無料ブログはココログ

カテゴリー「9. その他・雑」の83件の記事

2018年4月24日 (火)

(731)「かぼちゃの馬車」の投資スキームは?(週刊東洋経済から)

(731)「かぼちゃの馬車」の投資スキームは?(週刊東洋経済から)

Photo皆さまご存知のように、「かぼちゃの馬車」というシェアハウスの不動産投資システムが破たんして、大きなニュースになっています。

私は、報道されるまでそういうシェアハウス投資のことを知りませんでした。ニュースに取り上げられてから、どういう投資スキームなんだろう?と興味を持ちました。

投資スキームがわかれば、200LXのロータス123の上でシミュレーションして、利益・損益をグラフで表示して検討してみようと考えていました。

しかし、ネットでいくら検索してみても、投資金額を含んだシステム全体を把握することができません。

その「かぼちゃの馬車」の記事が、週刊東洋経済2018年4月21日号に掲載されていました。

5199gbt3rjlこの投資スキームを紹介した本が出版されていることを知ったので、さっそく大型本屋でこの本(『「家賃0円・空室有」でも儲かる不動産投資』)を探したのですが、店頭在庫にはありません。

この図(本の表紙)はAmazonから借用しましたが、お金を出してまで買うほどでもないなぁと考えました。

7_2


そんなうに考えていたところで、週刊東洋経済の不動産投資の特集号に、かぼちゃの馬車のことが掲載されていたので、その投資スキームを知ることができました。

けっこう複雑なスキームなんですね。

記事を読見ながら図を見てみると、単なる不動産投資ではなく、賃料に加えて人材あっせん料も得ることができる複雑なシステムであることがわかりました。

このシステムは、コロンブスの卵のような発想の面白いシステムです。あと解釈で申し訳ないですが、市場が小さすぎて現実にはうまく回らなかったんだろうと思われます。

この記事でも、新聞などの報道でも、「サブリースのシステムが破たんした」ことが問題とされていますが、私に市場規模の読み違いのほうが問題だろうと思います。

スマートデイズは、うまいスキームをくみ上げて、不動産投資家をだまして、キックバックで儲けようと考えたのでしょうが、市場規模が小さいことを見誤ったために行き詰ったのだろうと思います。

この号の別のページに、「僕らがはまった借金地獄」というタイトルで、被害者の座談会が掲載されています。それを読むと、一般のサラリーマンが1億円前後のローンを組んで、不動産規模の投資をするのは始めから無謀なことだったと感じます。

数百万円程度の損害なら、サラリーマンでもなんとか返済できるでしょう。しかし、1000万円を超えるようだと自己破産するしかないと思います。

返済できないほどの借金を抱え込んだら非常にツライでしょうね。自殺者もでているようですが、私が当事者だとしても自殺したくなると思います。

あがいてもあがいても、罠にはまったように苦しいだろうと思います。被害にあった方は、なるべく早く自己破産して、あたらしい人生に踏み出すのが良いと思います。

2018年1月24日 (水)

(730)小学館バッハ全集は楽しいな。

(730)小学館バッハ全集は楽しいな。

Img_20180107_103903正月休みの間に新聞を読んでいて、小学館からCDつきの「バッハ全集」が出版されていたことを知りました。

コラムの著者の佐藤隆文氏は、「身近に置いて繰り返し手に取るという意味で、座右の書は『これしかない』」と書いています。
「これしかない」というほど良いの本なのか」と思って、まず第11巻と第12巻の「チェンバロ曲[1][2]」をAmazonに注文しました。

Img_20180124_092547手元に届いて、CDを聞きながら本を読んでみると、なるほど楽しい。

本には何人もの書き手による、何本もの解説記事が掲載されています。
解説のレベルとしては、まったくの素人向けでもなく専門家向けでもなく、一般のバッハ愛好家を対象としているようでとても読みやすい。
う~む、買ってよかった。

この全集はすでに絶版になっていて、入手できるのは古本だけでした。ほとんどが2万円以上の定価ですが、古本なので半額程度でした。結果的に全15巻のうち6巻を買いました。送られてきた本は、どの本も程度が悪くなくてお買い得でした。

CDの全集というのはいろんな全集が出版されていますね。

Img_20180124_091124バッハのCD全集ではいちばん大きいと思われるセットは、160枚くらいのCDが入っていて、2万円くらいで買うことができます。とても安い。

でも、CDだけで文字情報(解説)がないと、音楽を聞くだけでは楽しむのに限界があります。

かといって、シュヴァイツァーの「バッハ」論(白水社刊)のような専門家向けの本だと難解にすぎます。

そういうことで、小学館のバッハ全集は万人向けのよい全集だと感じました。

佐藤文隆氏のように、ときどき引っ張り出して、CDを聞きながら本を読んで楽しみたいと思っています。

2018年1月20日 (土)

(727)鍵盤を二段重ねにするととても楽しい。

(727)鍵盤を二段重ねにするととても楽しい。

私は大型家電店から徒歩数分のところ住んでいるので、一週間に何回も大型家電店に(遊びに)行きます。
Keyboard今から一週間くらい前に、電子ピアノ売り場を通りかかったら、ローランドのGO:PANOとGO:KEYSがディスプレイされているのを見かけました。

GO:KEYSの赤い色のキーボードがとくに目を引きました。小さいし、色も形もいい感じ。

図のパンフレットをもらってきて、じっくり読んでから、再度、家電店に出かけて試弾しました。
音も悪くなくて、いいおもちゃになりそうな予感がしました。

私は何十年も前から、チェンバロとかパイプオルガンのような二段の鍵盤楽器を弾いてみたいとあこがれていたんです。

それで、このローランドの電子楽器を手持ちのCASIOの電子ピアノの上に乗せれば、あこがれの(疑似)二段鍵盤を実現できるんじゃないかと思いつきました。

思い立ったらもう手に入れたくなって(笑)さっそく、家電店での購入とアマゾンでの購入を検討して、結果的に昨日アマゾンから配送されました。

Img_20180119_190243写真は、乱雑な書斎を少し整理して(笑)、CASIOの電子ピアノの上にG0:PIANOを載せたところです。

二段鍵盤の状態にセッティングして、バッハの二声の曲を弾いてみたのですが、楽しい、楽しい、スコブル楽しい。\^o^/

2台ともチャンバロの音色にして弾くと、おお!、チェンバロを弾いている気分になる。

2台ともパイプオルガンの音色にしてボリュームを上げて弾くと、おおっ!、オルガンを弾いている気分になる。

2台の電子楽器のメーカーが違いますから、チェンバロにしてもオルガンにしても音色が違います。でも少し音色が違うというのも楽しいです。

このローランドのキーボードには、ピアノのような鍵盤アクションが組み込まれていません。バネ仕掛けになっています。それでもタッチレスポンスだし、バネにほどほどのコシがあるのであんまり気になりません。

鍵盤のタッチがウンヌンというなら、本物のピアノを弾けばいいわけだし、、、

二段鍵盤で弾くのがあんまり楽しかったので、ブログにアップする気になりました。

ちなみに写真の後方に写っているのは、2台ともビンテージのニューヨークスタインウェイです。手前がM-170型で後方がB-211型です。

電子ピアノとかキーボードは、ピアノの数百ぶんの1の値段ですが、私にとってはスタインウェイよりも楽しいかも知れません。

弾いて遊んでいるうちに、もしかしたら、二段鍵盤のほうが、ポリフォニーの二声をしっかり分離して学べるんじゃないかと思えてきました。

2018年1月 5日 (金)

(725)huawei p9 lite 「端末内に十分な空き容量がありません」

(725)huawei p9 lite 「端末内に十分な空き容量がありません」

みなさま、あけましておめでとうございます。
引き続きブログを読んでくださってありがとうございます。

213519私は、「(703)予告:これからの記事内容」でお話したように、  昨年の2月ころからスマホを使い始めました。

スマホはリアルタイムでネットに接続できますから、いろいろ便利なことが多いです。一方、キーボードがないので、個人の情報管理にとっては不便なこともけっこうあります。

そういうことで、えんえんと200LXとスマホの使い分けをしながら使っています。「使い分け」というよりも「住み分け」に近いかな。

スマホは200LXと違って動作が気まぐれです。システムのバーションアップをすると、それまで動いていたアプリケーションがうまく動かなくなったりして、イラつくことがけっこうあります。

今回は、そんな「不具合」のことと、「解決手順」のことをお話します。

実は、スマホを使い始めて間もなく、「端末内に十分な空き容量がありません」と表示されることが多くなりました。

私の使っているスマホは、本体の容量が16ギガです。それに32ギガのマイクロSDを装着して使っています。

「本体内部の容量が足りない」という警告が出るたびに、アプリやデータファイルをSDのほうに移動しようとするのですが、いろいろ工夫しても、移動することができません。

不具合があるまま、なかば諦めて使い続けていましたが、年末になって、使い勝手の悪いスマホに嫌気がさしてきました。

捨ててしまうか、別の機種に買い替えるかと考えて、もう一度、解決方法をネットで検索してみました。

「huawei p9 lite 端末内に十分な空き容量がありません」というキーワードで検索してみたら、けっこう多くの人が解決策を求めていることがわかりました。

それに対処するいろんな方法が提案されてはいますが、どの方法をやってみても、結局解決できませんでした。

しかたなく、工場出荷時の状態にリセットして、始めから設定をやりなおして、最終的に解決できたので、困っている多くの人たちのためにも、記録をのことしておくことにします。

122852問題は、しょっちゅう「端末内に十分な空き容量がありません」と表示されることです。

空き容量を見てみると、本体(内部)ストレージの空きは527MBしかありません。

空き容量が少ないために、googleのInboxが動作しません。また、システム更新もできません。
システム更新が必要な時は、いくつものアプリケーションをアンインストールして容量を増やしてやる必要があります。
うっとおしてくて、いいかげんイヤになります。これは設計上のバグでしょうね。

233224今回処理した、工場出荷時の状態に戻してから、アプリを再インストールするという荒業で空き容量を4.63GBに増やすことができました。

この2枚の図を見ていただくと、どちらも「デフォルトの保存場所」は「SDカード」にしてあります。上に「設計上のバグ」と書きましたが、デフォルトの保存場所の指定は、使い始めの「初期設定」のときしか有効ではないようなのです。

内部ストレージの容量が足りなくなってから保存場所を変更しても有効ではなく、初期設定の時から保存場所をSDカードに指定しておかなければ、有効ではないようなのです。
こんなに大事なことなのに、P9liteのマニュアルには書いてありません。ちょっとでも書いておいてくれれば、多くの苦しむ人が救われるのになあ、、、

困っている人を救うためにも、その「手順」をお話ししましょう。

手順の概要は、
(1) 内部のデータをSDカードやパソコンにバックアップしておく。
(2) HUAWEI P9 Lite を初期化する。
(3) SDカードを本体に装着しておく。
(4) セッティングのなるべく早い時期に、デフォルトの保存場所を「SDカード」にしておく。
(5) バックアップデータを本体に戻す。
(6) 必要なアプリを再インストールする。
(7) 画面の構成を整える。
という手順です。

私の場合、(1)内部データは、USBケーブルを使ってパソコンにバックアップしておきました。(あとでrestoreするときには、ファイルが壊れているということで、一部のアプリしか戻せませんでした)(たぶん、HiSuite という転送プログラムのバグだと思います)(Playストア経由で手作業で導入しました)

(2)初期化の方法は、マニュアルを読むようにしてください。
(3)SDカードは所定の方法で装着してください。
(4)P9Liteの「設定」から「メモリとストレージ」に入って、上の図のように「デフォルトの保存場所」を「SDカード」に設定してください。
(5)連絡先などのデータをパソコンから本体に戻します。
(6)必要なアプリは、前もってリストアップしておきました。
(7)アプリをresutoreしても、フォルダ作成は作成されませんので、前もって、フォルダ名などをリストアップしておく必要がありました。

113503内部ストレージの容量を増やすイチバン大事なことは、初期設定の時から、デフォルトの保存場所をSDカードに指定することです。

イチバン手間がかかることは、A.アプリの再インストールと、B.アプリのデータの復元です。

アプリの再インストールのために、図のように、初期化してしまう前にスクリーンショットをとってパソコン(google photo)に保存しておきました。

フォルダ内部の並びなども、スクリーンショットで記録しておきました。

これらのスクリーンショットを見ながら、工場出荷時の状態から復元しましたが、なるべく効率よく作業をしたつもりでも数時間を要しました。

今回の作業について、工程の詳しいことは書きません。おおよその工程がわかっていれば、難しことではないと思います。

もし疑問点がありましたら、ブログのコメント欄で質問してください。

(付録) ネット検索で見かけた困っている人たちの苦悩の声

I. P9liteを使用してるのですが、内部ストレージの容量が限界になりました。
128GBのSDカードを挿しているので、なんとかしてアプリを移動できないかと試行錯誤してみましたが移動できません。

また、設定>メモリとストレージ>デフォルトの保存場所を「SDカード」にしているのですが、アプリは内部ストレージに保存されているようです。
厳選に厳選を重ねてきたため、もう消せるアプリもありません(‘・_・`)
どんなやり方でもいいので、新しくアプリをインストールできるようにできないでしょうか・・・!

II. Google Playからアプリをダウンロードしようとすると
「ダウンロード中にエラーが発生しました。端末に十分な空き領域がありません」となりアプリがダウンロード出来ません。
アプリは元々入っていた以外に4つしかインストールしていません。
LINE、LINEバブル、LINEポップ、パズドラのみ。
これっておかしいですよね?
皆様はいかがですか?

III. huawei p9 liteの①RAM②アプリ保存場所 の質問です
①RAMは2GBあり、通常時の空きで500~700ほどの空きなんですがそれっていい方ですか?

そしてどのくらい空きが減ると重くなりますか?
あと実際どれくらいの空きがあればいいですか?
そしてRAM空き量でスマホの速度が決まってくるのか、cpuがほとんど関わってくるのか教えてください。

②アプリの保存をSDカードの方に移したいと思っていたらSDに移動という項目がないんですがやれる方法はありますか?

沢山ですが教えて下さい。

IV. 【解決】P9liteのストレージの空き容量が確認できない場合の対処設定方法

http://gagetmatome.com/p9lite-storage-rom-setting

2017年4月21日 ... Googleから配信されている最新バージョン「Android7.0」や旧型バージョン「Android6. 0」を搭載したHuawei(ファーウェイ社製)の格安SIMフリースマートフォン『P9 lite』を 利用している際に『本体内のストレージ容量の空き容量が分からない!
... ホーム画面」 →「設定アプリ」→「端末情報」→「端末ストレージ」内に「P9lite」本体のストレージ容量の 空き容量を確認することができます;
「ホーム画面」→「設定アプリ」→「詳細設定」→「 メモリとストレージ」→「内部ストレージ」から空き容量を確認することができ .
.-------   !ご注意! この方法では解決しませんでした   -------

V-1. Amazon のレビューから引用

アプリが移動できない  2017年12月8日

アプリが移動できない。内部ストレージがいっぱいになると、もうアプリを消すしかない。

V-2. Amazon のレビューから引用

動作は快適だがmicroSDカードにアプリが移動できない 2016年12月8日

huaweiの縛りなのかMicroSDにアプリが移動できませんなのでたくさん入れる人にはあまり向かないかも、、、

(スマホ関連の以前のブログ記事)

(704)200LXからスマホに移行できない▽入力が不便

(707)200LXからスマホに移行できない.▽自分の情報を検索できない。

2017年9月26日 (火)

(713)森卓はおバカ、佐藤優もぼんくらだったのか。

(713)森卓はおバカ、佐藤優もぼんくらだったのか。

すみません(_O_)(ぺこり)。過激なタイトルにしてしまいました(笑)。
(この項は、毒をいっぱい含んでいるので、一定期間後に削除します)

自分の知らない分野のことを知ったかぶりで論評するべきではないですね。その分野に詳しい人から見ると、知ったかぶりのおバカとかぼんくらだと思われてしまいます。

Bookreview私は、ビジネス週刊誌のうち、週刊ダイヤモンドと週刊東洋経済を購読しています。週刊エコノミストと日経ビジネスとは、興味がある号だけを購入して、あとはほとんどは立ち読みですませています。

ということで、本題です。

最新号の週刊ダイヤモンドの BookReviews 「知を磨く読書」(佐藤優連載)のコラムで、『森卓77言』という本のことを取りあげています。

森卓のピント外れの「言」を取りあげて、さらに佐藤優がつまらない論評を書いています。佐藤優ってそんなにぼんくらだったか?

コラムの内容をいっしょに吟味してみましょう。

77『森卓77言』に「医師については、今後の高齢社会のなかで、誰がどう見ても不足していくことが確実です。すでに、産婦人科医、小児科医、へき地医療に従事する医師などが深刻な不測の状態を迎えていることは、反論の余地がないでしょう」とあります。

一般の人が、普通にさらっと読んでしまうと、違和感を感じないかも知れません。しかし、この短い記述の中に論旨のネジレががあるので、お話ししましょう。

(1)「医師については、今後の高齢社会のなかで、誰がどう見ても不足していくことが確実です」とありますが、ほんとうに「誰がどう見ても」なんでしょうか? 1億人の人がすべて同じように考えますか? 一人や二人のへそ曲がりがいて、そのようには考えないという人がいるんじゃないですか?

「誰がどう見ても」とか「絶対に」などという言葉は、めったに使うものじゃないです。じっさいに医師が不足していくという見方もありますが、「医師は不足していない、偏在が問題なんだ」という意見も多いのです。(これはこの項の後半でもお話しします)

(2)「すでに、産婦人科医、小児科医、へき地医療に従事する医師などが深刻な不足の状態を迎えていることは、反論の余地がないでしょう」とあります。マテヨ!

「高齢化社会」と「産婦人科医」「小児科医」「へき地の医師」は結びつかないでしょう。

「高齢化社会」で足りなくなるのは、老人医療をになう医師たちのはずです。少子化の日本では、産婦人科医・小児科医は少なるなるべきでしょう。だって対象となる人口が激減しているんですから。
また、へき地は過疎化が進んでいます。だったら、へき地医療をになう医師も少なくなるべきでしょう。

どうして「高齢化社会」の中で「産婦人科医」「小児科医」「へき地の医師」が少なくなるのが問題になるのですか? 論旨がぜんぜん一貫していない。

私が森卓はおバカだという所以です。

さて、佐藤優の記述についてです。

森卓の「医師会の政治的影響力は無視できないので」「医学部(の新設)は認めない」というのが安倍政権の方針ならば、という記述に対して、佐藤優が「獣医についても医師についても、もっと競争原理を導入すべきと思う」「国家試験で基準に達しないものを排除する仕組みをつくっておけば、医師の質が低下することはない」と書いています。

(3) 森卓は「医師の不足」ということは(ピント外れながら)言っていますが、「医師の質が低下する」ということは言っていないでしょう。

佐藤優が脈絡なく「医師の質」と言っているだけです。論旨のネジレというよりも、「不足」と「質の低下」はぜんぜん別の問題です。佐藤優ってそんなにぼんくらでしたっけ?

(4)「産婦人科医、小児科医、へき地医療に従事する医師などが深刻な不足の状態を迎えている」ことについて、実情をお話しておきます。なぜ、不足しているか?ということについてです。

この問題は、単純化して言うと「経済原則に沿っていないから」なんです。

へき地医療に従事する医師っていうのは、非常に過酷な仕事なんです。医師だからミスはとうぜん許されないです。都会と同等な医療レベルを要求されます。へき地だからといって「低レベルでいい」なんて許されるわけがなくて、万が一の時は医療訴訟を起こされます。(イナカも権利意識は強い)

いっぽうで、「へき地」だから孤立無援。ほとんど支援がないところで医療行為をしなきゃならない。そのうえ報酬は低レベルです。

じゃあ聞くけど、お給料が低くて、だれも助けてくれなくて、万が一ミスしたら訴えられる可能性があって、危険性が高い職場に、好んで行きたがる人っているんですか?
もし、子どもがいたら、子どもに高いレベルの教育も受けさせることができないですよ。

そういうことで、へき地医療は、少なくとも医師たちにとって、ぜんぜん魅力のない仕事なんです。

もし、本気でへき地医療を充実させたいなら、年収1億円とか2億円とかで医師を募集すればいいんです。そしたら応募者はいると思います。でも、それだけの太っ腹な地域首長はいません。だから結局のところ、いつまでたってもへき地は医師不足なんですよ。

(5)「産婦人科医、小児科医」が「深刻な不足」というのは、論点がちょっと違います。赤ちゃんはいつ生まれるかわからないという点で、産婦人科医の労働条件は過酷なんです。極端にいうと、一生、24時間待機状態です。

お産には、母体と赤ちゃんの2人の命がかかっています。昔からお産には危険がつきものです。すべてのお産が正常分娩ではありません。多くの正常分娩の中に異常分娩がひそんでいます。

だから、「無事に生まれてよかったね~」と家族一同、心から喜ぶのです。

万が一、異常分娩にあたってしまって、出産が「無事」ではなかった場合、高率で医療訴訟になります。そういう意味でも非常に危険性が高い診療科目です。そのために、日本では産婦人科医がどんどん減っています。産婦人科医の親は、自分の子どもに「産科医だけはなるなよ」と言うことが多いのが実情です。

もちろん「小児科」も難しいですよ。トラブルのタネをいっぱい抱えるような診療科目です。
それに基本的に不採算の診療科です。なるべく検査をしない、なるべく薬をつかわない、ということを強いられますからね。

(6)佐藤優は、このコラムの最後のほうで、「獣医についても医師についても、もっと競争原理を導入すべきと思う」と書いています。

ああ、この人、「競争原理を導入しちゃいけない」ってことを知らないんだな。知ってはいるんだろうけど、意識できないんでしょう。

じつは、日本の医療は競争原理を入れないようにしているんです。「医療サービスの価格」は自由価格ではなく統制価格になっています。金持ちも貧乏人も、国民が平等に医療を受けられるようにという趣旨からそのようになっています。そういうことでは、日本は世界一幸福な国と言えなくもないです。

医療サービスが統制価格なので、腕のいい医者にかかっても、ヤブ医者にかかっても、医療サービスの対価は同じです。
「海外旅行中に虫垂炎で手術を受けたら何百万円もかかった」なんてことがいわれますが、これが自由価格の例ですね。
日本では統制価格なので海外のほうが異常に思えますが、競争原理を導入するとそういうことになっちゃいます。

医療も経済行為の一種なので、医療サービスの「価格」という最重要な部分を統制してしまうと、医療全体をかなりの程度統制することになってしまいます。
「価格」は統制するけれどそれ以外を競争に任せるということができなくなるのは当然です。

佐藤優ほどの知識人が、そういうことを知らない、そういうことに気を配れないというのはびっくりしました。

以上、ちょっと長いお話をしてしまいました。

私がお話したいのは、「自分がそのバックグラウンドをよく知らない領域について、知ったかぶりで論評すると、ピント外れで恥をかく」ということです。

森卓は昔からおバカだから、まぁそんなところだけど、佐藤優もその程度かな。非常に残念。

2016年12月13日 (火)

(700)いままでの記事をカテゴリー分類しました。

(700)いままでの記事をカテゴリー分類しました。

すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、このブログのぜんぶの記事に、カテゴリー分類の属性をつけました。

分類したカテゴリーは、ブログの左ソデにあるように、

  1. 個人の情報管理(Appoint, Phone, Todo, Notetaker, Database )
  2. 読書と知的生産
  3. 人生設計と投資
  4. 辞書・辞典・事典
  5. 岩波英和辞典新板
  6. Lotus123 と Solver
  7. 200LXの操作
  8. 200LXの修理・改造
  9. その他・雑

の9種類です。

以前から、ブログ内容の変遷を見てみようと思っていたので、この分類をもとにして、いつごろどんなことを話題にしているのかの変遷を見ていようと思っています。

2016年8月30日 (火)

(683)折り畳み自転車と折り畳みリヤカー

(683)折り畳み自転車と折り畳みリヤカー

P1060756HP200LXの話題も前時代的な話題ですが、今回は別の面からの前時代的な話です(笑)。

私は6~7年前に2台の自家用車を処分してしまいました。それ以降、大型スクーターには乗るのですが、自動車を運転することはなくなりました。大きな荷物を運ぶときは、引っ越し屋さんに頼んだり、タクシーに乗せたりして運ぶしかありません。(赤帽運送というのがありますか)

今回、自宅の引っ越しと、事務所関係の大量の荷物の移動が重なったので、自分で荷物を運ぶために、折り畳みのアルミ製リヤカーを買いました。

なかなか便利な道具なので、ちょっとお話ししようという気になりました。

つい数日前に、空のプラスティックの衣装箱を事務所から4Kmくらい離れている自宅マンションに運びました。以前に、大型スクータの後部座席に同じような衣装箱を載せて運んだことがあるのですが、そのときは不安定な運び方になってしまって、運ぶのに苦労しました。

今回はリヤカーにプラスティック衣装箱を7つ載せて、自転車で引いて運んだのですが、とても軽快に運ぶことができました。

P1060767リヤカーというのはさすがに物を載せて運ぶ道具ですね。荷台の高さが物を載せやすいですし、バランスよく物を載せると、人力で引いても自転車で引いても荷物を楽に運べます。

P1060779この折り畳みの自転車(Brompton)は、函館にある別宅マンションで日常に使っていました。重さは15キロくらいですので、手荷物として飛行機で運びました。

P1060783ところで、私の事務所と自宅マンションは、東海道線で一駅(約4Km)離れています。通常は、電車で通勤していますが、自転車で移動することもあります。

自宅と事務所の間で、電車で折り畳み自転車を運ぶときは、ハンドキャリアーに乗せて運んでいます。

今回お話するリヤカーも、折り畳みができるアルミ製のリヤカーです。重さは12キロくらいです。

P1060788リヤカーを電車で運ぶときも、同じようにハンドキャリアーに乗せて運びます。
実際に運ぶときは、(駅員さんに注意されるのが面倒なので)シーツのような大きな布で包んでからキャリアーに乗せて運びます。

自転車もリヤカーも、電車に乗せて運ぶことができるというのは、都会の生活者にとって、非常に便利です。

このリヤカーなら、飛行機の手荷物として運ぶこともできるだろうと思います。

2016年8月30日の追記

160823_1355001リヤカーで運ぶほどでもない荷物は、折り畳み自転車の後ろにハンドキャリヤーをしばりつけて、そのハンドキャリヤーに乗せて運ぶこともあります。
重さが10キロに満たない程度なら、この運び方で軽快に運べます。

2016年7月21日 (木)

(675)うまくいっている環境はイジらない。Windows10のこと。

(675)うまくいっている環境はイジらない。Windows10のこと。

 まったく個人的なことなんですけどね。ちょっとお話しておこうと思ったのです。

 (パソコンを含めて)「うまくいっている環境(状況)は変えない」というのが私の生活スタイルです。
 同時に、(とくに仕事上のことで)「今よりも良くなりそうなら変えてみる」そして「元のほうが良ければ元に戻す」というのも、ポリシーのひとつです。

 先に200LXのことをお話しておくと、いまのところじゅうぶんに自分の役に立っています。「これ以上、自分に適した個人情報端末はないだろうなぁ、、、」と思っています。そして、もし、もっとよいPDAがあるとしても、過去の情報を移動して、新しい方式に完全に慣れて、200LX以上に使いこなすようになるまで膨大な時間がかかるだろうと考えちゃいます。そのための時間と労力がもったいない。

 それで、「200LXを卒業できるかなぁ」と考えてみたり、「(673)よい小型キーボードが見つかれば、200LXを卒業できるかも」http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/673200lx-8e2f.html のようにトライもしてみるのですが、実際には環境を変えるには至りません。

 さて、Windows10への移行のことですけど、上のようなスタイル・ポリシーなので、移行はしていません。とくに私の場合は自営業なので、ほかの人や組織との連携が薄いのです。「自分のところだけがうまく行っていればそれでよい」という個人主義的なやりかたで問題が発生しません。

 むしろ、Windows10に移行することで、それまで順調に動いていたハードやソフトを買い換えたり、調整が必要だったりする可能性が高いです。
 それと、どうも無料で提供されるということに「うさん臭さ」を感じてしまいます。
 提供する側にどういうメリットがあるのか? それにともなって当方にどういうデメリットがあるのか? と考えます。

 明らかにメリットがあると考えれば、移行するのにやぶさかではないのですが、それが明白でなければ、自分の旧来のやり方を変えません。

 200LXをず~っと使っているのもそういうことなんです。エクセルじゃなくてロータス123を使っているのも同じような理由です。

 もっとも、ロータス123ではどうしてもできないような計算もあります。そういうときは仕方なくエクセルを使います。たとえば、(ここではお話しませんが)現代ポートフォリオ理論の効率的フロンティアを計算することなんか、相関係数の計算のために行列を使って、しかも複雑なsolverを使わないと計算できません。そういうときは仕方なくエクセルを使います。

 でも、200LXだといつも手元にあるし、瞬時に立ち上がるので、ほとんどの表集計計算は200LXでしています。単純だけれどsolver計算もできますから至極便利です

 なかなか慣れ親しんだ環境から変わることができないというお話でした。

2016年7月15日 (金)

(673)よい小型キーボードが見つかれば、200LXを卒業できるかも。

(673)よい小型キーボードが見つかれば、200LXを卒業できるかも。

私の場合、えんえんとHP200LXを使っています。たぶん、あと10年でも20年でも使い続けると思います。
でも、ときどきは、200LXよりも使いやすい個人情報端末が出現するかもしれない、と思います。

最近、野口悠紀雄先生が、キーボードで入力するのではなく、「音声入力が使いものになるようになった」という本を出しました。「話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる! 」の本のことです。内容的にはとても興味深いです。https://www.amazon.co.jp/dp/4062200570/ref=tmm_pap_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=

野口先生はiPhoneを使っていますが、私もアンドロイドタブレットで音声入力を使うことがあります。グーグルの検索なんかでは音声入力はとても便利です。

でも、音声入力がいろんな方面で使いものになるのは、まだまだ先のだろうと思っています。
というのは、音声入力とか音声出力とかいっても、本をかくとか、日誌を書くとかいうことだけじゃないからです。

個人情報端末での情報の入出力としては、アポイントに入力することもありますし、TODOを書き込むこともあります。また、逆に、書き込んだものを検索したり、呼び出して読んだりすることもあるからです。

そういうことが音声だけでできるかもしれませんが、やっぱり、文字経由のほうが10倍くらい効率がよいのです。
そのため、どうしても文字で書いておく必要がありますし、文字で読む必要があると考えています。

P1060715さて、表題の「小型キーボード」のことです。

先日、ネット検索している時に、「おっ、よさそうな小型キーボードだ」と思って、写真のBluetoothKeyboardを購入しました。(200LXの下に写っているものです)

このキーボードは、私の持っている一種類のアンドロイドタブレットでは認識されましたが、もう一台のアンドロイドタブレットでは認識されませんでした。

なによりも残念だったのは、日本語入力と英文入力の切り替えの方法がわからなかったことです。

ところで、Amazonで検索してみると何種類かの超小型キーボードがみつかりました。価格も高くなく、デザインの良いもの、使いやすそうな感じのものもありました。

今後も、200LXのキーボードと同じくらいの大きさで、使いやすい軽量の小型キーボードが見つかれば、購入して試してみようと思っています。

ただ問題なのは、キーボードが見つかったとしても、次にソフトウェアをどうするか、過去のデータをどのように扱えるかの問題があります。

そういうことでは、私にとって200LXを超える個人情報端末は出現しないんじゃないかとも思います。

私が200LXを卒業できる日は来るのかなぁ?

10年先も20年先も200LXを使っているような気がしています。

この項目に関連する項目

(624) HP200LX よりも使いやすい個人情報端末(PDA)は?
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/623-hp200lx-pda.html

いつまで200LXを使えますか?
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/200lx_4f9f.html

200LXよりもよいPDAは出現しますか?
http://we-love-200lx.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/200lxpda_2c4f.html

2016年1月 6日 (水)

(660) HP200LXブログの再開

(660) HP200LXブログの再開

皆さま、明けましておめでとうございます。

約1年半このブログに新しい発言をアップしていませんでした。
しかし、私の個人情報管理ではHP200LXが中心になっていることに、変わりはありません。

一方で、200LXは次第に劣化が進んできています。

先日、予備として保存してあるすべての200LXを調べてみましたら、かなり多くの個体で液晶ディスプレイが変質していました。
ビネガーシンドロームと呼ばれる現象でした。

今回から、またブログを再開したいと考えていますが、テーマを少し変えていこうと思います。

(1)「200LXでの情報管理」が中心になるのは今までと同じです。
(2)「200LXの故障と修理」の話題が多くなってくると思います。

そのほかに、

(3) 200LXには、金融電卓、会計ソフト(Quicken)、表集計ソフト(Lotus1-2-3)が搭載されています。
 これらのアプリケーションはとくにお金の計算をするのに強力なツールですので、「投資などお金関係」の話題もアップしていこうと思います。

(4) 本に対してのコメント(いわゆる書評)とか、ネット上の情報に対してのコメントもアップしようと考えています。

発言のアップロードは不定期になってしまうと思いますが、よろしくお願いいたします。

より以前の記事一覧