無料ブログはココログ

« (880)金融電卓のスタート・アップを変更する | トップページ | (882)200LXのアポイントをグーグルカレンダーに(動画) »

2020年9月 7日 (月)

(881)一番小さい便利なシステムマクロ(動画)

(881)一番小さい便利なシステムマクロ(動画)

今回はシステムマクロの話なので、動画に撮影してみました。
あんまりうまく撮れませんでした。すみません。

HP200LXには、「システムマクロ」という非常に便利なアプリケーションが入っています。

ユーザーズ・ガイドのシステムマクロの解説は、「システム・マクロを使うと、繰り返し行うキー操作を登録できます。同じ操作をもう一度実行したい場合には、実際にキーを押さなくても、マクロ・プログラムを実行すればよいのです」と書いてあります。

私は、システムマクロのことを、「(160)200LXでシステムマクロを使う」で「『マクロ』がどんなものかをご存じない方に簡単に説明しますと、『手順登録』機能です」と説明しています。

「例えていえば、テープレコーダーに声を吹き込んで、それを何回も聞きなおすようなものです」「テープレコーダーの録音ボタンを押して、テープレコーダーに向かって話をして、ストップボタンを押すと、その話した内容が記録されますね。録音された音声は、それを消去するまでは、再生ボタンを押せば何回でも再生されます。あたかもそこで人がしゃべっているかのように、テープレコーダーから声が出ます」「それと同じようなことができるのが『マクロ』という機能です」と書いています。

Shrt96
この動画のシステムマクロは、この図のようなものです。

図の[ ](スペース)、[{Down}](下矢印)が、「スペースキーを押すしてマークする」「下矢印を押して下の行に進む」という動作で、「{Fn+F10}」が「F10マクロを実行する」という動作です。

200LXのシステムマクロでは、「そのマクロを実行し終わったら、次のマクロを実行する」と指示することができます。それがこの画面にあるchainという機能です。「次のマクロ」をそのマクロ自体に指定することで、結果的には、そのマクロを繰り返すという指示になります。

[Fn]+[F10]を押して、chainを含んでいるこのマクロを実行することで、結果的に「スペースキーを押して、下矢印を押す」という動作を延々と繰り返す動作をします。自動的には止まりません。最下行に達するとそれ以上下に進めませんから、ビープ音を鳴らして行頭のマークの点滅を繰り返します。止めるまでず~っと動作しています。マクロを止めるには、[CTRL]+[MENU](BRAKE)を(手動で)押します。

最後に、なぜこんなマクロを私が実行させるのかをお話します。

私は、TODOを書き留め、TODOを処理後に残しておくのに、DataBase を使っています。
処理したTODOは、ファイルの下方に移動させしています。

処理済みの項目は、一ケ月に50~100項目くらいになります。
そして、処理した項目は、一ヶ月ごとに整理してアーカイブに移動させています。
(そうじゃないと、処理済みの項目がどんどん溜まってしまうからです)

DataBaesの中にある処理済みのTODO項目だけを選定するのに、スペースキーを押して項目を選びます。
項目は日付順に並んでいるのですが、項目をマークして選ぶために「スペースキーを押して、下矢印を押す」という行為を、50~100回もしなければなりません。

「スペースキーを押して、下矢印を押す」というのは単純な動作なのですが、単純なだけに何回も繰り返すのは面倒なんです。
それで、その面倒な動作をマクロにさせているというわけです。

必要な行をマークし終わって下端にまで達したら、ビビビビというビープ音とともに、行頭の菱形マークが点滅しますので、そうなってからマクロをストップします。

もともと、200LXのシステムマクロは「停止」という処理ができません。また、「条件分岐」もできません。プログラムとしてはかなり低機能です。「停止」や「条件分岐」は手作業でする必要があります。

それでも、自動実行ができますし、繰り返しができますので、うまく使いこなせばとても便利に使えます。

システムマクロの詳しい使い方については、ここで私が説明するよりもユーザーズ・ガイドを読むほうがわかりやすいと思いますので、ユーザーズ・ガイド(23-1ページ)をお読みになってください。

« (880)金融電卓のスタート・アップを変更する | トップページ | (882)200LXのアポイントをグーグルカレンダーに(動画) »

5. 200LXの操作(シスマネ内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (880)金融電卓のスタート・アップを変更する | トップページ | (882)200LXのアポイントをグーグルカレンダーに(動画) »