無料ブログはココログ

« (876)ファイナンスを学ぶのに必要な金融電卓。 | トップページ | (878)solverで株価の計算をしていました。 »

2020年9月 1日 (火)

(877)HP200LXでsolver起動が遅い!裏技はないか?

(877)HP200LXでsolver起動が遅い!裏技はないか?

200LXのsolverはとても便利です。でも、登録してある計算式の数が多くなると起動に時間がかかります。
起動するたびに5~6秒待たされるとイライラします。
スパッと起動させたくて、たくさんの計算式を分類整理していくつかのファイルに分割したのですが、それでも起動にモタつきます。

新型コロナウィルス騒動で書斎にこもっている間、PalmTop Paper(PTP) の全巻を読み直していたところ、1993年の11月・12月号に"Speeding Up Solver"という記事があることに気づきました。
Slv_88
昔、読んだことがあると思うのですが、まったく覚えていませんでした。

今回、この記事内容に沿って工夫してみたところ、なかなか具合がよいので、その裏技のことをお話します。

PTPの記事の内容はあとで読んでいただくとして、実際の手順をお話しします。

Slv99
図のような2つのファイル(0000.eqnと00macro.ndb)を、c:\_dat に置いておきます。2つのファイルはこちらのファイルをダウンロードして解凍してください。ダウンロード - speedup.lzh

0000.eqn のファイルはslover計算式のファイルですが、内容が空(ゼロ)のファイルです。read only 属性にしてあります。

Slv95
00macro.ndb のファイルは、NoteTakerのファイルです。こちらのファイルにマクロ計算式を入れておきます。つまりマクロ計算式の貯蔵庫です。

ここでお話するのは、ちょっとトリックのような裏技です。そのトリック機構のことを説明しておきます。

A. 200LXのsolverでは、計算式ファイルを読み込むときに、ファイルに含まれるすべての計算式に異常がないかチェックしているようです。すべての計算式に異常がない場合に、それらの計算式をワーキングメモリに読み込む動作をするようです。そのチェックと読み込みに時間がかかるようなんです。

今回説明する方式は、計算式の保存はNoteTakerに任せてしまいます。そして、使うべきsolver式だけをcopy して、solverにpasteして、その式を使います。

B. つまり、「式の保存」と「式の読み込み」と「式の利用」というsolverの3つの機能のうちの、式の整理と保存はNoteTakerで行うことにして、

C. 使用する式だけを、手動でsolverにcopy&pasteして、計算を実行する、という方式です。

Slv97
1. 計算式の倉庫である00macro.ndbという計算式倉庫のファイルから使うべき計算式をコピーします。
  今回は、一番目の計算式をcopyします。

  この一番の「株価%」の内容はこのようになっています。noteの中の上の2行が計算式です。[!][!]で囲った部分はコメントです。
  (式をつくるのに試行錯誤したので、そのままコメントとして残してあります)

Slv96
2. [+-;/]のキーを押してsolver起動させます。(金融電卓の別の機能が立ち上がったら、solverを選ぶ必要があります)
  solverが起動してから空のファイル(eqn)を読み込むと上の画面になります。

  前回のsolver起動時に0000.eqnが読み込まれていれば、solverキーを押すことで一瞬でこの画面になります。
  イライラ待つことがありません。

Slv94_20200901204601
3. Pasteしたところです。

Slv93
4. そのまま[enter]を押すと、計算の画面になります。
  株価の計算をしているところです。

計算が終了したら solverを閉じますが、利用した計算式はsolverに保存されません。
保存できないように、わざとファイル属性を読み取り専用にしてありますので、「計算式を保存できない」という警告がでます。
かまわずそのまま閉じます。eqnファイルは要領が空(ゼロ)のままです。

一方、貯蔵庫であるNoteTakerにある計算式は、ファイルが壊れない限り安泰に保たれます。

最後に、ご参考のために、この「裏技」が掲載されているPTPのことをお話しておきます。 
上にある画像の「1993年の11月/12月号」に掲載されています。

Slv_87
掲載されているのは、このページです。

google翻訳で日本語に変換すると、

Slv_89
このように書いてあります。(下線は筆者)

私はコロナ籠もりの間にPTPを読んでいましたが、ほとんどgoogle翻訳の日本語で読みました。
google翻訳はどんどん進歩してきて、違和感のほとんどない日本語になってきています。

« (876)ファイナンスを学ぶのに必要な金融電卓。 | トップページ | (878)solverで株価の計算をしていました。 »

6. Lotus123 と Solver」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (876)ファイナンスを学ぶのに必要な金融電卓。 | トップページ | (878)solverで株価の計算をしていました。 »