無料ブログはココログ

« (814) 文を書いているときに、うまく保存できずに悔しい思い | トップページ | (816)週刊ダイヤモンド「会計&ファイナンス」特集はツマラナイ. »

2020年1月24日 (金)

(815) 200LXのLotus1-2-3で頻度表示をする.

(815) 200LXのLotus1-2-3で頻度表示をする.

昨晩シャワーを浴びているときに、左の耳に水が入ってしまいました。シャワーのときにときどき耳に水が入って、数時間聞こえにくくなることがあるので、注意はしているのですが、またやってしまいました。

それで、どれくらいの頻度で耳に水が入ってしまうのかと思って、日誌を検索してみました。
1299_20200124010801
検索結果を見ると、年に数回耳に水を入れてしまっています。

翌日になってもまだ聞こえが悪いです。いままでは翌日には治っていたのになぁ、、、と思って検索結果を見てみると、いままでもそういうことがあったようです。もうちょっと様子を見てみようと思います。(翌日の昼ころには治っていました)

ところで、今回の耳に水が入ってしまったようなエピソードの「頻度」を視覚化して確認しようと思うことがときどきあります。
そこで、今後のために、エピソードの頻度を視覚化するためのベースになるようなLotus1-2-3の計算シートを作りました。

ダウンロード - hindohyo.lzh

1297_20200124010801
この計算シートのことを簡単に説明しておきます。

(1) [B]の列に日付の文字列を入力しておきます。形式は「西暦の下2桁/月/日」という形です。順不同ではなくソートしておく必要があります。
(2) [C]~[N]までの列を日付が入っている行のぶんだけ下にコピーしておきます。
(3) グラフはXYグラフにしてあって、折れ線なしの表示ポイントだけにしてあります。
(4) [I]~[N]の列をグラフのA~Fの表示域として設定します。
(5) グラフを描画するのは[F10]を押して表示させたのが下の図です。
1296_20200124010801
このグラフはXYの二次元表示ですが、Y軸は意味がありません。意味があるのはX軸だけです。一次元のグラフということです。このグラフの意味は、2015年の2月ころにエピーソドがあって、次は2017年の10月ころにまたエピソードがあって、2018年の1月ころに2回エピソードがあって、、、ということです。2020年の1月のエピソードは今回のことです。
せっかくベースになる計算シートを作ったので、べつのエピソードを表示させてみます。
去年の前半に、駅の階段を上るときに左膝に痛みを感じるようになりました。そのため膝サポーターを装着していたのですが、そのうちに痛みを感じなくなりました。
膝が痛くなったのは、老化のためだろうと考えているのですが、どれくらい以前から膝の痛みが始まったのかと思って、日誌を検索してみました。
1298_20200124010801
これは検索結果の一部ですが、10年以上前からときどき膝の痛みが出現していたことがわかりました。老化が原因だと思ったのですが、今になって痛くなったのではなく、かなり以前から膝が痛くなったり治ったりしていたことが確認できました。このテキストファイルの日付の部分だけを今回の計算シートに入力したのが下の図です。
1295_20200124010801
グラフ表示させたのが下の図です
1294_20200124010801
膝の痛みは頻回に出現していますが、たとえば2011年の後半から2012年の前半にかけては、1年間くらい痛みが出現しない時期があったことがわかります。2015年の年末から2016年の年末までの約1年間も出現していませんし、2018年の後半から2019年の前半にかけても出現していないことがわかります。

1年間ぐらい痛みがないと、膝が痛かったことがあったこと自体を忘れてしまっていたのです。それで、膝が痛くなったときに、「今回始めて膝が痛くなったから、これは老化のためなんだ」と思ってしまうのでしょう。でも実は10年以上前からときどき痛くなっていたのでした。
この図で、表示ポイントが重なって濃く表示されているところがあります。なにかの原因で痛みの発生頻度が高かったのだろうと思います。
今回の耳に水が入ったことのように、ときどき起こるエピソードの頻度を可視化したときに、また、この計算シートを使おうと思います。
「付記]
Lotus1-2-3のXYグラフのことは、
(489)Lotus1-2-3でのX-Yグラフ表示
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/489lotus1-2-3x-.html
でお話したことがあります。

XYグラフをうまく使うといろいろなことができます。
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/705200lxlotus12.html
もXYグラフで面積を表示せています。

« (814) 文を書いているときに、うまく保存できずに悔しい思い | トップページ | (816)週刊ダイヤモンド「会計&ファイナンス」特集はツマラナイ. »

6. Lotus123 と Solver」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (814) 文を書いているときに、うまく保存できずに悔しい思い | トップページ | (816)週刊ダイヤモンド「会計&ファイナンス」特集はツマラナイ. »