無料ブログはココログ

« (756)居合道はともかく、(公財)合気会では不明朗な金銭授受は皆無 | トップページ | (758) 『ハイパーインフレの悪夢』とベネズエラの現実 »

2018年8月20日 (月)

(757) 「お手軽勉強法」は役に立たない.『「超」独学法』

(757) 「お手軽勉強法」は役に立たない.『「超」独学法』

野口悠紀雄先生は『「超」独学法』の本で、「音楽、スポーツ、音楽、美術、踊り、演劇など」の「実技の類も(独学が)難しい」と書いています。
また、つい最近、居合道の段位審査での不正な金銭授受のことがニュースになったことがありましたので、実技系の武道のことを前項でお話しました。

今回は、『「超」独学法』にある「お手軽啓発書はなにの役にも立たない」(142ページ)ということに関連したお話をします。

『「超」独学法』には、「人々が「お手軽勉強法」を求めるのは、「苦しい勉強をできるだけ早く済ませて、結果だけ欲しい」と考えるからだろう」(本書142ページ)、「とくに『手軽に勉強できる』ことを売り物にするものが、そうだ」「考えてみれば明らかなように、手っ取り早く学べることは、すぐだめになる。お手軽啓発書はなにの役にも立たない」(本書142ページ)、とあります。

1002018私が、簿記・会計・ファイナンスの学習をすすめているときに、週刊ダイヤモンドでこの「決算書」の特集号が発売されました。「おお、よい時期によい特集号がでたな」と思って読んだのですが、ほとんど理解が進みませんでした。

どうして役に立たないか?と考えると、野口先生が言うような「お手軽勉強法」だからなのです。

この「決算書100本ノック!」の表紙を読んでみてください「最新」「超楽チン理解」と書いてあります。表紙に「楽ちん」とうたっているんですね。この特集号を読んでも、野口悠紀雄先生が「手っ取り早く学べること」は「すぐだめになる」と書いているように、読む端から忘れていきます。

1002017_2昨年度のも見てみましょう。「会社の数字がわかる反復練習」という副題です。小さな文字で「PL、BS、CF基本のキを楽チン理解」「演習とクイズで楽しくマスター」「銀行、証券 特殊な財務も優しく解説」などと書かれています。

なぜ、これらの「決算書」特集を読んでも理解が進まないのかを考えてみます。

いったん「決算書」から離れて、学生(受験)時代のことを思い出してみます。

Chartc学生時代は、数学の計算問題を延々と繰り返しました。100本ノックどころじゃなくて、1000本、1万本と数え切れないほどのたくさんの計算問題をこなしました。

数学(算数)ができる子どもと、できない子どもがいましたが、その差はどこででていたんでしょうか?
あるいは、理数系が得意な子どもと、文化系が得意(実は数学が不得意)な子どもの差は何だったんでしょうか?

小学校・中学校・学習塾の先生たちはよくわかっていると思います。計算問題を飽きずに繰り返し繰り返し解くことができた子どもと、「ああ、わかった!」というだけで、大量の問題数をこなすことができなかった子どもの差だったのだろうと思います。

ちょっと賢い子どもは、初歩の数学(算数)の問題ならすぐ理解できます。そこで繰り返すのをやめてしまうと数学(算数)が身につかないのです。結果的に、バカみたいに計算問題を繰り返し繰り返し解くことができた子どもが、数学(算数)がデキル子どもになったんです。

そういうことでは、週刊ダイヤモンドの「決算書」特集も子どもの算数勉強と同じです。たしかに特集を読めば表面的な理解はできます。しかし、自分で問題を解くというエクササイズがないのです。もし、「決算書」をマスターする気なら、大量の同質の「計算問題」を繰り返す必要があるはずです。じゅうぶんな時間をかけて、たくさんの問題をこなす必要があるのです。

週刊ダイヤモンドでは、「100本ノック」と表示していますが、この「100本」は同質のものが100本でなはく、それぞれ違ったものを違った解釈で100種類並べたにすぎません。こんなもの、いくら読んでも決算書はマスターできないです。

決算書をマスターした人が、理解のバリエーションを増やす目的で読めば、それなりに役に立つかも知れませんけど。

« (756)居合道はともかく、(公財)合気会では不明朗な金銭授受は皆無 | トップページ | (758) 『ハイパーインフレの悪夢』とベネズエラの現実 »

2. 読書と知的生産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175746/67078882

この記事へのトラックバック一覧です: (757) 「お手軽勉強法」は役に立たない.『「超」独学法』:

« (756)居合道はともかく、(公財)合気会では不明朗な金銭授受は皆無 | トップページ | (758) 『ハイパーインフレの悪夢』とベネズエラの現実 »