無料ブログはココログ

« (878)solverで株価の計算をしていました。 | トップページ | (880)金融電卓のスタート・アップを変更する »

2020年9月 3日 (木)

(879)HP200LXのSolverの中間関数:G(x)とL(x,alg)

(879)HP200LXのSolverの中間関数:G(x)とL(x,alg)

前項「(878)solverで株価の計算をしていました」では、Solverで株価の計算をすることをお話しました。
この計算ではsolverの「中間関数」を使っているので、その計算式の中身のことをお話します。

Gl99
(878)では、2つのことを計算したかったのです。
1. 日経平均株価のETFが、現在の値から○○%変化した場合、ETFの価格はどう変わるか?
2. そのETFを100万円分買うとしたら、何ユニット買えばいいかいいか?
 という計算です。
 これを式にすると、
 上の画像にあるように、
 
1. 現在株価*(1+変動幅/100)=修正株価
2. 1000000/修正株価=株数(あるいは、1000000/株数=修正株価)
 という2つの式になります。

ところが、200LXのSolver式では、1つの式しか使えません。
2つの式を合体させて1つの式にするためには中間関数を使います。

Manual
solverの中間関数 G(x)とL(x,alg)の機能については、200LXのマニュアルにはちょっと掲載されているだけです。
G(x)関数はgetの意味で、L(x,alg)関数はletの意味だということはわかりますが、それ以上のことがわかりません。
また、詳しい使い方もわかりません。使用例も掲載されていません。
(PalmTopPaperには、詳しく説明すると1冊の本になるくらいだ、と書いてあります)
(HPからパンフレットのような薄い説明書がでていた、とも書いてあります)
(私としては、入手したいのですが、20年以上ムカシのことなので、いまさら手に入らないと思います)

今回の計算は、上の1.の計算式がメインの計算式なので、その中に2.の式をL(x,alg)関数を使って紛れ込ませました。

なんとか紛れ込ませて、
-------------------
現在株価*(1+変動幅/100)=修正株価+0*L('株数',1000000/修正株価)+0*'株数'
-------------------
という形にしました。

この式を実際に使ってみます。

1346week
今回の安倍総理大臣の辞任ショックで、一時的に日経平均株価が下がりました。

Gl98
株式番号1346の「MAXIS日経225上場投信」では23220円まで下がったんですね。
前日の終値の23920円と比べると、2.93%安かったわけです。
(23220と入力して[F2]を押し、23920と入力してから[F4]を押してから、[F3]を押したのがこの画面です)

1346month
安値で拾うために、今から買い注文を出しておくとしたら、23000円くらいでしょうか。
Gl97
現在よりも3.76%安い株価です。
1346を100万円ぶん買うとしたら、43株の注文を出します。

前項でお話したように、首相が決まるとポンと株価が上がると思います。
3ヶ月のチャートを見ると、上がっても24500円くらいまでですかね。
Gl95
もし、23500円で買えていて、24500円で売却できれば、利益の幅は4.25円ということになります。

実は、こういう方法で株価の変動をねらっていくなら、日本の株価指数ETFよりも米国の株価指数ETFを売買するほうが、ずっと安定していますし、利益も稼げると思います。

でも、今回は、首相が変わるということなので、「MAXIS日経225上場投信」の買い注文を出しておこうと思います。

(後日談)
今回は、首相が決まる前に、菅さんが有力となった時点で、日経平均がボンと上がりました。
結局、今回の作戦は空振りでした。残念っ。

« (878)solverで株価の計算をしていました。 | トップページ | (880)金融電卓のスタート・アップを変更する »

6. Lotus123 と Solver」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (878)solverで株価の計算をしていました。 | トップページ | (880)金融電卓のスタート・アップを変更する »