無料ブログはココログ

« (768) 岩波英和辞典新板が book offで 108円. | トップページ | (770) HP200LXのヒンジ部の分解修理 »

2018年11月20日 (火)

(769) 人生最悪の買い物.奇形の自転車トランスモバイリー

(769) 人生最悪の買い物.奇形の自転車トランスモバイリー

Bicycle 今回は、私の人生で最悪の買い物をしたお話をします。
トランスモバイリーという電動アシスト自転車を買ったことです。

? どうして私が「奇形の自転車」と主張するのか、その根拠をお話しして、
? 最終的にどのように決着をつけたのか、
という詳しいお話をしようと思います。

まずは、? どうして私が「奇形の自転車」と主張するのかということです。

私は以前から電動アシスト自転車を買おうと思っていました。マンションに居住しているため、軽量の折りたたみできる電動アシスト自転車がほしいと思っていました。

そして、広告を見て、「デザインもいいし、小型軽量だし、自分が希望している自転車にぴったりだ」と思って、サイクルベースアサヒに注文して、この自転車を購入しました。

購入して事務所まで乗って帰りましたが、その途中であまりにペダルが軽いことに初めて気づきました。たしかにアシストは効いていますが、スピードはまったくでません。いっしょうけんめい漕いでも歩くよりも遅いくらいなのです。

事務所に帰り着いて自転車をよくよく見て、愕然としました。

Mamachariトランスモバイリーのタイヤサイズは16インチなのに、前のギアも後ろの変速ギアも、左図のような通常の26インチサイズの自転車用のものが装備されているのです。そのうえに電動アシストが装備されています。これじゃあ、ペダル踏力が軽いはずだ。スピードもでないはずだ。

購入前にもっとよく検討しておくべきでした。デザインに気を取られて、かんじんのスペックをよく見ていませんでした。

つぎに、この自転車について、具体的なタイヤサイズとギア比のことをお話します。

「軽快車」といわれる一般的な自転車のタイヤサイズは26インチです。上図のようなママチャリのことです。このような自転車のギアの歯数は、前の歯車は48が標準的です。後輪に変速機が装備されている多段変速のギアは、一般的に14~28の歯数です。

Gear_2そういうことで、今回購入した自転車は、ごく一般的なギアが装備されていると言えます。

ところが、タイヤサイズが26インチではなく16インチだと、タイヤの外周が16÷26で、26インチタイヤの0.61 程度しかありません。
もっと別の表現をすれば、26インチの自転車に対して、23~46の歯数のギアが装備されているのと同じようなことになるわけです。

つまり、トランスモバイリーで一番重いギア比にしたときでも、一般的な自転車の中速のギアにしたのと同じような状態ということです。これは、ギア比からいうと低速側に大きく片寄った設計です。こんな自転車を作るべきではありません。

そのうえで、電動アシスト機能がついているのですから、いちばん重い(高速側の)ギアを選んだとしてもペダルがクルクル回るだけで、体感的にはちっともスピードがでないはずです。

この自転車の購入には約10万円もかけてしまいましたが、実用には使えませんからお金をドブに捨てたも同然の買い物でした。

ではつぎに、? 最終的にどのように決着をつけたのか、の顛末をお話します。

実用にならない自転車を買ってしまったのですから、次にすることは(1) 実用に使えるように改造するか、(2) 転売してしまうか、という2つの選択肢しかありません。

(1) まず、せっかく買ったのですから、実用に使えるようにギアを交換しようと考えました。

そこで、販売店のサイクルバースアサヒに、「とくに自転車の変速機とギア比について詳しい方に相談したい」と事前に電話してから、店舗に相談に行きました。

結果的には、知識が乏しくて不親切な店員から、「もともと脚力の弱い人向けの自転車なのでこれでよいギア比です」「ギアの交換などの改造はできません」と無愛想な対応しかしてもらえませんでした。

自力で改造することも考えたのですが、自転車の設計段階でも別のギア比を計画して、それが実現できずに奇形の自転車を作ったのだろうと考え直して、改造しないことにしました。

(2) あとは、安値で売却処分してしまうという選択肢しかありません。

そのために、この自転車にはまったく乗らずに室内保管して、売却まで「ほぼ新品」の状態を保っておくことにしました。

売却処分にあたっては、まず手数料が安い「楽天ラクマ」に出品しました。ラクマでは「いいね!」はつきましたが、衣料品などがメインのようで購入希望者はいませんでした。

次に、Yahoo!のオークションの「電動アシスト自転車」のジャンルに、値段を下げて出品しました。しかし、それでも落札されません。

Auction 最後に、さらに値段を下げたうえで、「折りたたみ自転車」のジャンルに出品したところ、2件の入札が入って、結果的に落札されました。

そして、昨晩、落札してくれた方が事務所まで取りに来てくれて、無事に手渡すことができました。

落札者は、自転車を見て、「ぜんぜん新品じゃないですか!」といいながら、喜んで引き取っていきました。

以上が、私の生涯最悪の買い物、奇形の自転車を買ってしまったことの顛末です。

私は、トランスモバイリー自転車そのものが劣悪な自転車だと思います。異常な設計の自転車だと思います。
また、サイクルベースアサヒも、ひどい自転車販売チェーン店だと思います。

私は、もう、二度とサイクルベースアサヒでは買い物をしません。

買う前にしっかりと吟味せずに、自転車という実用品を買ってしまったアサハカな自分の行動を、今ではひじょうに悔やんでいます。

(上掲の図は Amazon と Yahoo! から拝借しました)

« (768) 岩波英和辞典新板が book offで 108円. | トップページ | (770) HP200LXのヒンジ部の分解修理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (769) 人生最悪の買い物.奇形の自転車トランスモバイリー:

« (768) 岩波英和辞典新板が book offで 108円. | トップページ | (770) HP200LXのヒンジ部の分解修理 »