無料ブログはココログ

« (891)経済週刊誌の記事内容は(逆説的に)興味深い。 | トップページ | (893) 新年おめでとうございます.私にとっての200LX. »

2020年12月28日 (月)

(892)「週刊ダイヤモンド」市場見通し、言い当てるのは困難

(892)「週刊ダイヤモンド」市場見通し、言い当てるのは困難

前項の続きです。経済週刊誌の内容についてのことです。

Img_20201225_161841
週刊ダイヤモンドの特集は「創価学会」でした。

私は、現在の宗教についての興味は薄いので、面白くはありませんでした。

「ウォール・ストリート・ジャーナル発」の記事だけは興味深かったです。

「2021年の市場見通し、言い当てるのは困難」というタイトルの記事です。

去年のことですが、「アナリストが2020年の予想を公表していた頃、その予想をまふごと覆すウィルスが中国・武漢で広がり始めていた」「あの時点で新型コロナウィルスの驚異を軽く考えることは犯しやすい過ちであり、筆者も同じ過ちをした」と書かれています。

そうなんです。

(886)経済週刊誌の来年の予測って意味ありますか?」でお話しように、何事につけても「予想」なんて当てにはなりません。

来年の予想とか予測というのも、「当たるも八卦当たらぬも八卦」の占いと同じようなものだろうと思っています。

[追記]

画面に写っている記事内容の下に、

「何十人もの投資家やストラテジストが市場の先行きについて予想を立てたが、20年に起きた出来事のコンビネーションは異例づくしで誰も言い当てられなかった」

「そもそも100年に一度の出来事を予測するのは難しい。だが20年の真の教訓は、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を正しく予測するだけでは不十分ということだ」

「20年に重要だったのは業績ではなく、中央銀行と政府の対応スピードと規模、さらには米株市場が経済状況を反映していないと認識することだった」

と続きます。

« (891)経済週刊誌の記事内容は(逆説的に)興味深い。 | トップページ | (893) 新年おめでとうございます.私にとっての200LX. »

3. 人生設計と投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (891)経済週刊誌の記事内容は(逆説的に)興味深い。 | トップページ | (893) 新年おめでとうございます.私にとっての200LX. »