無料ブログはココログ

« (903)ほったらかし投資はそんなによい投資法ですか? その3 | トップページ | (905)ほったらかし投資はそんなによい投資法ですか? その5 »

2021年2月23日 (火)

(904)ほったらかし投資はそんなによい投資法ですか? その4

(904)ほったらかし投資はそんなによい投資法ですか? その4

前項で、「手取り収入が600万円の人」「25歳から65歳までで3000万円貯蓄して」「ほったらかし投資に1800万円」だとしたら、残りの1200万円は普通預金でしょうか、
私の場合は、「投機的な性質の短期投資」をします。

じっさいに、昨年の新型コロナショックで、株価が大幅に下落した時に短期投資でけっこうな利益をあげることができました。
その後、米国の大統領選の前後で株価が大幅下落した時にも利益をあげました。今年の2月のロビンフッダー騒ぎで株価が下落したときにも利益をあげることができました。

その方法が「(887) 投資によって資産を厚くしておくこと」でお話した「投機的な短期投資」(イベント売買)です。

「(887)」は図が大きすぎますので、別の角度からもう一度お話してみます。

「(887)」でお話したように、米国株ETFは日本株ETFと違って、一時的に下がったとしてもいずれまた上昇します。
そのため、下がった時にでも安心して買ってよいと考えています。

しかし、どの程度下がったときに買うのが良いのかという指標はありません。
そのことをお話しましょう。

0220
この図は、今年の2月20日の日経新聞夕刊に掲載されていた図です。
あと解釈でこの図を見ればロビンフッダー騒ぎの株価下落のとき(赤矢印)でも、大統領選のときの株価下落(青矢印)でも、そのときに買っておけば儲けられたということは誰でもわかりますよね。

でも、その下落している渦の中にいると、現在が大幅下落の途中なのか、買って良いのかがわかりません。

Ny-dow6-mo
こちらの図は、ほぼ同じ期間(6ヶ月間)のYahoo!ファイナンスのNYダウのグラフです。
デフォルトで赤線の13週平均線と緑色の25日平均線が表示されています。
これを見ると「赤線くらいまで株価が下落したらかなりの下落なんだな」とだいたいわかります。

Bolinger
こちらの図は、Yahoo!ファイナンスの「テクニカル分析用多機能チャート」でボリンジャーバンドを表示させたものです。
このボリンジャーバンド図では、標準偏差σが青色、2σが赤色、3σが緑色の線で表示されています。

簡単な統計の本で読めば、標準偏差のプラスσとマイナスσの中に事象の68%が入っていること、プラスマイナス2σの中に約95%、±3σの中に99%以上が入っていることがわかります。
つまり、この図で株価が上下の赤線の外にでるのはかなりめずらしいことで、緑線の外にまででることはめったにないということです。

0131
こちらは1月31日の日経新聞に載っていた図です。
上の図がNYダウで下の図が恐怖指数です。
「ダウは先週大きく下落」「恐怖指数が急上昇」と書いてあります。

この(赤矢印)大きく下落したのはロビンフッダー騒ぎのためでした。このときにボリンジャーバンドで確認すれば、「ああ、かなりめずらしいくらいの下落だな」「ここで買っておくのがよいな」ということがわかります。私はそれで買っておいて、プラス2σくらいに上昇したところで売却しました。結果的に短期間で5%くらいの利益になりました。

米国大統領選のとき(青矢印)も、マイナス2σくらいで米国株ETFを買いました。
でも、ボリンジャーバンドの図でわかるように、マイナス2シグマよりもさらに株価が下がりました。
それでまた買いました。それでもまだ下がりましたので買い増ししました。
ほどほどに下落が止まって上昇に転じて、1.5σくらいまで上がったところで売却して利益を得ました。

ここで重要なことは「いくらの利益を得たか?」ということではないのです。

私がやっているこの「投機的な短期投資」では、「損せずに利益だけを得る」ということが重要なことなんです。
この方法なら、損失リスクがほとんどなくて利益を得られる、ということがポイントです

ただ、いつどれくらいの利益を得られるかはそのときの情勢によります。
1年間くらいチャンスを待っていることもあります。でも、チャンスを待っているだけで資金が減るわけではないです。

ず~っと待っていて、チャンスがくれば短期間でパクっと利益を得て、あとはまたチャンスが来るまで資金を眠らせておきます。

いまはけっこう眠りが深い時期です。はやく目覚めることができるとよいなぁ、、、と思っています。

« (903)ほったらかし投資はそんなによい投資法ですか? その3 | トップページ | (905)ほったらかし投資はそんなによい投資法ですか? その5 »

3. 人生設計と投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (903)ほったらかし投資はそんなによい投資法ですか? その3 | トップページ | (905)ほったらかし投資はそんなによい投資法ですか? その5 »