無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月27日 (水)

(714)「めちゃくちゃ『お得』でお勧めの保険」のお得度は?iDeCoと比べてみる。

(714)「めちゃくちゃ『お得』でお勧めの保険」のお得度は?iDeCoと比べてみる。

ダイヤモンドオンラインで『めちゃくちゃ「お得」でお勧めの保険、でも納得がいかない理由』(山崎元)という記事を読みました。http://diamond.jp/articles/-/129134

そんなにお得なんですか? 
家族のために200LXのTVMで計算してみたら、、、お得でした(笑)。

I. この生命保険のことですが、、、

5000_12(1) 毎月5000円払い込みで、5年後に30万9千円の受け取りだそうです。
これを積立預金として考えると、この利率は1.2%ということになります。

5000_897(2) 税金の還付が年間で1.08万円だとすると、一ケ月あたり900円の還付になります。
毎月5000-900=4100円を5年間積み立てる積立預金として計算すると、年の利率は8.97%と計算されます。

これは確かに積立預金としては、利率がめちゃくちゃいい!

この計算は記事のように限界税率30%の場合の計算です。
(下の私の家族のように、限界税率20%ならば6.25%と計算されます。)

※ でも、受け取りの時に税金がとられるんじゃないの?
→ (ネットで検索してみました)
 生命保険満期のときに、利益が50万円までなら雑所得にならないんだそうです。じゃ、この保険の満期受け取りで税金をとられないわけだ。

(注)満期保険金等を一時金で受領した場合には、一時所得になります。
   一時所得の金額は、その満期保険金等以外に他の一時所得がないとすれば、受け取った保険金の総額から既に払い込んだ保険料又は掛金の額を差し引き、更に一時所得の特別控除額50万円を差し引いた金額です。課税の対象になるのは、この金額を更に1/2にした金額です。

II. じゃあ、iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金ではどうかな? 同じように計算してみよう。

私の家族の昨年度の総収入は○○万円でした。
確定申告書で確認すると、課税所得が320万円になっています。
もし、課税所得が330万円を超えると所得税率が20%になりますが、それ以下なので所得税率10%です。

住民税は10%ですので、限界税率は10+10=20%です。
(限界税率っていうのは、10万円収入が増えると、2万円が税金でとられて、8万円が手元に残るということです)

確定拠出年金は、一ケ月あたり2.3万円の掛け金なので、その掛け金の20%が還付されるということです。
つまり、確定拠出年金に2万3000円貯金するけれど、実質的には1万8400円しか出していないということです。

※ 確定拠出年金は60歳になるまで受け取ることができません。また、10年間以上継続する必要があるので、50歳より少し前に始めるのが効率が良いです。

※ 家族はiDeCoでは金融商品を買うのではなく、積立預金にするのが希望です。

276_10毎月2.3万円を10年間無利子で積み立てすると、276万円になります。

276_4351万8400円を10年間積み立てして276万円になるのは、4.35%の利子率ということになります。

220_10もし、1万8400円を0%利子で積み立て預金したら、220万円になります。

276万円と220万円の差は49.2万円です。これが節税ぶんの儲けということになります。

10年後にiDeCoを受け取ることになりますが、退職金としての受け取りになりますので、退職金に対しての税金がかかりるはずです。
10年間での退職金の控除額は調べてみると400万円です。この金額以下なので、iDeCoの積み立て額では受け取り時に税金がかからないということになります。

III 課税所得が330万円以上(~650万円)の場合

276_683上と同じ計算で、掛け金の30%が戻ります。
つまり、確定拠出年金に2.3万円貯金するけれど、実質的には1万6100円しか出さなくてすむということです。

利率としては、6.83%で積立預金をしたのと同じということです。ぐんとお得度が増しますね。

家族には、もうちょっと頑張ってお仕事して、収入を増やすように勧めてみます(笑)。

★ 私の場合は年金を受け取る年齢になっちゃいましたから、上のお得な生命保険もiDeCoも使うことができません。残念っ。

2017年9月26日 (火)

(713)森卓はおバカ、佐藤優もぼんくらだったのか。

(713)森卓はおバカ、佐藤優もぼんくらだったのか。

すみません(_O_)(ぺこり)。過激なタイトルにしてしまいました(笑)。
(この項は、毒をいっぱい含んでいるので、一定期間後に削除します)

自分の知らない分野のことを知ったかぶりで論評するべきではないですね。その分野に詳しい人から見ると、知ったかぶりのおバカとかぼんくらだと思われてしまいます。

Bookreview私は、ビジネス週刊誌のうち、週刊ダイヤモンドと週刊東洋経済を購読しています。週刊エコノミストと日経ビジネスとは、興味がある号だけを購入して、あとはほとんどは立ち読みですませています。

ということで、本題です。

最新号の週刊ダイヤモンドの BookReviews 「知を磨く読書」(佐藤優連載)のコラムで、『森卓77言』という本のことを取りあげています。

森卓のピント外れの「言」を取りあげて、さらに佐藤優がつまらない論評を書いています。佐藤優ってそんなにぼんくらだったか?

コラムの内容をいっしょに吟味してみましょう。

77『森卓77言』に「医師については、今後の高齢社会のなかで、誰がどう見ても不足していくことが確実です。すでに、産婦人科医、小児科医、へき地医療に従事する医師などが深刻な不測の状態を迎えていることは、反論の余地がないでしょう」とあります。

一般の人が、普通にさらっと読んでしまうと、違和感を感じないかも知れません。しかし、この短い記述の中に論旨のネジレががあるので、お話ししましょう。

(1)「医師については、今後の高齢社会のなかで、誰がどう見ても不足していくことが確実です」とありますが、ほんとうに「誰がどう見ても」なんでしょうか? 1億人の人がすべて同じように考えますか? 一人や二人のへそ曲がりがいて、そのようには考えないという人がいるんじゃないですか?

「誰がどう見ても」とか「絶対に」などという言葉は、めったに使うものじゃないです。じっさいに医師が不足していくという見方もありますが、「医師は不足していない、偏在が問題なんだ」という意見も多いのです。(これはこの項の後半でもお話しします)

(2)「すでに、産婦人科医、小児科医、へき地医療に従事する医師などが深刻な不足の状態を迎えていることは、反論の余地がないでしょう」とあります。マテヨ!

「高齢化社会」と「産婦人科医」「小児科医」「へき地の医師」は結びつかないでしょう。

「高齢化社会」で足りなくなるのは、老人医療をになう医師たちのはずです。少子化の日本では、産婦人科医・小児科医は少なるなるべきでしょう。だって対象となる人口が激減しているんですから。
また、へき地は過疎化が進んでいます。だったら、へき地医療をになう医師も少なくなるべきでしょう。

どうして「高齢化社会」の中で「産婦人科医」「小児科医」「へき地の医師」が少なくなるのが問題になるのですか? 論旨がぜんぜん一貫していない。

私が森卓はおバカだという所以です。

さて、佐藤優の記述についてです。

森卓の「医師会の政治的影響力は無視できないので」「医学部(の新設)は認めない」というのが安倍政権の方針ならば、という記述に対して、佐藤優が「獣医についても医師についても、もっと競争原理を導入すべきと思う」「国家試験で基準に達しないものを排除する仕組みをつくっておけば、医師の質が低下することはない」と書いています。

(3) 森卓は「医師の不足」ということは(ピント外れながら)言っていますが、「医師の質が低下する」ということは言っていないでしょう。

佐藤優が脈絡なく「医師の質」と言っているだけです。論旨のネジレというよりも、「不足」と「質の低下」はぜんぜん別の問題です。佐藤優ってそんなにぼんくらでしたっけ?

(4)「産婦人科医、小児科医、へき地医療に従事する医師などが深刻な不足の状態を迎えている」ことについて、実情をお話しておきます。なぜ、不足しているか?ということについてです。

この問題は、単純化して言うと「経済原則に沿っていないから」なんです。

へき地医療に従事する医師っていうのは、非常に過酷な仕事なんです。医師だからミスはとうぜん許されないです。都会と同等な医療レベルを要求されます。へき地だからといって「低レベルでいい」なんて許されるわけがなくて、万が一の時は医療訴訟を起こされます。(イナカも権利意識は強い)

いっぽうで、「へき地」だから孤立無援。ほとんど支援がないところで医療行為をしなきゃならない。そのうえ報酬は低レベルです。

じゃあ聞くけど、お給料が低くて、だれも助けてくれなくて、万が一ミスしたら訴えられる可能性があって、危険性が高い職場に、好んで行きたがる人っているんですか?
もし、子どもがいたら、子どもに高いレベルの教育も受けさせることができないですよ。

そういうことで、へき地医療は、少なくとも医師たちにとって、ぜんぜん魅力のない仕事なんです。

もし、本気でへき地医療を充実させたいなら、年収1億円とか2億円とかで医師を募集すればいいんです。そしたら応募者はいると思います。でも、それだけの太っ腹な地域首長はいません。だから結局のところ、いつまでたってもへき地は医師不足なんですよ。

(5)「産婦人科医、小児科医」が「深刻な不足」というのは、論点がちょっと違います。赤ちゃんはいつ生まれるかわからないという点で、産婦人科医の労働条件は過酷なんです。極端にいうと、一生、24時間待機状態です。

お産には、母体と赤ちゃんの2人の命がかかっています。昔からお産には危険がつきものです。すべてのお産が正常分娩ではありません。多くの正常分娩の中に異常分娩がひそんでいます。

だから、「無事に生まれてよかったね~」と家族一同、心から喜ぶのです。

万が一、異常分娩にあたってしまって、出産が「無事」ではなかった場合、高率で医療訴訟になります。そういう意味でも非常に危険性が高い診療科目です。そのために、日本では産婦人科医がどんどん減っています。産婦人科医の親は、自分の子どもに「産科医だけはなるなよ」と言うことが多いのが実情です。

もちろん「小児科」も難しいですよ。トラブルのタネをいっぱい抱えるような診療科目です。
それに基本的に不採算の診療科です。なるべく検査をしない、なるべく薬をつかわない、ということを強いられますからね。

(6)佐藤優は、このコラムの最後のほうで、「獣医についても医師についても、もっと競争原理を導入すべきと思う」と書いています。

ああ、この人、「競争原理を導入しちゃいけない」ってことを知らないんだな。知ってはいるんだろうけど、意識できないんでしょう。

じつは、日本の医療は競争原理を入れないようにしているんです。「医療サービスの価格」は自由価格ではなく統制価格になっています。金持ちも貧乏人も、国民が平等に医療を受けられるようにという趣旨からそのようになっています。そういうことでは、日本は世界一幸福な国と言えなくもないです。

医療サービスが統制価格なので、腕のいい医者にかかっても、ヤブ医者にかかっても、医療サービスの対価は同じです。
「海外旅行中に虫垂炎で手術を受けたら何百万円もかかった」なんてことがいわれますが、これが自由価格の例ですね。
日本では統制価格なので海外のほうが異常に思えますが、競争原理を導入するとそういうことになっちゃいます。

医療も経済行為の一種なので、医療サービスの「価格」という最重要な部分を統制してしまうと、医療全体をかなりの程度統制することになってしまいます。
「価格」は統制するけれどそれ以外を競争に任せるということができなくなるのは当然です。

佐藤優ほどの知識人が、そういうことを知らない、そういうことに気を配れないというのはびっくりしました。

以上、ちょっと長いお話をしてしまいました。

私がお話したいのは、「自分がそのバックグラウンドをよく知らない領域について、知ったかぶりで論評すると、ピント外れで恥をかく」ということです。

森卓は昔からおバカだから、まぁそんなところだけど、佐藤優もその程度かな。非常に残念。

2017年9月18日 (月)

(709-4)スマホではグーグルカレンダーを1年前までしか表示できない。

(709-4)スマホではグーグルカレンダーを1年前までしか表示できない。

Calender2知りませんでした。スマホではグーグルカレンダーを1年前までしか表示できないんですね。

「こりゃあ簡単だ!」「具合がいいぞ!」と思って、200LXの Appointment の過去の予定表を、グーグルカレンダーにインポートしました。
2017年ぶんをインポートして、2016年分をインポートして、2015年分をインポートしました。
で、スマホで確かめてみると2015年分が表示されません。
「更新」を何回も動作させてみても、やはり2015年のところは白いままです。

「どれくらい前までなら表示されているのかな~?」とさかのぼって見てみたら、ちょうど1年前までしか表示されていません。
ああ、残念!

実は、以前から、200LXのSDカードに保存してある過去30年分の記録を、グーグルカレンダーに入れてしまおうかと思っていたのです。
グーグルカレンダーに過去のデータを入れておけば、Yahoo!などのカレンダーにも簡単に移行できるでしょう。
また、スマホでもWindowsパソコンでも、昔の記録を読んだり検索したりが、自由にできるようになるだろうと夢見ていたのです。

WincalenderこれがWindowsパソコンでなら、1年以上前の予定も見ることができます。だったら2015年、2014年、、、とず~っと昔のデータを入れておいて情報を加工することができます。

でも、私は、持ち歩く携帯機器の上で過去データを読んだり検索したりしたいのです。

そういう「夢」がこわれてしまいました。
やっぱり200LXを使い続けるしかないかと思います。

Calender1_2※ ついでなので、グーグルカレンダーで複数のカレンダーを同時に表示させる設定画面をアップしておきます。
ここでは、2017年をひとつのメールアドレスのカレンダーに作ってあって、別のメールアドレスのカレンダーに2016年と2015年を作ってあります。このように、複数のカレンダーを同時に表示するように設定できるということです。

※ さらについでのお話。
200LXの[memo]で、[am]→[ am]のように文字置換をするときに、[Case sensitive]にチェックを入れておくことで、10倍くらい速く置換ができます。
私は1年分のデータの置換をするときに、遅すぎてイライラしてました^_^;

2017年9月17日 (日)

(712)年金の繰り下げ受給はかなりヤバい。繰り下げしない方がよい

(712)年金の繰り下げ受給はかなりヤバい。繰り下げしない方がよい。

かなりヤバいというのは、「繰り下げ受給」すると得するどころか、損する(一部受給できない)可能性があるということです。ネットで「繰り下げ受給」のことを検索してみても、「繰り下げ受給を選んだら、結果的に年金受給額が多くなって良かった」という話は見かけたことがありません。

ネットの情報でもそうですが、いろんな本や雑誌を読むと、まるでハヤし立てるように、「繰り下げ受給」の良いことばかり書いてあります。私から見ると、「繰り下げ受給が良い」と発言しているのは、実情を知らないファイナンシャルプランナーか、御用社会保険労務士なんじゃないかと思います。

私の個人的な経験では、「かなりヤバい」(一部受給できなくて損する)と思っていますので、そのことをお話します。

私自身は、自分が若いときは、「『年金』って言ったって、どうせほとんどもらえないんだろ!」「(お金を)取られるばっかりだろ!」と思っていました。(今の多くの若い人たちと同じようです)(笑)

さて、「老齢年金」っていうのは、大ざっぱにいうと「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」の2階建てになっています。

そこでまず、「老齢基礎年金」のことをお話しますと、受け取るにしても大きな金額ではない(年額で60~70万円)ので「繰り下げ」しようと考えていました。顧問の社会保険労務士に相談したところ、繰り下げする場合はデメリットのほうが大きいことと言われて、繰り下げせずに受給することにしました。
もらえないものと思っていたのに、わずかでもお小遣いがもらえるのは正直うれしかったです(笑)。

Wazukaそのうちに、「老齢厚生年金」を受給できる年齢になりました。
左の新聞切り抜きに「給与収入があって当面、年金に頼らずに済むのなら、将来の年金額を増やすことを優先してもいい」と書いてあるように、給与が多かったので、65歳の時点では「繰り下げ」することにしました。(これが失敗の元でした)
(この切り抜きには「繰り下げを選ぶ人の比率はわずか1%」とあります)(99%の人は私とは違って正しい選択をしているんですね)

「老齢厚生年金」は受給せずに「繰り下げ」にしていたのですが、徐々に給与収入そのものが減少してきたので、「そろそろ受給するかぁ」と思って、今年の3月に受給の申請を出しました。

しかし、申請してからすでに6カ月以上経過しましたが、社会保険事務所からはなんの音沙汰もありません。もしかしたら危惧していたように、「老齢厚生年金」はもらえないかも知れないと思います。

Kurisage前項(708)でお話した週刊ダイヤモンド「定年後の歩き方 お金・仕事・人脈」に、「年金を少しでも増やすには?」「切り札は不人気?の繰り下げ」と書いてあります。「メリット盛りだくさん」とあります。

Kurisage_2「繰り下げを選んだのは全体の1%に満たない」
「さほど後先を考えない人が多数派のようである」と、いかにも繰り下げを選ぶのが賢いかのように書かれています。

この記事は、おそらく実際のことを知らない人が書いているのだと思います。

Kokoroe日経新聞には、ときどき年金関連の記事が載ることがあります。左図の「働くシニアの年金心得」というタイトルの記事でも、繰り下げ受給が良いと書いてありましたし、

42zougaku「公的年金 丸わかり(4)原則65歳だけど」
「70歳から受給で42%増額」の記事でも繰り下げ受給が良いと書いてあります。

ネットで、「年金 繰り下げ受給」という語で検索してみても、「繰り下げるのが良い」という話は見かけますが、「繰り下げしてよかった」という話は見かけたことがないです。

また、「繰り下げしてからどのように受給申請を出すかという方法についても、いくら検索してもヒットしません。

私の場合、繰り下げしていた老齢厚生年金の受給を受けるために、手探り状態で書類を書いて、社会保険事務所に書類を(郵送で)提出しました。
数週間してから、書類が不備だということで書類一式が返送されてきたので、社会保険事務所に言われるままに訂正して、書類を再提出しました。それっきりです。

再提出してから半年以上経過して、「書類受領」の連絡もありませんし、「支給決定」の連絡もありません。再提出して3カ月くらいしたときに、不安になって電話で問い合わせをしてみたのですが、「3カ月から6カ月かかります」というようなことを言われただけで、きちんとした説明もされませんでした。

今は、お金に困っているわけでもないし、それ以上問い合わせてもラチがあきそうもないので、1年くらい待ってみようかと思っているところです。

結果的に、「繰り下げ受給」という私の選択は失敗だったと思います。

それで、もし、年金受給の繰り下げをしようとする人がいて、ネットで検索した場合に、私の失敗を知ることができるようにと、「私の経験からは、『年金の繰り下げはなるべくしないほうがいいですよ』と、ここに書いておきます。社会保険庁も年金の専門家も信用できません。

Sikyuumore 半年以上、ずっ~と不審・不満に感じていましたが、数日前に左のように、日経新聞に「機構、情報管理に不備」「支給漏れ10万人」の記事が掲載されました。

私の場合、老齢厚生年金のほかに、私立学校共済年金と、国家公務員共済年金の3種類の年金を受給できることになっています。数年前からそれらが「一元化」されたはずですが、やっぱり「実態伴わず」なんですね。

新聞に載ったことで、「やっぱりな~、日本の年金制度(社会保険庁)はイイカゲンなんだ」と改めて思いました。

面倒なことですが、しばらく待ってみてから、時効にならないうちに社会保険事務所に再問い合わせしてみようと思っています。

(711) 「中間ゴミ」考察 --- メールの場合

(711) 「中間ゴミ」考察 --- メールの場合

ここでお話する「中間ゴミ」というのは、「必要な情報」と「不必要な(ごみ)情報」の間にある、「処理に迷う情報」のことです。

言い換えると、あとになって必要になることがない「完全なゴミ」とはちがって、今はとりあえず不要と判断するけれど、あとになって、「もしかしたら必要になるかも知れない」と処理判断に迷いが生じるゴミのことです。

今のところ、この「中間ゴミ」のことを、A. 紙の資料、B. パソコンの中のファイル、C. 200LXの中のファイルと、書きかけの文章、D. 送られてくるメール、について考えています。そのうちに E. それ以外、も考えるようになるかもしれません。

Niftymail今回は、「D. 送られてくるメール」の「中間ゴミ」の処理を、 @nifty を経由するメール転送手順を作ることで実現できたので、そのことをお話しします。

A. の紙の資料については、「(75)ごみ箱システム」の項で、「野口悠紀雄先生の「『超』整理法3」は、副題が「データをとりあえず捨てる技術」となっていて、とても面白い本だとお話ししました。

「『超』整理法3」に触発されて、「捨てようかどうしようか?」と迷う書類は、一ヶ月ごとに封筒に入れて保存していることをお話ししました。(45番目の記事でもお話ししたことがあります)

このように、紙ベースの情報では、「保存するべき情報」と、「(二度と見ないから)即座に捨ててしまう情報」と、「(その中間で)必要になることはないと思うが、もしかしたら、あとで見ることがあるかも知れない」という中間の情報(中間ゴミあるいは保存ごみ)に分けて処理しています。

紙の資料を3種類にわけて処理していることは、

(347)保存ゴミ--捨てる技術

(516)「保存ゴミ」の袋を色別にする。

(540)ゴミ、保存ゴミ、保存資料 と ScanSnapのこと。
などでもお話ししました。

B. パソコンの中のファイルのことをお話しすると、Windowsのデスクトップの「ごみ箱」のほかに、「偽デスクトップ」と名付けた保存用フォルダと、中間ごみ用の「中間ゴミ」フォルダを作って処理しています。

このことを簡単にお話ししますと、

windowsの「ごみ箱」は(手動でもできますが)自動的にクリアされるようです。
私の場合は、その「ごみ箱」とは別に、デスクトップに「中間ゴミ」フォルダを作ってあります。
ここに中間ゴミのファイルを放り込んで、そのまま放置しています。(もちろん、必要になった時にはここから見つけ出すためです)
このフォルダは、そのパソコン限りで、新しいパソコンを導入した時には引き継ぎません。
「偽デスクトップ」は、パソコンを新しくするたびに引き継ぎます。

C. 200LXの中の「中間ゴミ」関係のことは、「(75)ゴミ箱システム」でお話ししたことがあります。

 200LXの「ごみ箱」システムのことをお話しすると、
>リセットをするたびに、「ごみ箱」の内容物が、
>「ごみ箱1」→「ごみ箱2」→「ごみ箱3」と移動して、
>その後に消去してしまうようにしています。
 ということです。

200LXのことでは、

(78)削除文字もバッファに残す(cut機能)

(462)200LXクリップボードの履歴を残す(1)

(463)200LXクリップボードの履歴を残す(2)

でも、似たようなことをお話ししています。

さて、前置きが長くなりました。

D. 送られてくるメールについてのことです。

じつは、数か月前から、特定のETFをネット証券で頻回に売買するようになりました。
だいぶ以前から、いくつかのネット証券会社では、インデックス投信の売買手数料が無料になっています。

最近は、それに加えて、株などの売買手数料を下げる競争もしています。
ネット証券会社の中には、株などの売買手数料までも無料にするネット証券も出現しました。

売買手数料が無料の金融商品ならば、小口で頻回に売買することで、売買の差益をとることができるのではないかと考えて、そのような自動売買を試しているところです。(FXでのループイフダンのようなことです)

当初、年率で20%以上稼げるかと皮算用したのですが(笑)、一か月運用してみると年率10%程度しか稼げていません  (^_~;  ま、ほとんど損することがないので良いですが、、

ネット証券会社に頻回に売買注文を出しているので、多い時には一日に何十通もの約定メールが届きます。
この「約定メール」が、私にとって「中間ゴミ」のメールなのです。

つまり、
-----------------
約定メールが届かないと困る。かといって全部の約定メールに目を通すわけではない。数日か数週間後に再確認する必要になることもある。しかし、それ以降は(完全に不要になるので)(手間をかけずに自動的に)削除してしまいたい。
-----------------

こういうように、「一定の期間は保存しておいて、その期間が過ぎたら、メールが自動的に消えてしまう」ようなシステムが作れないものか、と考えました。

結果的に、そういうシステムを作ることができました。

Tensou2★ 「証券会社」→ 約定メール → @nifty → 転送 → メインのGメール
というように「転送」することで、私が目指した機能を実現できました。

さらに細かくお話しすると、

 ・ @nifty に届いたすべてのメールを、メインのGメールに転送します。
 ・ メインのGメールでは、目を通したら即座に削除してしまいます。
 Furiwake・ @nifty では、メールのフォルダ分類の条件を作っておいて、すべて「ごみ箱」に移動させます。

 Hozon・ @nifty のごみ箱は、一定期限だけしか保存しない設定にしておきます。(私の場合は一ケ月)

このような流れを作ることで、「一定の期間だけメールが保存されていて、その後は自動的に消えてしまう」というシステムを作ることができました。

 この方式の考えかたけ理解できれば、だれでも簡単にこのようなシステム構築できると思います。

 

(710)楠木新著 『定年後』はかなり面白い.

Teinengo_2(710)楠木新著 『定年後』はかなり面白い.

「(708)定年前後の金銭的プランニングと200LXのlotus123」の項では、金銭関係などの外的要素についてお話しました。

いっぽうで、お金のこと以外の定年後の生活については『定年後』(楠木新著)がずいぶん面白かったです。ベストセラーになっているのもうなずけます。

この本のアマゾンのレビューも面白いです。本の評価というのは、その人の年齢・立場などの環境によって大きく異なることがわかります。
この本は、金銭的にある程度余裕があって、退職してからも自立して生活できる人からは、共感できる内容だと思います。ぎゃくに、そのような状況ではない人から見ると、つまらない内容と思えるのでしょう。
そういうつもりでレビューを読むと、この本の輪郭がくっきりと見えてきます。

この本の本の内容では、
-----------------
001 会社の労働組合がセミナーを主催していることもある.
それらの内容は、概ね決まっていて次の4点である.

1. 受け取る年金額をきちんと計算して老後の資産を管理すること
2. 今後長く暮らすことになる配偶者と良好な関係を築くこと
3. これから老年期に入るので自分の体調面、健康にも十分留意すること
4. 退職後は自由な時間が生まれるので趣味を持たないといけない
-----------------
と書いてあります。
なるほど、一般的なサラリーマンの場合は、私のような自営業とはちがって、定年の前に準備のためのセミナーがあるのですね。著者は「ライフプラン研修通りにはいかない」と書いていますが、うらやましいことです。

-----------------
030 実際に畑仕事や果物づくりをしている人は、高齢者であっても元気なのだ. 自分の仕事や役割がいっぱいあるからだろう. それに比べると、都心にある市役所の定年退職者は、組織を離れると社会とつながる機会がとても少ない.
-----------------
テレビを見ていると、地方で農業をしている人はしっかりしているように見えます。
しかし、私が直接的に接触する高齢者の都市生活者をみていると、社会性を失っている人と、しっかりしている人とに、大きく二分されているように思います。

一つの典型は、あまり豊かではない年金生活者で、社会的な接触が少ない人たちです。身なりや言葉遣いがだらしなくて、話も独善的であることが多いです。社会的な接触が少ないと自らを省みたり、自分を律することが少なくなるためだと思います。
同じようなことが中高年の専業主婦にも言えます。社会的な接触が少ないと自分あるいは自分の周囲だけが一般的な社会ととらえてしまうのだと思います。他者への配慮があまりできなくなっている人がめだちます。

もう一つの典型は、かなり高齢になっても身なりや言葉遣いなどがしっかりしている人たちです。そのようなバランスの取れた高齢の人たちに生活の背景を聞いてみると、つい最近まで、あるいは現役で地域社会の中で役割を持っているかあるいは持っていた人たちです。

-----------------
057 誰もが独りぼっち
それぞれの場所における定年退職者と思しき人たちの特徴を一言で言えば、誰もが独りつちだということである. 午後になれば高齢者のグループがカフェなどで話している姿をることもあるが、それは稀なケースだ.
カルチャースクールの講座にも行ってみたが、どの教室も女性は割とわいわい楽しそうにしているが、男性はやはり一人で話を聞いている人が多かった.

060 「元気な人は同期で1割5分」
60代半ばの先輩と話していて、その人が参加する同期会の話題になった. 同期は全体で100人近くいて開催すると30人くらいは集まるという.
各自が現在の状況や身の周りの出来事などを話し合うと、3時間くらいはすぐに経つそうだ.

060 彼に率直に、「イキイキした生活を送っている人の割合はどのくらいですか?」と聞いてみると、少し考えて「全体の1割5分くらいじゃないか」と答えてくれた. 同期会に出てくるのはまだ元気な人だろうとも語っていた.
-----------------
私は、15年くらい前からカルチャーセンターで武道を習っています。比較的豊かな人たちが多いためもあって、バランスの取れた常識的な人が多いと感じます。
以前から、私は交友関係を広くしたいと思っていません。友人関係も広く浅くという付き合いではなく、少数の同じような感性の人たちとだけ付き合いたいと思っています。
カルチャーセンターで習い事をしていると、同じような方向性を持っている人たちとの信頼・友人関係が広がってきています。
中高年になってから友人関係が広がるとはまったく思っていなかったのですが、年齢・性別の垣根を越えていろんな人たちと仲良くできるのは、とても面白いと感じます。

-----------------
066 毎日毎日通勤電車に揺られて出勤して、朝から夕刻または夜中まで与えられた仕事を常にこなしてきた人は、本来何かをやらげずにはいられない性質の人が多いのではないか. 「定年退職者は、辞めても週に何日かは拘束される時間がある方が安定できる」との総合商社OBの発言は至言だと思うのである.

071 定年後、日本人男性は本当に世界一孤独になるのである.
-----------------
カルチャーセンターでの中高年の人たちを観察して、バランスの取れた常識的な人たちが多いと感じるのは、ぎゃくに、その人たちの環境・性格がよいからこそ、カルチャーセンターに通う余裕があるのだろうと考えることがあります。

-----------------
107 これを見ると、男性には3つのパターンがあり、2割弱の男性は70歳になるまでに健康を損ねて死亡するか重度の介護が必要になる. たしかに私の周りでも60代で死去したり重い病気になったりする人がいる. しかし7割の男性は75歳頃から徐々に自立度が落ちていく. そして残りの1割の男性は90歳近くまで自立を維持する. 女性は9割近くが70歳半ばから衰えていくことになる.

130 繰り返しになるが、個人事業主は社会と直接的につながっているが、会社組織で働く社員は会社を通して社会と間接的に向き合っている.
何らかの形で社会とつながっていないと、定年退職者の行く末は厳しくなることが予想される.
-----------------
自分では、「90歳近くまで自立を維持する」「残りの1割の男性」になりたいと思っています。
そのための要件は、「金銭的な余裕」「社会性を保つこと」「精神的・肉体的・頭脳的な健康を保つこと」が肝要だと考えています。

-----------------
157 「専業主婦と定年退職者は似ている」
私が主宰する研究会で地域活動の話題になった時に、出席した女性が「転勤してきたばかりの専業主婦と定年退職者は似ている」と語り出した.
-----------------
私のクライアントたちを見ていて、私も「専業主婦と定年退職者は似ている」と感じています。
どちらも社会と疎遠になっていくことと、そのために自分の周囲から社会性を強制されることがなくなるためだと考えています。

この項の最後に、「悔いない人生を送るため」のこともちょっとお話します。

人生の終わりが近づいた人たちが、「ああしておけば良かった」「こうしておけば自分の人生はもっと充実したのに」と悔いを残しています。
そういう多くの反省を読むと、現在の自分が何をしておくべきなのかということが見えてきます。

私は、200LXの中に、この5年前の記事内容を入れてあります。ときどきこれらを読み返すようにしています。

(603)老後に後悔しないようにしたい。雑誌プレジデントの記事  http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/603-4659.html
(604)愛されるジジイになるために。雑誌プレジデントの記事から  http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/604-68a4.html

2017年9月16日 (土)

(709-3)200LXのアポイントを(MEMOを使って)グーグルカレンダーにインポート。超簡単

(709-3)200LXのアポイントを(MEMOを使って)グーグルカレンダーにインポート。超簡単

200LXのアポイントをグーグルカレンダーにインポートする方法を(709)(709-2)でお話しました。

その後、(709-2)の中の[MEMO]を使ってファイルの記述を整形する方法を試してみたら、あっけないほど簡単でした。
「なんだ、こんなに簡単にできるなら、もっと前からグーグルカレンダーに移しておけばよかった」と思うほどでした。

そこで、ここに稿を改めて、[VZ]ではなく[MEMO]を使う方法を書いておきます。いちおう(709)も参照してください。

基本的には、(709)に書いた方法と同じです。VZエディターを使わずにシスマネの[MEMO]を使うというところが、(709)と違うだけです。必要なファイルは(709)からダウンロードしてください。

Datetime (709)の末尾に、「日時と時間のフォーマットを[MM/DD/YY]と[HH*MM AM/PM]の形式にしておいてください。VZのDEFファイルはこの形式を前提に動作するようにしてあります」と書きました。

この図のような形式にしておきます。

Margins また、[MEMO]のマージンは、この図のように255文字に設定しておきます。

Extensio さらに、[MEMO]で読み書きするファイルの拡張子は、「*」に変更しておくほうが手間が少なくてすみます。

--------------------------

先に大ざっぱな手順をお話しておいて、のちほど詳しい方法をお話します。

1. 200LXのアポイントから、Smart Clip機能を使うことで、各予定を一括して抽出します。
2. 抽出したファイルをVZエディターで加工します。
3. googleカレンダーで新規のカレンダーを作ります。
4. googleカレンダーの上で、従来のカレンダーと新規のカレンダーを同時に表示するようにしておきます。
5. 加工したファイルを、その新規のカレンダーにインポートします。
6. これで、元のカレンダーと200LXからインポートしたカレンダーが、合成されて表示されます。

以降が、詳しい手順です。

1-1. まず、200LXのアポイントにSmart Clipの定義ファイルを登録しておく必要があります。これは一回登録しておけば、作業のたびに登録する必要はありません。

 ・200LXの[memo]にSmart Clipの定義ファイル([smrt_clp.bin])を読み込んでその定義部分全体をclipboardにcopyしておきます。
  あとは[memo] は閉じてしまってかまいません。

 次に[Appoint] を開きます。

 ・何かのアポイントを画面に表示しておいて、[menu]→[Options]→[Smart Clip]と選びます。
 ・[Define]を選んで、画面が表示されたら、clipboard からpaste します。
 ・[OK]を選んでから、この定義に名前をつけます。ここでは、[copy to google] という名前にします。

 ・定義が登録されたら、[esc] を押して、もとのアポイントの画面に戻ります。これで Smart Clip の登録終了。

1-2. Smart Clip を利用して、アポイントから予定を一気にエクスポートします。

 ・アポイント画面で、[menu]→[File]→[Print] と選んでいきます。

 ・[Print]の画面では、[These Items]で何をエクスポートするか選びます。
  [Appointments & Events]が良いでしょう。
 ・いつからいつまでの予定をエクスポートするか、とりあえず9月1日から9月30日までをエクスポートすることにします。
 ・[Style]では[Cusutom]を選びます。
 ・[Cusutom]の窓の中に定義ファイルが表示されていますので、下矢印を押して(さきほど登録した)[copy to google] を選びます。

 ・[Print to]では[File]を選んで[OK]を選べば、ファイル名入力の画面が表示されますので、適当なファイル名をつけます。
  [201709.csv] とでもしておくかな。(ここで拡張子は csv としておきましょう)
  これで、9月分の予定を一括してファイルにエクスポートできました。

2-1. つぎは、[MEMO]を使って、[201709.csv]をgoogleが認識できる形式に整えます。

 Ggl_head・[MEMO]に、[ggl_head.csv]というファイルを読み込んで、表示される1行をclipboardにcopyします。
  あと、[memo] はいったん閉じます。

 ・再度、[MEMO]を起動して、先ほど作った[201709.csv]を読み込みます。
 ・この[201709.csv]を表示させておいて、いちばん先頭に、clipboardからpasteします。
  (このときは、いちばん上の行に[ggl_head.csv]の内容が表示されていて、その下に[201709.csv]の内容が表示されている状態です)

Replace  ・[F5]を押して、replace画面を出して、図のように[am]から「am]に一括置換(relace all)します。
  同様に、[pm]から「pm]に一括置換(relace all)します。

 ・これで、[201709.csv]のファイルは、グーグルが認識できる形式に変換されましたので、上書き保存します。

------以降は、(907)と同じです------

3-1. グーグルカレンダーでどのようにインポートするかは、詳しく説明されているサイトがありますから、ご自身で検索して調べてください。そのほうが、私がここで説明するよりも理解しやすいでしょう。

--------------------------

 ※ 新しいカレンダーを作ります。「201709]とでも名前をつけておきます。
 ※ 元のカレンダーと「201709]が同時に表示されるようにしておいて、、、
   と書きましたが、オリジナルのカレンダーにインポートするのではなく、別の「新しいカレンダー」にインポートするのがよいです。

   というのは、うまくインポートされなかった場合に簡単に消去できるからです。

   200LXのシスマネアポイントに一括登録する場合も、いったん別のアポイントファイルに一括登録しておいて、そのアポイントファイルをオリジナルのアポイントにマージします。

   これも、はじめからオリジナルのアポイントに登録してしまうと、ひとつずつ削除しなければらなずに手間がかかるからという理由からです。

2017年9月14日 (木)

(709-2)200LXのアポイントを(VZを使わずに)グーグルカレンダーにインポートする

(709-2)200LXのアポイントを(VZを使わずに)グーグルカレンダーにインポートする

前項(709)をアップロードしたあとで、記載されている方法で追認してみましたら、手順に不具合がありましたので、一部訂正してあります。

(709)ではVZエディターでファイルの内容を書き換えました。
(私にとって)VZエディターはとても使い勝手の良いアプリケーションで、まるで200LXに元から装備されていたかのように、具合よく動作してくれます。

しかし、VZエディターがなくとも、200LXの予定表をグーグルカレンダーに移すことができないかだろうかと考えていました。

考えた結果、200LXに装備されたアプリケーションだけでもほとんど同じことができるので、メモ代わりにここに書いておきます。自分が使い慣れた方法でファイル変換すればよいと思います。

さて、(709)では、
--------------------
1. 200LXのアポイントから、Smart Clip機能を使うことで、各予定を一括して抽出します。
2. 抽出したファイルをVZエディターで加工します。
3. googleカレンダーで新規のカレンダーを作ります。
4. googleカレンダーの上で、従来のカレンダーと新規のカレンダーを同時に表示するようにしておきます。
5. 加工したファイルを、その新規のカレンダーにインポートします。
6. これで、元のカレンダーと、200LXからインポートしたカレンダーが合成されて表示されます。
--------------------
という手順を書きました。

このうちの 1. と 2. は、200LXの内部アプリケーション(シスマネ)だけでできますので、具体的にお話しましょう。

まずは、200LX の[memo]を使う方法

A.  「2. 抽出したファイルをVZエディターで加工」というのを、200LXの[memo]で処理する方法です。

 ・[memo]は、デフォルトでは76文字で改行してしまいますので、一行で256文字まで改行しないように、設定の数字を変えます。
 ・[memo]に、(709)で作った[201709.csv]を読み込みます。

 ・「am」「pm」の文字の前に半角スペースを入れるのが目的です。(←VZエディターでしたことはこのことなんです)
 ・方法としては、「am」を「 am」に一括変換して、つぎに、「pm」を「 pm」に一括変換することで半角スペースを入れます。

 ・そのファイルを保存(save)します。

たったこれだけのことで、「2. 抽出したファイルをVZエディターで加工」の動作ができます。
[memo]では一括変換ができるというのがミソです。

もう一つのほうほは、lotus123を使う方法です。
lotus123は、本来は「数字」を扱いますが、ダブルクォーテーションで囲ってあれば「文字」も扱えます。

B. lotus123で扱えるファイルを作るためには、Smart Clip を少し変更しておく必要があります。

 ・「1. 200LXのアポイントから、Smart Clip機能を使う」ということを少し変えます。
 ・具体的には、Smart Clipの定義ファイルの中の「,」を「","」に変更します。
 ・そのようにSmart Clipの定義を変えておいて、一括抽出します。
 ・ファイルの拡張子は、[csv]よりも[prn]にするほうがlotus123では扱いやすいです。(csvのままでもよいですが)

 上に書いたように、「am」「pm」の文字の前に半角スペースを入れるわけですが、これには3つの方法があるでしょう。

 B-1. シスマネのシステムマクロを使う方法
 B-2. lotus123のマクロを使う方法
 B-3. lotus123の文字列関数を使う方法
 です。 B-1~B-3のうち、慣れている方法を採用することになるでしょう。

 文字列の加工が終了して、lotus123でファイルに出力するときに、ひと工夫が必要です。

 というのは、lotus123では、カンマで区切った(テキスト)ファイル形式で出力できないからです。

 そのために、カラムの間にそれぞれ列を挿入して、それらのセルの中に「,」「","」などを書いておいてから、ファイルに印刷する必要があるのです。

 以上のようないくつかの方法で、(709)と同じような処理が可能だと思います。

 この項を書きながら、あらためて考えると、A.の方法が比較的やりやすいかと思います。

2017年9月13日 (水)

(709)200LXのアポイントをグーグルカレンダーにインポートする

(709)200LXのアポイントをグーグルカレンダーにインポートする

スマホを使い始めても、やはり200LXは手放せません。

「(703)予告:これからの記事内容」で
====================
逆に従来と同様に、200LXで使わざるを得ないもの
(1) アポイント
(2) アドレスブック
(3) ノートテイカー
(4) データベース
(5) lotus123(表計算)
(6) solver(計算式計算)
====================
と書いたように、「アポイント」(予定表)は200LX上で管理しています。http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/703200lx-dd3b.html

しかし、せっかくスマホを持ち歩いているのですから、スマホでもアポイントを見れるようにしたいと思います。

Monthそこで、今回は、200LXのアポイントをグーグルカレンダーにインポートすることをお話しします。

先に大ざっぱな手順をお話しておいて、のちほど詳しい方法をお話しましょう。

1. 200LXのアポイントから、Smart Clip機能を使うことで、各予定を一括して抽出します。
2. 抽出したファイルをVZエディターで加工します。
3. googleカレンダーで新規のカレンダーを作ります。
4. googleカレンダーの上で、従来のカレンダーと新規のカレンダーを同時に表示するようにしておきます。
5. 加工したファイルを、その新規のカレンダーにインポートします。
6. これで、元のカレンダーと、200LXからインポートしたカレンダーが合成されて表示されます。

200LXからgoogleカレンダーに簡単にインポートできるように、Smart Clipの定義ファイルも、VZディターのdefファイル(プログラム定義ファイル)も圧縮してここにアップロードしておきます。解凍して3つのファイルを取り出して使ってください。
「LX2GGLE.LZH」をダウンロード

さて、では詳しい手順をお話ししましょう。

※ VZエディターは必須です。VZがないと先に進みません。

1-1. 先に、200LXのアポイントにSmart Clipの定義ファイルを登録しておく必要があります。これは一回登録しておけば、作業のたびに登録する必要はありません。

Impt ・200LXの[memo]にSmart Clipの定義ファイル([smrt_clp.bin])を読み込んで

Inportその定義部分全体をclipboardにcopyしておきます。

 あとは[memo] は閉じてしまってかまいません。

 次に[Appoint] を開きます。

S_clip_1 ・何かのアポイントを画面に表示しておいて、[menu]→[Options]→[Smart Clip]と選びます。

S_clip3 ・[Define]を選んで、画面が表示されたら、clipboard からpaste します。
S_clip2 ・[OK]を選んでから、この定義に名前をつけます。ここでは、[copy to google] という名前にします。

 ・定義が登録されたら、[esc] を押して、もとのアポイントの画面に戻ります。これで Smart Clip の登録終了。

1-2. Smart Clip を利用して、アポイントから予定を一気にエクスポートします。

 ・アポイント画面で、[menu]→[File]→[Print] と選んでいきます。

Prnt_fil ・[Print]の画面では、[These Items]で何をエクスポートするか選びます。
  [Appointments & Events]が良いでしょう。
 ・いつからいつまでの予定をエクスポートするか、とりあえず9月1日から9月30日までをエクスポートすることにします。
 ・[Style]では[Cusutom]を選びます。
 ・[Cusutom]の窓の中に定義ファイルが表示されていますので、下矢印を押して(さきほど登録した)[copy to google] を選びます。
 ・[Print to]では[File]を選んで[OK]を選べば、ファイル名入力の画面が表示されますので、適当なファイル名をつけます。
  [201709.csv] とでもしておくかな。(ここで拡張子は csv としておきましょう)
  これで、9月分の予定を一括してファイルにエクスポートできました。

2-1. つぎは、VZエディターを使って、[201709.csv]をgoogleが認識できる形式に整えます。

 ・VZエディターで、[201709.csv]を読み込んで表示させておきます。
 ・一番上の行に、(グーグルカレンダーが認識できるように)このファイルの定義部分を挿入します。
 それには、画面の先頭にカーソルを置いておいて、[esc]→[i]と進んで、[ggl_head.csv]というファイルを選んで、[enter]を押します。
 ・一番上の行に定義headderが読み込まれたことを確認して、ファイルを保存します。
 ・保存されたこの [201709.csv] ファイルを、今度は、グーグルカレンダーが認識できるようにさらに加工します。

 ・加工するには、VZのプログラムファイルであるdefファイルを使います。
 VZに[201709.csv]を表示させておいて、[esc]→[^]と押して、[2google.def]というVZ定義ファイルを選んで [enter]を押します。数秒間画面が瞬くように変化して変換作業は終ります。
 これで、9月分のファイルは、グーグルが認識できる形式に変換されましたので、上書き保存してください。

3-1. グーグルカレンダーでどのようにインポートするかは、詳しく説明されているサイトがありますから、ご自身で検索して調べてください。そのほうが、私がここで説明するよりも理解しやすいでしょう。

 でも、簡単に書いておくと、、、

 ・自分用の新しいカレンダーを作ります。「201709]とでも名前をつけておきます。

4-1 元のカレンダーと「201709]が同時に表示されるようにしておいて、

5-1 新しい「201709]のカレンダーに、[201709.csv]をインポートします。

Calendar6-1. これで、200LXからインポートしたカレンダーが表示されます。

 HP200LXは20年以上前の設計なのに、シスマネのデータを自在にエクスポートできるように作られています。

 もともと、そういう機能が装備されているので、200LXに入力したデータが無駄になってしまうことはありません。

 じつに合理的に作られているものだと感心しちゃいます。

(ご注意) 日時と時間のフォーマットを[MM/DD/YY]と[HH*MM AM/PM]の形式にしておいてください。VZのDEFファイルはこの形式を前提に動作するようにしてあります。

※ ここに書いたことは、「(279)smart clip でファイル出力して、vzでファイル整形する」でお話したこととほぼ同じことです。そちらもご参照ください。
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/279smart_crip_v_4ef4.html

※ VZエディターをここで使ったのと同じような使い方をお話したことがあります。
「(352)ストリームエディタの代わりにVZを使う」のことです。こちらは、
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/372vz-733b.html です。

2017年9月12日 (火)

(708)定年前後の金銭的プランニングと200LXのlotus123

(708)定年前後の金銭的プランニングと200LXのlotus123

Teinengo私が一般的に言われている定年の世代に入ってきているので、定年後の生活に関しての情報にわりと敏感に反応してしまいます。

そういうことで、「定年後 - 50歳からの生き方、終わり方」 (中公新書)(2017/4/19)(楠木 新 著) を興味深く読みました。

Hyousiまた、9月2日号の週刊ダイヤモンド「定年後の歩き方 お金・仕事・人脈」特集号も興味深く読みました。

実際にその世代になってみて考えることも多いので、そのお話をしようと思います。

ただ、私は給与所得者ではあるのですが、自営業ですので自分で自分を雇用している状態です。そのため、いろいろなことで自由度が大きくて、一般的なサラリーマンとはかなり違っています。

ところで、「定年」という考え方・状態のことですが、別の言葉で言い換えると「年齢を条件として退職させる制度」だとと考えています。雇用したり退職させたりするのに、その人の能力を条件とするのは当然と思いますが、「年齢」を条件とする制度は理不尽だと思います。しかし、属している社会がそういう制度をとっているので、受け入れざるを得ません。

週刊ダイヤモンドの特集「定年後の歩き方 お金・仕事・人脈」では、お金のことを含めて、おもに自身と家庭の外的なことがらが取りあげられているようです。楠木さんの「定年後 - 50歳からの生き方、終わり方」では、むしろ個人の内面的なことがらが取り上げられています。

もちろん、どちらも重要なことだと思いますが、まずはお金のことをお話したいと思います。

Enekiさて、「週刊ダイヤモンド」では、定年前後に「収入の七つの崖」があるとしています。そんなに多くの段階的な「崖」があることは知りませんでした。知らなかったので、そのような収入の崖のことを意識したことがありませんでした。

Graph5「定年後の10年間が難しい」というタイトルの図が掲載されています。60歳から70歳にかけて急激に貯蓄額が減少することを示す図です。

しかし、貯蓄額は人によって大きく違うはずです。また、生活レベルも人によって違いますし、費用がかかるイベントも人によってちがいます。
安定した老後を過ごすためには、自分の貯蓄額の増減をしっかり確認しておくのが良いと思います。

Graph200LXのlotus123を使うことで、貯蓄額の経過を把握したり、将来の生活の設計が楽にできます。
私の場合、20年くらい前から毎月の預金残高とローン残高をlotus123に入力して、左図のようにいつでも確認できるようにしています。

図では、右下がりのグラフ線がローン残高で、時間の経過とともに徐々に残高が減少しているのわかります。右上がりの上側のグラフが預金残高です。変動はありますが、徐々に増加しています。右上がりのグラフのうち下側の折れ線は預金残高からローン残高を引いた数字です。ローンを一気に返済してしまった場合の想定金融資産です。

一般的には居住住宅のローンなら、早めに返済してしまうほうが良いのですが、私の場合節税・投資用の不動産のローンなので、ゆっくり返済するようにしています。

Tateお金がかかる人生イベントも人によって違いますね。「(669)恐怖の「一生時計」(野口悠紀雄)を200LX上で作ってみる」で、「私は、lotus123上に大ざっぱなライフプランニングシートを作ってあります」とお話しました。

左の図が、私のライフプランニングシートです。(669)でお話したように、「自分の年齢と家族の年齢が一覧できるようにして、毎年の大きな出来事を書き込んで」あります。

Tate3「ファイナンシャルプランナーが作るライフプランニングシートは横長のようですが、私の場合は縦長に作ってあります」「この表には、金銭的なことは書き込んでなくて、自分が何歳のときに家族が何歳になっているかを認識できるように作ってあります」とお話しました。
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/669.html

これらのように、200LXでは一覧表を簡単に作ることができます。200LXそのものが手元にあれば、しょっちゅう見直したり修正したりすることもできます。もちろん、簡単にグラフ表示することもできます。

人生を考えるうえでも、HP200LXはほんとに便利な道具だと思います。

2017年9月 6日 (水)

(707)200LXからスマホに移行できない.▽自分の情報を検索できない。

(707)200LXからスマホに移行できない.▽自分の情報を検索できない。

私がHP200LXでしているのは、「(日本語の)個人の情報を扱う」ということです。

Note私が扱っている個人の情報は、(1)アポイント(予定表)、(2)アドレスブック(住所録)、(3)TODO(しなければならないことリスト)、(4)日誌、(5)服のサイズや常備薬などの多数の小さな情報、(6)年度目標管理、などです。
これらはおもに現在と未来のための情報です。

他方で、30年くらいにわたる膨大な過去の記録が、200LXの中に入っています。これは日誌だったり、ふと思いついたアイディアだったり、読書記録だったり、人との交友記録だったりします。
これらの記録を、時と場所にかかわらず検索したいことがあります。もちろん、パソコンでなら検索することができますが、時と場所を選ばない200LXの簡便さには高性能のパソコンでもかないません。

スマホでも過去の情報を検索したいと思うのですが、うまくいきません。できない原因はいくつもあるのですが、いちばん大きな原因はそのための(検索)アプリがないということです。
また、表示画面が小さいということもデメリットのひとつです。

ひとつふたつの検索ができたとしても、google検索とかgrepで検索するような一覧性がないのが困ります。

Colornoteところで、個人が情報生活をしている上で、未来・現在・過去の自分の情報を扱います。

スマホでは、googleカレンダーなどで、未来(将来)の情報を扱うことは比較的容易にできます。

また、インターネットを経由して世界中の膨大な情報にアクセスできます。

しかし個人の過去の情報(記録)にアクセスするのはかなり苦手なんですね。

そういうことで、個人の生活のヒストリーを無視してしまえばスマホはたいへん便利な機器だとは思うのですが、私のように自分の過去の情報を活用しようとすると、けっこう不便な道具だということが次第にわかってきました。

※ 2つの画像は、200LXのNoteTakerやDataBaseの代わりになりそうなColorNoteです。

使いやすくて、画面がきれいなので気に入っています。

このアプリは、パソコンのアプリもありますので、keepと同じようにスマホとパソコンで共通の情報を扱うことができます。

今は、メモなどの比較的短時間の情報をkeepに記録し、比較的長時間保存するべき情報を、このColorNoteに保存するようにしています。

(706)200LXからスマホに移行できない.▽日本語入力で滞る.

(706)200LXからスマホに移行できない.▽日本語入力で滞る.

TangoパソコンにしてもHP200LXにしても、日本語で使う場合にはユーザー辞書単語の登録は(私にとって)必須です。

以前にもお話したことがあるのですが、私のユーザー登録単語は30年くらい前から登録を始めて、ずっと登録を続けてきて、現在の登録内容(2000~3000語くらい)になっています。

パソコンを新しく買い替えたり、スマホのような個人情報機器を買った場合には、以前から使っているユーザー辞書を必ず組み入れるようにしています。

自分のユーザー辞書を組み入れることができなければ、私にとってその情報機器は現実的には使いものになりません。

Nihongoアンドロイドスマホの場合は、「google日本語入力」アプリを入れることで、ユーザー登録の辞書を組み込むことができます。

ユーザー辞書さえ入っていれば、私としては快適に日本語入力できます。

しかし問題は音声入力の場合です。

入力された音声は、データ通信(あるいはWiFi通信)経由でgoogleに送られて、googleで文字に変換されてから再度スマホに送られてきます。

そういう動作なので、スマホ内部に登録されたユーザー辞書は日本語変換には使われません。

そのため、一般的な言葉は音声で入力できるのですが、専門用語とか自分が良く使っている「語」が正確に変換されるわけではありません。

音声入力は確かに便利な面があるのですが、ユーザー辞書が反映されないという点で、スマホの日本語入力に不満も大きいです。

スマホは音声入力ができるというのが大きなメリットなのですが、駅のプラットフォームや電車の中や雑踏の中では音声を認識してくれません。時と場所によって認識したりしなかったりというのはけっこうストレスになります。

ある面では、個人情報機器は「入力が命」というところがありますから、文字・文章が思ったように入力できないと、個人情報機器としての使い勝手はイマイチだと思います。

2017年9月 5日 (火)

(705)200LXのlotus123で、BSを図示する

(705)200LXのlotus123で、BSを図示する

DiamondHP200LXとスマホとのことをお話しようと用意しているのですが、最新号の「週刊ダイヤモンド」と「週刊東洋経済」が、会計や決算書の特集を組んでいるので、とくにバランスシートのことをお話することにします。

Toyokeizai私は会計の専門家ではないので、会計関連のことはよくわかりません(苦笑)。ソレナリに理解しようと勉強はしたのですが、いまでもよくわからないままです。

今回はバランスシートの理解の一助となるのように、バランスシートをlotus123を使って図示してみることにしました。「BLNC_SHT.WK1」をダウンロード

図示するやり方は、「(642)HP200LXで面積グラフ(STRAC図)を表示する」と同じ方法です。そちらの記事もついでに見てみてください。
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/642hp200lxstrac.html

(642)のSTRAC図のお話で、「面積グラフを200LXで表示できるということは、同じような方法で、「会計学トレーニング」の本にあるようなバランスシートの図も、表示することができるということです」と書きました。

今回のお話はこのことです。つまり(642)の続編なんです。

私は会計のことではまったくの門外漢なので、詳しいこと理解できていないのですが、通常のサラリーマンも会計を学ぶ必要なあんまりないんじゃないかと思っています。

たとえ「決算書が読める」ようになったところで、経営者にならなければ決算書の数字を動かすような権限を持ちませんし、「決算書が読める」とひとことで言っても、業種によって数字の意味が大幅に違います。ですから、「読める」と言っても、「だから何ができるの?」と思います。

それに、粉飾された決算書にプロがコロリとだまされていることが、国内・国外でたびたびニュースになっています。プロでさえダマされるのですから、シロウトがちゃんと読めるはずもないだろうと思います。

Bssmpl51_2今回の話は、BS(バランスシート)の図示ですが、BSを読む意義っていうのは、一つの会社で時期を変えてBSを比較するとか、同業他社でBSを比較するとかいうことにこそ、意味があるのだろうと考えます。

そのため、今回の図示は2つのBSを並べて表示して、それらを見比べるというつもりで作ってあります。

まずは、AとBの2つのBSを表示させた画像を見てください。これが今回、lotus123シートで表示させたものです。

Blnc_sht_2 データの入力画面はこちらです。左側の数字の列にAのデータを入力します。右側の列にBのデータを入力します。左側のAの図を画面いっぱいに表示して、左側のBの図をAに合わせて小さく表示するようにしていますので、総資本の数字が大きいほうのデータを左側のAに入力するようにしてください。

上の図ではBの総資本がAの総資本の1/3程度になるような数字を入力してみました。

※ (追記) 数字を入力してから、グラフを表示させる手順を書いておくのを忘れました。
※ 数字を入力し終わってから、[F10]を押すことでグラフが表示されます。
※ 再度、入力に戻るには[ESC]を押します。

Diamond3もし、週刊ダイヤモンドのこのページの「ソフトバンク」と「docomo」のBSの数字を入力するなら、「ソフトバンク」をAに、「docomo」をBに入力します。
週刊ダイヤモンドでは、流動資産、固定資産、流動負債、固定負債、純資産となっていますので、この順で数字を入力します。

Toyokeizai2「週刊東洋経済」のこのページの試算表の数字を入力するなら、資産、費用、負債、資本、収益の順で数字を入力します。

このページには「ここだけ読めればいい!」「決算書の初めの一歩」と書いてあります。このページのやり方に沿って、いろんな数字を入力してみることで、「本物の会計力」が身についてくるかも知れません(笑)。

(注)一社の数字だけ入力して図示する場合は、Aに入力してください。Bのほうには、とりあえずAの1/10くらいの数字を入れておくと、きれいに表示されます。

Bssmpl2_1_2(注2)画面にタイトルなどを表示させてみましたが、カンジンの図が小さくなってしまいます。上で示した図のほうがきれいです。タイトルなどの文字は極力少なくするほうが、図としては見栄えがすると思います。

ほかにBSを図で表示させるアプリがないかと思ってネット検索してみましたら、エクセルを使って図示するシートが見つかりました。

でも、エクセルよりも、200LXのlotus123のほうが簡便です。

200LXはほんとうに楽しいおもちゃだと思います。\^o^/

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »