたり2時間くらいかかって削りました。最終的には30分くらいで処理できるようになりました。(でも、あんまりやりたくない作業です)(笑)

 (4) 最後に、作業の結果についてお話しましょう。

Img_4123 この写真で、手前の200LXが、今回液晶板を交換した200LXです。奥側の正常なな200LXとくらべて、ディスプレイが黄緑色になっています。液晶板の表裏をひっくりかえすと、もうちょっと白っぽくなります。

 あやちさんのブログにもあるように、ディスプレイが黄緑色だからといって、見にくいというわけではありません。

Img_4136 この図で、200LXのキーボード部分に置いてあるのが、部品としての液晶ディスプレイに対して、偏光板剥がし作業をおこなったものです。

偏光板を除去したため、液晶ディスプレイは明るい白色になっています。

 一方、上側の液晶ディスプレイは、古い偏光板を剥がしただけものです。この状態は、3層のうち、表面に厚手のカバーフィルムだけが剥がれて、その下の偏光フィルムと接着フィルムが残っている状態です。偏光フィルムの切れ端を載せてみると、偏光作用があることから、偏光フィルム層が残っていることがわかります。これから剥がし作業をします。

Img_4128_2 もう一度、最初の写真を見てください。手前のキーボード上に作業済みの液晶単体があります。

 右側の200LXは、古い偏光板を除去して、新しい偏光板を装着したものです。電池を入れて6カ月カレンダー画面を表示しています。

 左側の200LXでは、新しい偏光板の切れ端をディスプレイ上に載せてみました。

 奥側の2台は、古い偏光板を削り取っただけで、新しい偏光板をのせてない状態です。単体の液晶部品と同じようにディスプレイ画面は白色です。

 いちばん奥の2台は、バックライト加工をした200LXです。液晶ディスプレイの下に、反射用の紙を入れてあります。オリジナルよりも光の反射率が低いため、液晶画面は灰色に見えます。

 以上、何台もの200LXで変色した古い偏光板を除去しましたので、近いうちに東急ハンズで偏光板を追加購入して、各200LXに装着しようと考えています。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »