無料ブログはココログ

カテゴリー「1. 個人の情報管理(Appoint, Phone, Todo, Notetaker, Database )」の60件の記事

2021年2月 2日 (火)

(900) スマホのTextスキャナを便利に使っています。

(900) スマホのTextスキャナを便利に使っています。

1年くらい前からスマホのTextスキャナを便利に使っているので、そのことをお話します。
Screenshot_20210115_211139_comhuaweiandr
私がスキャナで文字を取り込むことが多いのは新聞記事です。そのほかに経済週刊誌の記事をテキスト化することもあります。

新聞記事を保存しておくというのは、何十年も前の「スクラップ帳」のイメージですね。

しかし、テキスト化しておくと、スクラップ帳と違って検索ができます。
テキストファイルを200LXのSDカードに入れておけば、200LXで検索することができますから、情報の再利用にはとても便利です。
(でも、昔のスクラップ帳にしても200LXの新聞記事テキストにしても、じっさいには何年も経過してから検索することはほとんどないですね)
(スクラップ化そのものが目的にならないように、つまりムダな仕事にならないように、いつも目的意識をもっていることが大事だと思います)

[具体的な手順]

Img_20210115_211025
(1) 毎日、日経新聞の朝夕刊を読んでいます。新聞を読みながら、この写真のようにクリッピングしたい記事にマークをつけていきます。
日によって、まったくマークを付けない日もありますし、一日に3個所も4個所もマークを付ける日もあります。

Img_20210115_211121
(2) 一通り新聞を読み終わってから、まとめてテキスト化の作業をするようにしています。
まずは、テキスト化したい部分だけを残して、周囲を白い紙で覆います。

Screenshot_20210115_211206_compeacetexts
(3) スマホで「Textスキャナ」アプリを起動して撮影します。その時によってちがいますが、数秒くらいでテキスト化されます。

Screenshot_20210115_211236_comgoogleandr
(4) テキスト化された記事は、スマホの[keep]にcopy/pasteしておきます。

In_comp
(5) こんどは、パソコンで[keep]を開いて、テキストファイルをエディタにコピーします。

In_editer
(6) パソコンエディタのテキストファイルは[0000.txt]というファイル名をつけて、SDカードに書き込み保存します。

6501
(7) 次に、そのSDカードを200LXに挿入して、[0000.txt]ファイルの中にある文章をVZエディターに読み込みます。
VZエディターで文書を整形したうえで、200LXのNoteTakerに取り込みます。

6503
以上の一連の手順で、新聞記事が200LXのNoteTakerに記録保存されます。
こう書くと、けっこう面倒な気がしますが、じっさいには流れ作業で行っています。

一度200LXに入れてしまえば、いつでもどこでも読むことができますし、検索も簡単にできます。
じつは上に書いたように、後日、検索することはあまりありません。
それよりもむしろ、一週間後とか一ヶ月後の決まった時期に、Notetakerの内容をプリントアウトして読み返すようにしています。
「先週(先月)は、そういうことがあったんだな」という確認に使うことが多いです。

P.S. スマホでテキスト化するこの方法とは別の方法も、試してみたことがあります。
スマホで写真を撮っておいて、その後、googleでテキスト化する方法です。
しかし、私にとってはこの「Textスキャナ」というアプリを使うほうが使いやすいです。

P.S2. VZエディターでの文書整形の具体的なやり方は、別の機会に詳しくお話しするようにします。

2021年1月 1日 (金)

(893) 新年おめでとうございます.私にとっての200LX.

(893) 新年おめでとうございます.私にとっての200LX.

[昨年は世の中が新型コロナにかき回された]

昨年は世の中が新型コロナウィルスにかき回されました。
皆様にとっても誰にとっても、激動の年だったと思います。
今年は良い年でありますよう願っています。

今年の2月ころから新型コロナウィルスのワクチン接種を受けられるようになるようです。
ワクチン効果はソレナリにあるでしょうから、世の中は次第に落ち着いていくと思います。

私はコロナ禍から復活するのに最低数年はかかると考えていましたが、ワクチンは予想以上に効果があるようです。ワクチンの効果があれば、世の中は急速にもとに戻っていくと思います。

[新型コロナワクチン接種証明書の提示]

ワクチンのことでは、皆さまに提案したいことがあります。ワクチン接種を受けたらその「接種証明書」をコピーしたものを手帳などに挟んで(あるいは写真をスマホに保存して)持ち運びできるようにしておきましょう。
海外旅行のときのパスポートのように、ワクチン接種証明書を提示することが一種のパスポートのような役割になると思います。

[HP200LXのこと]

Img_20201231_103020
さて、本題の200LXのことです。

以前から、200LXよりも使いやすい個人情報機器が出現したら乗り換えるツモリはあったのですが、「死ぬまで使い続けるんだろうなぁ、、」と考えることが多くなりました。

そのことをもう少し詳しくお話しようと思います。

(1)アナログとデジタル
紙の手帳などのアナログで個人情報をコントロールする利点は、「携帯性」が第一だと思います。
200LXなどのデジタルの利点は、「検索」だと思います。
過去の記録を検索・参照する必要性の度合いによって、アナログかデジタルか、あるいは併用かということになるだろうと考ます。

私は過去の記録を検索することが多いので、200LXのようなデジタル機器から、手帳のようなアナログ用具に転向することができません。
今後もHP200LXを中心にして情報生活をしているだろうと思います。

(2)200LXの後継機種としてのデジタル機器は出現するか。
新しい機器はつぎつぎに開発・発売されますので、そのうちに200LXの代替機種が出現するかも知れないと、ず~っと思っていました。

しかし、最近は、(私にとっての)代替機種はないだろうと考えるようになりました。

現状、代替機種としての候補はいくつかあります。
 1.各社のスマホ:もっとも有力な候補は、やはりスマホでしょう。
  スマホ+小型キーボードが現実的だと思います。
  スマホにキーボードが装備された Gemini PDA BlackBerry などの機種もあります。

 2.ポメラ:オリジナルOSあるいはLINUX.
  ポメラはけっこう使えそうな気がします。LINUXを走らせることもできるようなので期待できます。
  昔のMobileGearのような感じですね。

 3.小型パソコン:各社から携帯用の小型パソコンが発売されています。
  もうちょっと小さくて軽ければ、使い物になるかも知れないと思います。
  電池の持続時間も伸びてほしいです。

(3)それでも200LXを使い続けると思います。
小型の情報機器はどの機種もソレナリに魅力的です。
ネットで検索すると、各機種ともいろいろな利点が列挙されています。

しかし「この機種はいいよ」という記事で、重要なポイントがすっぽりと抜けていることが多いです。
それは「アプリケーションが使いものになるか?」ということです。

情報機器の使い勝手は、ハードとソフト(アプリ)の組み合わせ決まります。
いくらハードがが優れていても、使い勝手の良いソフトがなければ「ただの箱」でしかありません。

私は200LXで多種多様の便利なアプリを使っていますので、使い勝手ということを考えると、ほかの機種に移動できないだろうと、ほとんど確信するようになってきています。

次項で、200LX上のアプリについて再度取り上げてお話しようと思います。

2020年7月 2日 (木)

(856)過去の「年度目標」をWorldTimeに集めました。

(856)過去の「年度目標」をWorldTimeに集めました。
 
この項は前項の続きです。
  
PhoneBookだけじゃなくて、AppointBookもファイルが大きくなりすぎています。
90wt082_20200701213501  
AppointBookのほうは、古い記録は順次削除して毎年更新しているので、肥大化としてはまだマシなのですが、古い記録の一覧性が悪くなっていることは自分のシステムの欠点の一つです。
 
この項では、一覧性をよくするために、AppointのBook中の古い記録をWorldTimeに集めたというお話をします。
 
HP200LXのAppointBookには、2つの機能がありますよね。
一つは、「アジェンダの機能」といわれる「予定表」で、もう一つは「Todo」といわれる「するべきことリスト」の管理です。

私は、「予定表」機能は設定どおりに使っていますが、「Todo」の機能を「年度ごとの目標」のために使っています。
そして、一般的にいわれる「Todo」は、DataBaseで管理しています。(このことは「(30)Todo Listについて」と「(97)野口先生のTO・DOと200LX上のTODO」 でお話しました)
  
また、「年度目標」のことは、「(661) 年の始めに行う作業:年度目標の書き換え」、「(515)お正月に考える一年の計」、「(811) 200LX上での新年度の目標と前年度の総括」で詳しくお話しました。(このほかにも何回もお話したことがありますので、いちばん下にリストをあげておきます)
  
0wt90
この「年度目標」のことです。
上の図のように、その年の「年度目標」は、AppointのTodoで常に読んだり記入したりできるようにしています。
0wt89
  
そして、過去の10年間の「年度目標」は、翌日以降のtodo画面で表示されるようにして、いつでも見ることができるようにしています。
  
私の場合、デジタル形式の「年度目標」は、LXを使うようになった1995年からですので、すでに25年間同じように運用しています。(それ以前は紙の手帳でした)

これらの25年間の「年度目標」を、ひとつのAppointに入れておくと、ファイルが大きすぎて使い勝手が悪くなってしまうので、最近の10年間のものしかAppointに入れていませんでした。まぁ、あまりに古いものはひんぱんには見ないということもありますが。
  
0wt97
今回、前項の作業のついでということもあって、resolutionというsubsetを作って、25年すべての「年度目標」をWorldTimeに集めました。
0wt96
このように一カ所に集めたことで一覧性がよくなりました。25年間、年度目標をどのようにたてて、それをどのように実行したのかをすぐに見ることができるようになりました。
  
読み直してみると、「25年間よく頑張ってきたな」と思います。現在の自分の状況は、計画し、実行し、反省し、そしてまた計画し、、ということを繰り返して築き上げてきたものなんだ感慨深いものがあります。

今回、もうひとつ、WorldTimeに集めた項目があります。
  
5wt97 
大きな意味の「年度目標」とはちがって、「事務所のとなりの土地を取得して事務所を拡張しよう」とか、「支店を計画しよう」というような、年度をまたがる目標も、planというsubsetを作って、その中に集めました。
これらの目標は、その時期が過ぎてしまうと過去の記録に埋もれてしまうので、見ることができないままでした。
  
0wt92
これらの記録も、そのときそのときに全力で取り組んだプロジェクトです。うまくいかなかったこともたくさんありましたが、これらもやはり自分の人生のだいじな記録です。
 
今回、使用頻度が激減したWorldTimeアプリに、過去・現在の重要情報を集めることができたので、200LXの使い勝手が少し向上したように感じています。
  

=====  年間目標(年度目標)の管理について =====

「年間目標」と各機能のこと
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_354f.html

具体的な「年間目標」画面
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_546e.html

(92)その年の重大事件の記録
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/92_228f.html

(637)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(2).
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/637200lx2-91de.html

(806)小宮一慶著『なれる最高の自分になる』『ビジネスマン手帳』のこと
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-37a1e0.html

(855)PhoneBookの秘密項目をWorldTimeへ移動した。

(855)PhoneBookの秘密項目をWorldTimeへ移動した。
 
(82)AdressBookは住所録のみにあらず」や「個人データベースとしてのPhonebook」でお話したように、PhoneBookに住所だけでなく、各種の情報を入力しています。
PhoneBookにはインクリメンタルサーチの機能があるために、「情報の倉庫」としての使い勝手がとても良いからです。

使い勝手が良いからといって、いろんな情報を入力して保存しているので、だんだんファイルが大きくなってきています。
ファイルそのものが壊れて、復旧しなければならないこともありますから、ほんとうはファイルが大きすぎないほうが良いのです。
それで、表記のように重要秘密項目だけを、別ファイル(World Time)に移動することにしました。
  
0wt99_20200701125501
スマホを使うようになってから、WorldTimeアプリの使用頻度が激減していますし、せっかく別のデータベース系の機能があるのに、使わないでいるのがもったいないということもあります。使用頻度が少なく、隠れているアプリケーションなので、重要秘密情報を隠しておくのにちょうどよいと思ったからです。
 
ここで話がちょっと横道に逸れますが、200LXのデータベース系のアプリケーションの話をしておきます。
ご存知のように、200LX上のデータベース系のアプリは同じエンジンを使っています。これは拡張子を見てみればすぐにわかります。
  
1wt082
AppointBookのファイルの拡張子はadbですよね。PhoneBookの拡張子はpdbです。NoteBookはndbで、DataBaseはgdbです。gdbはgerenralのことだと思います。これが基本ということでしょう。
  
DataBaseアプリにPhoneBookファイルを読み込ませて、設定項目を自由に変更できるのは、そのためだと思います。(このことは「(442)DataBaseアプリでPhoneBookをカスタマイズする」でお話したことがあります)(PhoneBookでDataBaseのファイルを表示できることも「(443)PhoneBookでDataBaseファイルの表示」でお話したことがあります) 
 
今回お話するWorldTimeも*dbの拡張子使うアプリの仲間です。しかし、同じデータベースエンジンを使っているのですが、WorldTimeの性質は、ほかのデータベース系のアプリとはちょっと違うところがあります。
 
データベース系のアプリに共通する性質は、項目名の検索にインクリメンタルサーチが使えるということと、自由記入面のNoteが使えるということです。
  
WorldTimeだけがほかの仲間と違っている性質は、WorldTimeで開けるファイルがWorld.wdbという一つだけのファイルであることです。「決め打ち」のようになっています。
 
べつの言い方で説明すると、DataBaseの場合なら、本のタイトルのデータベース、映画のタイトルのデータベース、動植物のデータベース、というように、内容別にいくつものファイルを扱うことができます。
もちろんNoteTakerも同じようにいくつものデータベースを作れます。
  
AppointBookでも個人のアポイント、仕事関係のアポイント、家族のアポイントというように複数のアポイントのファイルを持てます。
もちろんPhonebookも同じように複数のファイルを扱えます。
 
ところがWorldTimeだけは、world.wdbという一種類のファイルしか使えないのです。(ファイルの収納場所は、world.envを書き換えることでc:\_datから別の場所に変えることができます)
 
さて、話のスジを元の「秘密項目を移動する」とことに戻します。
 
今回は、移動した結果から先にお話するほうがわかりやすいかと思います。
  
0wt98
この図がWorldTimeに移動した項目です。[special]というsubsetを設定して、そこに6つの項目を移動しました。

秘密情報がWorldTimeに置いてあるなんて普通はわかりません。他人が知ることができずに、自分としては簡単にアクセスできますから、隠し場所としてはすごくいいと思います。

これらのこの項目の内容は、だいたいご想像がつくと思いますが、ここでは詳しくお話しません。
だってヒ・ミ・ツの内容なんですから(笑)。

私が秘密情報をWorldTmeに置いてあるということも、ほかの人に言わないでくださいね(笑)。

    

=========== ファイルが壊れたときの修復 ============

上の本文で、「ファイルが壊れることがある」ということをお話しました。
壊れたときにどのように修復するかということを以前にお話したことがあるので、下にリストをつけておきます。
 

(248)200LXのDataBaseファイルが壊れた.
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/248200lxdatabas_7e56.html
  
(379)シスマネデータが壊れたときの対処.
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/379-c5a9.html
  
(434)壊れたアポイントからデータを救い出した方法 2010.01.11 
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/434-7da8.html
  
(433)アポイントのデータベースが壊れていた! 2010.01.11 
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/433.html
  
(702) 突然アポイントのファイルが読めなくなってしまいました。
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/702-0977.html

2020年7月 1日 (水)

(854)antonさんのアイディアプロセッサに「自分箴言」を集めた.

(854)antonさんのアイディアプロセッサに「自分箴言」を集めた.
 
私は、PDAとしての自分用の全ファイルを、C:\_dat\pimdataというディレクトに入れています。
8wt082
ファイルがたくさんあっても、同質のファイルをひとつのディレクトリにファイル群を集めておくと管理が楽だからです。
同じような性質のものはまとめて置くと、必要なファイルを探すのも楽ですし、コピーしたり移動したりするのも一括してできます。
  
ここ数日、大きくなりすぎたAppointmentやPhoneBookの中身を整理したのですが、ファイルを見回しているときに、比較的大きなこの ipdファイルが目にとまりました。
Ip99 
ipdの拡張子のファイルは、Antonさんの「アイディアプロセッサ」のデータファイルなんです。
    
Ip96
そのファイルにカーソルを合わせて[enter]を押せば、そのファイルを読み込んだアプリケーション(IP=アイディアプロセッサ)が起動します。(この便利な拡張子連動のことは「(61)拡張子連動とfileraidのこと」でお話しました)
   
Ip97 
IPを立ち上げてみると、昔に編集した自分用の箴言集でした。自分がふと思いついたときに、「人生ってこういうもんなんだ」「こういうふうに考えて、こういうふうに行動するのがいいんだ」と記録したものを10年くらい前に編集したものでした。
 
私は普段から、思いついたことを200LXに書き留めています。とくに「こういうことなんだ!」と思いついたことは、記録の中に[IDEA]という文字を埋め込むようにしています。そのようにしてあるので、過去の記録を[IDEA]という文字列で全文検索すると、すべての[IDEA]を集めることができるようにしてあるんです。
 
今回、IPに集められている「自分箴言集」を読み返して、「うんそうだよな」「以前はそういうふうに考えていたのか」とあらためて感じることがありました。
 
IPに集められている「自分箴言集」は、2012年まででの[IDEA]でしたので、それ以降のものも集めて、編集して、またIPにまとめておこうと考えました。
 
ところで、以前から考えていたことなのですが、なにか困ったことが起こったときに相談できる最高の人っていうのは、自分自身なんですよね。自分のことを自分自身よりもよく考えられる人はこの世の中にいないんです。ここでいう「自分自身の」っていうのは、過去の自分と、現在の自分と、未来の自分です。
 
過去の自分っていうのは、現在の自分に対して「人生っていうのはこういうもんだんだよ」と教えてくれる自分自身です。過去の自分と現在の自分は、時間を隔てていて直接の対話ができませんから、過去に書いたものを読み直すことで、その考え方を受け取ります。
    
現在の自分との対話というのは、なにか困ったことが起こったときに、(困っている自分が)そのことを項目に書き出して、(別の自分が)客観視して対策を練ることで解決しようとします。
 
将来の自分との対話は、「困ったときはこうするのがいいんだよ」とあらかじめ書いておきます。未来の自分がなにか行き詰まったときに、過去の自分に相談できるようにしておきます。
 
人間はだいたい30代のころに成熟するんだと思います。自分が書いたものを現在読み直してみると、40歳ころに記載した考察は、きちんと考えてきちんと行動しているように思うんです。
  
Ip98 
IPに集めてある「自分箴言集」は2012年までですので、今回、2012年以降の[IDEA]もgrep検索して編集しました。
今回編集したVer.2の「自分箴言集」は、今までのものとは別ファイルにして保存しておきます。
 
またじっくり読み直すのは何年後になるのかなぁ、、、
 
AntonさんのIPは、grep検索のように、IPの中で抽出した項目を一覧することができます。(このことは「(499)200LXに漢方薬データ. IPとNotetaker」でお話ししたことがあります)(この項の下の方を見てください)
 
困ったことがあって、だれかに相談したくなったときに、IPの中で検索して「過去の自分」に相談しようと思います。
 
===== Anton さんの IP (アイディアプロセッサ) こと =====
 
(117)アイディアプロセッサとプロジェクト管理
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/118_274e.html
私はほとんど使っていないのですが、好きなアプリケーションが2つありますので、今回は、それをご紹介します。
 
でも、私は、むしろ、この[IP]の画面が美しいのが気に入っているんです。もちろん機能も良いのですが、画面は文字のバランスがとれていて、とてもきれいです。それで、ときどき[ip]を起動して眺めることがあります。
 
(499)200LXに漢方薬データ. IPとNotetaker
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/499200lx-ipnote.html
IPのほうは、「検索」というよりも「抽出」です。grepの検索とか、データベースの抽出のように、検索語が入っているデータを画面に一覧表示します。いくつのデータに検索語が含まれているか、一目で分かります。その一覧の中からデータを読んでいくことになります。
 
(501)IPとNotetakerをさらに比較する (2)
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/501ipnotetaker2.html
Notetakerでやっかいなのが、自動ワードロップ機能です。Note部分に日本語を入力すると、行頭とか行末の文字が文字化けしてしまうことがあります。
 
IPのほうは、自動ワードロップ機能がありません。そのため、文字化けしませんから、桁折りをする必要がありません。IPをデータベースとして使えば、データベースを作るときも、活用するときも、よぶんにイラ立つことがありません。
 
NotetakerもIPも、使い勝手としては大きな違いはありません。しかし、(499)200LXに漢方薬データ. IPとNotetaker でお話ししたように、「検索」機能の考え方が違います。

===== 拡張子連動のこと =====

(209)WK1 ファイルで、拡張子連動の説明
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/209wk1_37f8.html

(61)拡張子連動とfileraidのこと
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/61fileraid_14e5.html

拡張子連動を使うと、先にファイルを規定することで、そのファイルにあったアプリケーションを自動的に立ち上げて、続いてそのファイルを読み込んでくれるのです。

2020年1月 1日 (水)

(811) 200LX上での新年度の目標と前年度の総括.

  (811) 200LX上での新年度の目標と前年度の総括.

年度代わりの時期になりましたので、200LX上での手帳機能のことをお話します。

一般的にな手帳の機能としては、スケジュール管理、TODOの管理、日誌などの日々の記録、住所録などの情報の管理、金銭の管理、などがあります。
そのほかにさらに高次の考え方として「目標管理」ということがあると思います。(806)で紹介した『ビジネスマン手帳』では「中長期的な目標を立てる」と言っていますし、フランクリン・プランナーでは「価値観の明確化」「目標を明確にする」といっています。

下のリストのように、私の200LXの上での「年度目標」のことを以前にもお話したことがあるのですが、今回さらに具体的にお話しようと思います。

(806)小宮一慶著『なれる最高の自分になる』『ビジネスマン手帳』のこと
「年間目標」と各機能のこと
具体的な「年間目標」画面
(637)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(2).

4998_20200101001301
私の場合、個人の情報管理(PDA機能)はすべてHP200LXの上で処理していますが、「年度目標」は200LXのシスマネのAPPTアプリのTODO機能を使っています。

2006年にお話した、上の「「年間目標」と各機能のこと」「具体的な「年間目標」画面」のころは、比較的簡素な「年度目標」だったのですが、次第に肥大化して来ていて、現時点では5つのパートから構成されています。

I.   目標に発展するような「思いつき」
II.  全体的な目標
III. 健康についての記録
IV. 今年の具体的な目標
V.  月ごとの主要なできごとの記録

この各項目についてお話します。

I. 目標に発展するような「思いつき」 
Iomoirruki
 フッと思いつくことやアタマに浮かぶいろいろなことは、素早く[notetaker]の日誌や[database]のTODOに書き留めるようにしています。しかし、「年間目標」に取り入れるようなことを思いついたときには、この[appoint]の[todo]の「年間目標」に書き留めています。
 そして新年度の「目標」を作るときに、取捨選択して「II.全体的な目標」に繰り入れます。
 
II. 全体的な目標 
Iizentaiteki
 その年度だけではなく生きていく上での「指針」のようなものです。フランクリン・プランナーでの「価値観の明確化」のようなものです。自分がどうありたいのかということを書いています。
Kobetu
 ここの構成は、日本国憲法の前文のような部分と、項目ごとの具体的な目標とに分けて書いています。
 
 つねに整理するように心がけているのですが、次第に肥大化してきています。
 
III. 健康についての記録 
Iiikenkou
「年度目標」とはちょっと違うのですが、いつ手術を受けたかとか、いつごろから節々が痛くなったか、などを追加して書いています。お医者さんを受診するときには、ここを参照して「既往」のことをドクターに伝えます。
 
IV. 今年の具体的な目標 
Ivgutaiteki
 本来的な「年度目標」の部分ですが、簡素に書いていてあまり詳しくは書いていません。
 
V. 月ごとの主要なできごとの記録 
Vtukigoto
 「今年の重大ニュース」の元になる記録です。平均すると一ケ月に3~6項目くらいです。年度末にこの部分を見ながら1年を振り返ります。また、別の場所([adressbook]の過去の記録)にも転記して、年をまたいで自分の重大ニュースを俯瞰できるようにしています。
 
※ 今までも今回と同じようなことを書いています。参考にしてください。
 
(515)お正月に考える一年の計

(661) 年の始めに行う作業:年度目標の書き換え

 

2019年7月10日 (水)

(792) ダイゴーの[もしもメモ]を200LXのIPアプリで。

(792) ダイゴーの[もしもメモ]を200LXのIPアプリで。

私は数日に一回は大型本屋さんに行きます。また、一週間に一回くらいは大型の文房具屋さんに行きます。
今回は、文房具屋さんの手帳売り場で見かけた「もしもに備えるもしもメモ」についてお話しします。

Img_20190708_003308 文具屋さんでこのチラシが目にとまりました。もらって帰ってから家で見てみるとなかなか楽しい。この図は表紙と裏表紙です。9種類の小さなメモ帳から構成されています。自分にとって必要な冊子を組み合わせて使うというやりかたですね。

チラシには、「あなたに突発的な危機がおきた時に備えて書いておくことで、周りの人に『緊急時の連絡先』や『自分の健康状態』を伝えたり、、」とあります。

10年くらい前に、「(544)デジタル版「もしもノート」を作った」というタイトルで、エンディングノートのことをお話ししたことがあります。http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/544-a3d9.html

以前の「もしもノート」は、自分が死んだときに家族が困らないようにと用意しておく一冊のノートでした。確かに、エンディングノートは一冊にまとまっているほうがよいと思います。

今回の「もしもメモ」は、名称は似ていますがどちらかというと自分用です。緊急時のために用意しておくメモの場合は、分冊になっていて必要なものだけ作っておくほうが使い勝手がよいかもしれません。

事前に準備しておくもののリストというのは、旅行用具を用意するためのリストにしても、エンディングノートにしても、緊急時用のメモにしても、必要な項目を過不足なくリストアップしておくのは簡単ではありません。

そういう点では、自分用のリストを作るベースになるような、他人がよく考えて作ってくれたリストの存在はありがたいと思います。

上記のチラシをもらってきた当初は、このチラシをテキストスキャナでデジタル変換しました。しかし、DAIGO CORP.のサイトには、項目のデジタルテキストが掲載されています。(末尾にも添付しました)
https://shop.daigo.co.jp/item/68872/
このリストを使わせていただくほうがきれいなので、そのまま200LXに移植してみました。

1998_20190710144701 200LXでこのようなリストを扱うアプリケーションとしては、NoteTaker、Database、Lotus123、などが使いやすいと思います。しかし、それ以上に使いやすいのは、Antonさんの[IP]というアプリケーションだと思います。AntonさんのIPはデータプロセッサとして作られているのですが、一覧性がよいためこのようなデータベースを扱うのにも適しています。(図は3段階の文字の大きさのうち、最小の文字で表示したものです)

IPは200LX上でとても使いやすいアプリケーションです。機能が使いやすいだけでなく画面表示などがとてもきれいです。以前にも、「(117)アイディアプロセッサとプロジェクト管理」でお話ししたことがありますが、私の好きなアプリケーションの一つです。
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/118_274e.html

チラシと200LX画面とを比べながらお話しします。

Img_20190708_003352 これは、チラシの最初のページです。「もしもメモ」のレイアウトも載っていますので、この商品がどのようなものだかよくわかります。

1996   こちらは、200LX上の[IP]です。IPは文字を3段階の大きさで表示できるだけじゃなくて、NoteTakerなどの内蔵アプリケーションのように、画面の右側にnote部分を同時に表示することができます。この図は、3段階のうち中くらいの大きさで表示させました。私にはこの文字の大きさが使いやすいです。

Img_20190708_003411 チラシの次のページです。「外出先での事故や発作、病気」のためのメモと、「旅行や出張時のトラブル対策」のためのメモです。

1995200LXのIP上ではこのように表示されます。これは、「家族・大切な人への気持ち。自分の希望を伝える」冊子ですね。簡便なエンディングノートということです。

「(544)デジタル版「もしもノート」を作った」でおはなしした私のエンディングノートは、随時200LXのAdressBookに項目別に書いてあることを、まとめてプリントしています。資産状況などがしだいに変化しますので、数年に一回ずつ改訂版を作っておくようにしています。

今回のダイゴーの「もしもの時に家族・大切な人への気持ち・自分の希望を伝えるメモ」は簡単に書き込めますから、そういうことでは使いやすいと思います。

=====DAIGO CORP.のサイトから転載=====
もしもメモ SAFETY U1010は自分を守る!災害時に避難先で役立つ危機管理するメモです。

内容
*持ち主の情報
*本人に何かあった場合の連絡先
*病歴について
*病院連絡先一覧
*家族の情報
*その他の連絡先
*家族の集合場所・避難先
*家族の集合場所・避難先メモ
*災害用伝言ダイヤル171の使い方
*横罫
*家族の写真を貼るページ


もしもメモ SAFETY U1011は自分を守る!外出先での事故や発作、病気にIDメモです。

内容
*持ち主の情報
*本人に何かあった場合の連絡先
*病歴について
*常備薬について
*家族の連絡先
*親戚・友人の連絡先
*告知について
*延命について
*臓器提供や献体について
*臓器提供についての意志
*横罫

もしもメモ SAFETY U1012は自分を守る!旅行や出張時のトラブル対策のためのメモです。

内容
*持ち主の情報
*本人に何かあった場合の連絡先
*家族の連絡先
*緊急時用メモ
*親戚・友人の連絡先
*旅先の連絡先控え
*横罫

もしもメモ SAFETY U1013は自分を守る!財布・鍵・携帯などの紛失・故障、パスワード忘れなどに備えるメモです。

内容
*ID・パスワード一覧
*公的証明書の控え
*クレジットカードの控え
*保険の控え
*年金の控え
*私的年金の控え
*携帯電話について
*パソコンについて
*その他 連絡先の控え
*横罫


もしもメモ SAFETY U1014は家族に伝える!もしもの時に家族・大切な人への気持ち・自分の希望を伝えるメモです。

内容
*家族へのメッセージ
*葬儀について
*お墓について
*亡くなった時に伝えてほしい知人
*日記やアルバム、コレクションの処分について
*デジタル遺品の処分について
*遺言書について
*依頼・相談している専門家
*遺産分割についての考え方
*その他の希望
*横罫

もしもメモ SAFETY U1015は家族に伝える!子どもを預けている所の連絡先など家族に子供の情報を伝えるメモです。

内容
*子どもの情報
*病気の記録
*子どもの情報
*お友達の連絡先
*塾や習い事、子どもを預かってくれるところの連絡先
*横罫

もしもメモ SAFETY U1017はペットと暮らすひとに!ペットの病気・預ける時・迷子に備える覚書メモです。

内容
*(     )の基本情報※カッコには名前を記入します
*かかりつけの病院
*トリミングサロン・しつけ教室・ペットホテル・ペットショップなどの連絡先
*保険について
*もしもの時の希望
*居なくなった時用の写真貼付けページ
*横罫

もしもメモ SAFETY U1018は家族に伝える!事故・入院などのもしもの時に通知して欲しい人を記録できるメモです。

内容
*家族の連絡先
*親戚の連絡先
*友人の連絡先
*勤務先・学校・お店・施設・所属団体の連絡先
*横罫

2019年1月28日 (月)

(780) 日誌記録から必要な情報を検索する。

(780) 日誌記録から必要な情報を検索する。

今回、大阪の「住吉公園」のマンションを売却することにしました((777)~(779)を参照してください)が、取扱いの不動産屋さんから、「今まで(25年間)の設備の補修状況がわかると丁寧に扱っていたと、買い主にアピールできる」と言われました。

「住吉公園」関連の事柄なら簡単にリストアップできます。私の30年間の日誌を「住吉公園」という語でgrep検索すればいいだけのことです。

デジタルテキストで日誌を書くこと最大の利点は検索できることです。記録がいくら膨大であろうともほとんど一瞬にして、目的の記録を探し出すことができます。紙に書いた日誌だと、その記録が大量になればなるほど、目的の情報を探すのに時間がかかるのと対照的です。

記録しておくということは、紙ベースのアナログ記録にしても、パソコン上のデジタル記録にしても、あとになってからその記録を参照することが目的のはずです。それなのに紙ベースの記録のほうは、記録が大量になればなるほど探しにくくなるというのは皮肉なものです。

200LXでの文字列「検索」のことは、以前に(645)~(648)でお話したことがあります。「(645)HP200LX での文字列「検索」-- 序章」では、A.「子どもの潮干狩り」方式とB.「漁師のジョレン(鋤簾)」方式ということでお話ししました。

過去の膨大な記録の中から、目的とする多数の情報を一気に見つけ出すのは、A.方式では無理です。ひとつひとつ見つけ出していったら膨大な時間がかかってしまう。B.方式でなら一挙には見つけ出すことができます。B.方式なら検索語を含んだ記録をすべて集めることができますから、その中からさらに不要な記録を削除して必要な記録だけに整理します。

実際に、「住吉公園」という語で検索したのがこのファイルです。「1ALL-IZ.TXT」をダウンロード

不要な記録も含んでいますので、今回の売却処分に役に立つかもしれない記録だけを残して整理したものを、検索の例としてこの項の末尾に添付しておきました。

このように、日誌をデジタル記録で残しておけば、記録がいくら膨大になろうとも、一度にすべての必要な記録を見つけ出すことができるという利点があります。

ayatiさんの「こばこのひみつ」で、日誌記録のことを、「タイムスタンプ付き即時メモです。それもテキストファイルで保存するものです」と書いていました。GeminiPDAでライフログ(タイムスタンプ付き即時メモ)http://ayati.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/gaminipda-251f.html

ayatiさんも日誌記録の形式は、私と同じように、「日時」「記録項目」を一行に書いているのですね。
私も、この方式がもっとも単純で扱いやすいと考えています。ただ、私の場合は別の機種に移るつもりはなくて、今後もえんえんと200LXを使っていくつもりでいます。

抽出した日誌の例として、住吉公園マンション関係の記録を以下に添付しておきます。(個人情報は削除してあります)

=====================

03/02/14 住吉公園のマンションのガス湯沸器が故障したとのこと。11,5164円.家賃から引かれることになる。
04/11/08 マンション住吉公園のコンロ交換.16万円くらい.不動産屋に電話確認した。
08/03/21 マンション住吉公園.賃料改訂60000円.
08/03/26 建物管理からマンション住吉公園の家賃値下げの連絡が来ている.現在74800→60000にしたいという.(2/07/2008)
11/10/11 マンション住吉公園.ドアクローザー故障で55650円かかるとのこと.
11/11/04 住吉公園のマンションの損害保険.保険金額615万円1年分保険料6460円
12/04/07 マンション住吉公園の修繕費17324円の領収書が届いた.
14/03/15 住吉公園の修理代の領収書が届きました。3万円です。
14/04/10 住吉公園マンションの修繕が必要とのこと.95148円
14/05/15 住吉公園のマンションの押入などの修理代金95148円の領収書が届いた.不動産屋から
14/06/19 住吉公園の水道料金の請求が来ました。不動産屋に処理を頼みました。ファックスしました。▽居住者退去とのこと。
14/09/29 1住吉公園.マンション修理5000円.不動産屋
15/10/14 5...... \解約通知を出す.(1)和歌山紀伊、(2)住吉公園(10/06/2015)
16/02/02 住吉公園のキッチンガスコンロ故障修理代金8532円.家賃振込みから相殺.(税)
16/05/09 不動産屋からキーと契約書が送られてきました.住吉公園

2018年12月30日 (日)

(773) 年度目標のキャリーフォワード

(773) 年度目標のキャリーフォワード

9999_2 今までも「年度目標」のことは何回かお話しています。
 私は、「年度目標」を200LXのAppointの中のToDoを使って管理しています。
 今回は、年度目標の表示について、今までお話してこなかったtipsをお話しようと思います。

 Appointの中のToDo List では、一画面では14行しか表示できません。
 過去の年度目標が何年ぶんもたまってきて、表示したい項目が多くなると、ひと目では見渡せなくなってしまいます。

9990 それで、表示したい項目が14項目よりも増えてきてから、将来に向かっての記載と、過去の記録を、分けて表示するようになりました。

 その「分けて表示」している方法(tips)をお話します。

 どのように「分けて表示」しているかというと、

 (1) きょう日付のToDo Listを表示させると、「将来に向かっての記載」と「過去の記録」のすべてが表示されるようにしています。(上掲の2つの図)

9998_2 (2) 明日、明後日など、きょうよりも先の日付のToDo Listを表示させると、、「過去の記録」「だけが表示されます。

9997 (3) 昨日、先オトトイのような、今日よりも過去の日付のToDo Listを表示させると将来に向かっての記載」だけが表示されるようにしてあります。

 このように分けることで、一度に14行しか表示できない画面で、ひんぱんに見たりたびたび修正したりする「将来に向かっての記載」と、ひんぱんには見ない「過去の記録」と、管理しやすくくふうしています。

9991 その「分けて表示」するのための設定方法を説明します。 
 A. 上の(2)の「将来に向かっての記載」の項目は、Carry Forwardにチェックを入れます。Repeat Status は None にします。
 B. 上の(3)の「過去の記録」の項目は、Carry Forwardにチェックを入れません。Repeat Status は Daily にします。

 このように設定することで、「将来に向かっての記載」と「過去の記録」を分別して表示していますが、将来の日付のときに「過去の記録」が表示されて、過去の日付のときに「将来に向かっての記載」が表示されるのはなんだか変ですね(笑)。

 しかし、Carry Forward にチェックが入っていないと、項目の中で修正したときにを加えたときに、Repeat されるすべての項目の修正が必要になります。
 項目内の修正のことを考えて、試行錯誤のうえでこのような設定に落ち着きました。

 ToDo Listの設定は、Carry Forwardにはチェックを入れるか入れないかのの2通り、Repeat Status は None にするか Daily にするかの2通りですから、組み合わせれば4通りのパターンが考えられます。4通りをやってみたうえで、上記の設定に落ち着きました。

 ついでに、表示される順序(Priority)についてもお話ししておきます。

99991 A~Zの順序で自動的にソートされ、そのAの中でも0~99の数字でソートされます。
 私の場合は、その年度の目標をA項目にして、過去の年度の目標はE項目に変更するようにしています。
 年度目標以外の目標をB項目やC項目にしていて、その目標が達成されたら過去のものとしてF項目に変更しています。

 今は年末年始の連休中ですので、仕事が休みのうちに前の年度の目標を整理して、新しい年度の目標を設定します。

 今回のお話と関連した項目がありますので、目を通していただけばご理解が深まると思います。

(515)お正月に考える一年の計
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-c8e1.html

(636)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(1).
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/636200lx1-4fda.html

(637)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(2).
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/637200lx2-91de.html

(639)電子手帳としての200LX.新年のファイル作業(4).
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/638200lx4-08d5.html

(661) 年の始めに行う作業:年度目標の書き換え
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/661-a8a9.html

2018年5月 5日 (土)

(736)新聞記事から。「会議メモ、動画・音声認識で」、、、???

(736)新聞記事から。「会議メモ、動画・音声認識で」、、、???

Kagimemo5月1日の新聞に「Bizワザ」というタイトルで、「会議メモ、動画・音声認識で」「正確に記録、時間短縮」というコラム記事が載っていました。

月刊雑誌「日経ビジネスアソシエ」との共同記事だろうと思います。

ひととおり記事を読みましたが、私は、文字での会議記録から、動画での記録や音声認識の記録に移行することはできないだろうと考えています。

なぜそのように考えるかという理由は2つあります。(1)動画記録は検索が難しい、(2)(動画)記録を再生するには膨大な時間が必要になる、からです。音声認識記録も同じような性質です。

他方、会議録を作っておく従来の方法の場合は、検索が瞬時に容易にできますし、読み返す(再生する)時間も短時間ですみますので、引き続き最強の会議記録だと考えます。

「動画記録と音声認識は補助的な方法でしかない」ということを、もう少し詳しくお話ししましょう。

☆ まず動画記録のことです。

「動画記録」としてすぐに思い当たるのは、銀行やコンビニなどの防犯カメラの映像記録です。

これらの映像記録は、念のために記録しておくだけで、むしろ再生しないことのほうが基本です。
しかし、イザ必要になったときには非常に強力な資料です。

膨大な映像記録の中から、必要な部分だけを取り出すキーは「時間」です。
時間というキーがない場合、すべての映像記録を長時間かけてチェックしなければなりませんから、膨大なコストがかかります。そのため、映像を記録のメインとするわけにはいきません。

たとえば、週に1時間の会議があるとして、年に約40時間の映像記録が残されます。たった1年間の記録だけでも、その映像記録の中から必要な部分を探し出すのに(一日8時間映像を見続けて)5日間もかかってしまいます。

そのように考えると、「会議記録」として動画を撮影しておくというのは、時間というキーで検索して必要な部分だけを再生するという、補助的な役割しかありません。メインの記録としては欠陥がありすぎます。

☆ 音声認識でデジタル文字情報に変換してし保存する方法も、映像記録と同じように、補助的な役割にしかならないでしょう。

たしかに、デジタル文字情報になっていれれば、必要な情報を瞬時に検索できます。そして必要な情報にアクセスすることは容易です。しかし、その情報が整理されずに保存されていた場合は、アクセスした時点で再整理する必要がでてきます。

※ 結局のところ、会議記録としては、その場で整理しながらキーボードで入力して、整理されたデジタル文字情報に変換して保存しておく従来の方法が、やはり最強の方法でしょう。

ただ、この方法の欠点は、ソレナリのスキルを要求することです。また、入力した時点で一部の情報が欠落してしまうこともあります。しかし、記録されなかった情報は、あまり重要でなかったことでしょうから、気にしなでよいことと割り切る必要があると思います。

☆ 記事の左側に載っている「速記記録」はどうでしょう?
「速記」は、記録することは速いにしても、検索と再生という面で欠点が大きいです。ほとんど行われていないのは、実用的ではないためでしょう。だと思います。

※ デジタル文字情報として会議記録を作っておいて、デジタル記録と印刷文字記録の両方で保存しておくのが実用的ですが、それに加えて、検索・アクセスのための時間キーをつけた映像記録や音声認識記録も保存しておくのが最強だと思います。

デジタル記録のことは、以前にもお話したことがあります。

(424)ノートに記録するとどれくらいの分量に? 2009.11.14
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/424-8e61.html

(641)古い(デジタル)日誌に意味があるか?
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/641-a57d.html

より以前の記事一覧