無料ブログはココログ

« (889) 最新号の「日経ヴェリタス」の新聞広告 | トップページ | (891)経済週刊誌の記事内容は(逆説的に)興味深い。 »

2020年12月28日 (月)

(890) ダイソーの100円キッチンタイマーはすぐれもの

(890) ダイソーの100円キッチンタイマーはすぐれもの

Img_20201224_232911
ダイソーの電気小物の棚を見ていて、キッチンタイマーが目に入りました。

1~0の数字ボタンがないキッチンターマーは使いにくいと思います。
ダイソーのは、100円で数字ボタンのついているキッチンタイマーだったので、試しに買って帰りました。使ってみたら「当たり」でした。今回はそのキッチンタイマーの話です。

タイマーなんて、200LXにも入っているしスマホにも入っています。200LXもスマホもいつも持ち歩いていますから、ことさらに単体のタイマーを買う必要もありません。
そう思っていたのですが、単体のタイマーだと、200LXなどと違ってそのたびにタイマー機能を呼び出す必要がありません。
単体タイマーを使うようになると、このことがことさら便利なのでお話する気になりました。

Img_20201224_232646
私の家の台所で使っているキッチンタイマーは図のような数字ボタンのあるものだけです。これらのキッチンタイマーは千円以上の価格です。
価格は高くても、使い勝手の良い数字ボタンのあるキッチンタイマーを買うようにしています。

ダイソーの100円キッチンタイマーは、無駄がないデザインでよい形をしています。

その使い勝手のことですが、キッチンタイマーとしての減算タイマーは普通です。
しかしこのキッチンタイマーは、加算タイマー(ストップウォッチ)にもなるので、それが便利です。

ところで、本屋さんには「東大に合格する人の勉強法」のような勉強法のノウハウの本がたくさんあります。
そういう本には、一定時間内に最大の効果を得るのに、時間を区切って勉強するという方法を提案していることが多いです。

そういうように、減算タイマーで時間を区切って勉強するというのは、効率的な勉強の第一歩だと思います。
また、加算タイマー(ストップウォッチ)でどれくらいの時間勉強していたかを把握するというのも、だいじな勉強方法です。

私はすでに受験勉強をする立場ではなくなりましたので、加算ストップウォッチを便利に使うということはありません。
そこで、自分の生活の中の動作にどれくらいの時間を使っているのかという経過時間を測定してみました。

まず、風呂に入っている時間を測定してみました。寒い冬に風呂に入るのは、健康にも良いし、気分も落ち着きます。
自分では15分~20分くらいしか風呂に入っていないだろうと思っていたのですが、入浴時間を測定してみたら、40分もかかっていました。
歯磨きは10分程度だろうと思っていたら、20分でした。

軽くて小さいので、ポケットに入れておいて、通勤にどれくらいの時間がかかっているのかも計ってみました。
マンションのエレベータがなかなか来なかったり、経路途中の赤信号で待たされたりしたときの、ドアツードアの最長時間は20分程度、最短時間が15分程度でした。

Img_20201224_233052
減算タイマーも加算タイマー(ストップウォッチ)も、使い勝手が良いので、自宅だけでなく事務所にも置いておこうと思ってたくさん買いました。

« (889) 最新号の「日経ヴェリタス」の新聞広告 | トップページ | (891)経済週刊誌の記事内容は(逆説的に)興味深い。 »

9. その他・雑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (889) 最新号の「日経ヴェリタス」の新聞広告 | トップページ | (891)経済週刊誌の記事内容は(逆説的に)興味深い。 »