無料ブログはココログ

« (697)ほかにも偉大な英語熟語辞典がある。『新英和活用大辞典』(勝俣銓吉郎著) | トップページ | (699)新聞記事にも取り上げられている『熟語本位英和中辞典』 »

2016年11月29日 (火)

(698)斎藤秀三郎先生は齋藤和英大辞典も出している。

(698)斎藤秀三郎先生は齋藤和英大辞典も出している。。

(695)で『熟語本位 英和中辞典』(斎藤 秀三郎 著)のことをお話しました。http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/695-3231-1.html

今回は、その齋藤先生の「和英大辞典」の話です。

P1070133こちらの写真を見ていただくほうが話が早いです。新聞記事のスクラップですが、何月何日の記事だか記憶も記録もありません。名著普及会から再版されたのが1983年ということはわかっていますので、そのころの記事だと思います。

記事の中で、『熟語本位 英和中辞典』にふれていて、この和英大辞典のほうは51年ぶりに復刻された、と書いてあります。

(695)では、easyの語とbestの語について見てみましたので、今回もなるべくそれに沿って、「易しい」と「易い」の項を見てみます。英和中辞典と同じ用例が載っているんだろうか?(bestに相当する和英辞典の索引語は割愛)

P1070116「易しい」のほうでは共通の用例はないようです。

 

 

 

 

 

P1070122「易い」のほうでは、
English is easy to learn.
This book is easy to understand.
などが同じ用例です。

同じように easy の語を使っていても、英和辞典と和英辞典では用例を変えていますから、膨大な用例を収集していたのだろうと想像できます。

P1070139新聞スクラップには「頼山陽」の有名な詩の「鞭声粛々夜河を渡る」の全文が訳されている、と書いてあります。

「粛々」の項には、なるほど英文訳が載っていますが、漢文も英文も私にはちょっと難しい(苦笑)

私にとっては、古い辞典たちは記念碑みたいなもので、実用にはなりません。
実用になるのは、200LXに入れてある「岩波英和辞典新版」「研究者英和和英中辞典」「ジーニアス英和和英辞典」「リーダーズ英和辞典」などです。

とうめん、これで用が足りていますので、紙の辞書を引くことがほとんどなくなりました。

200LXには、光の辞典(講談社パックス英和辞典、和英辞典、清水国語辞典)も非常に便利に使っています。

これらの辞書・辞典のことは、以下の項からたどってお読みになってください。

http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/77_4797.html
(77)「光の辞典」のこと

(145)リーダース英和辞典を200LXで引いてみると
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/155200lx_ddb2.html

(147)研究社英和中辞典を200LXに導入しました。
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/147200lx_a2ea.html

(299)ジーニアス英和・和英辞典(電子ブック)を入手しました
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/299-d2ff.html

(576)岩波英和辞典新版の用例「W」「X」「Y」「Z」
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/576wxyz-86be.html

« (697)ほかにも偉大な英語熟語辞典がある。『新英和活用大辞典』(勝俣銓吉郎著) | トップページ | (699)新聞記事にも取り上げられている『熟語本位英和中辞典』 »

4. 辞書・辞典・事典」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175746/64557432

この記事へのトラックバック一覧です: (698)斎藤秀三郎先生は齋藤和英大辞典も出している。:

« (697)ほかにも偉大な英語熟語辞典がある。『新英和活用大辞典』(勝俣銓吉郎著) | トップページ | (699)新聞記事にも取り上げられている『熟語本位英和中辞典』 »